Q:何だか変わったお寺ですねぇ〜。どんな修行をするんですか?
A:音楽念仏ですよ。
Q:え〜!? 音楽と仏教の修行が結びついているんですか?
A:はい、そうです。私たちが修行するのは、三重層和音の美しいメロディをコーラスのように唱え続ける「音楽念仏」です。これを、楽器まで使って行なっているんです。
Q:同じ仏教でも、沈黙で修行する禅とは、ずいぶん違いますね。
A:でも、キリスト教の賛美歌やイスラム教神秘主義スーフィーの音楽、その他にも、仏教の声明などもあるように、そもそも音楽と宗教は、切っても切れない関係にあったんです。
Q:それも、そうですね。
A:それに音楽に癒し効果があることは、ギリシア時代から知られていて、実際、治療にも使われていたそうです。

天女二柱

Q:へぇー。
A:ようするに人々は、古来から音楽を通して、神ほとけの実在に触れて癒されて来たんですよ。
Q:でも念仏って、死とか葬式とかの暗いイメージがありますけど。
A:それは、歴史の手垢にまみれてついてしまったイメージです。本当は、カラフルでキラキラ輝いているものなんですよ。
Q:そうなんですか。
A:暗いイメージなんか、音楽念仏を聴いたら吹っ飛びますよ。タオサンガの音楽念仏CDを初めて西洋人が、「グレゴリオ聖歌」と間違えたという逸話があるぐらい。これ実際にあった話なんですよ。聴きたい人はこちら

つづきはこちら