Q:道場では、どれぐらいの時間、唱えるんですか?
A:ウィークデイの時は、1時間〜1時間半ぐらいですかね。
Q:けっこう長いですね。
A:でも、慣れると、”あっ”という間に終わりますね。
Q:そんなものなんですか?
A:音楽念仏やっていると、気持良いから、、、。
Q:そうなんですか?
A:それに終わったあとは、すごく楽になるし、すっきりと爽快です。
Q:音楽念仏だから、コンサートの時間ぐらいと考えたら良いのかな?
A:それと、しんどくなったら、別の部屋で休めば良いのですよ。
Q:わりと自由なんですね。ところで、座って唱えるだけですか?
A:いやー、踊り念仏なんかもありますよ。ウィークデイでは、ないですが。

jizoくん 踊り念仏Q:へぇー!? 踊り念仏ですか? それは驚いた。

A:踊り念仏自体は、昔からあったものですよ。

Q:そういえば、そうでしたね。

A:踊り念仏を広めたのは、時宗の開祖一遍上人(1239〜1289)です。

Q:はい。

A:踊りも、音楽と同様に、宗教とは切っても切れないものですね。

Q:そうなんですか?

A:ネイティブ・アメリカンのシャーマンの踊りや、イスラム教神秘主義のスーフィーダンスなどもありますし、、、。

Q:そうか、、、。

A:でも、タオサンガで行う踊り念仏は、ちょっとユニークなんです。

Q:どういうふうにですか?

A:気を応用しているんですよ。

Q:へぇー、 どんな風にするんですか?

A:簡単に言えば、音楽念仏のコーラスと共に、参加者の身体が勝手に動き出すようにするんです。そうすると、それが自動運動になっていくんです。

Q:へぇー、、、。。

A:錐体外路系による自動運動ですよ。野口整体で行う “ 活元運動 ” に共通したものだと思いますね。
だからでしょうか。すごく癒されるんですよ。私たちが、「癒しの踊り念仏」と呼んでいるくらい。

Q:おもしろそうですね。

A:はい、それはもう、、、。ところで、その他、座らない行としては、滝行念仏なんかもありますね。

jizoくん 滝行Q:滝行ですか、、、。

A:これは、一瞬にして、“ぷはーっ!”と、日常が吹っ飛びますね。

Q:そうですか、、、。

A:滝行は、季節に関係なく、京都で時おり行われています。また、カナダのタオサンガでもやっていますよ。

Q:今「季節に関係なく」とおっしゃいましたが、真冬に滝に打たれるなんて、寒くないんですか!?

A:先入観的なイメージでそう思われるかも知れません。でも、気合を入れて大声でやるので、実際はそれほどでもないですよ。参加者の感想は、“後はポカポカ~”とのこと、ですし。

Q:でも、僕は寒がりなんで、、、。

A:ふふふ。参加するもしないも自由ですよ。もし、興味があるなら、夏にやったら良いですし。

Q:夏なら何とかなりそうです。ところで、踊り念仏や滝行などのお話しを聞いていると、イベントがあるのは、ウィークデイの夜だけではないんですね。

A:毎月、土日の2日間や月曜日に行う、「別時念仏会」というのもありますね。

jizoくん 円になって座るQ:どんなことをするんですか?

A:音楽念仏の他、コミュニケーションのトレーニングなど、心理的なワークも含めたものも行ったりしますね。「癒しの踊り念仏」をやったりするのも、この時です。

Q:なるほど。

A:数日間の集中合宿を行うこともありますよ。

Q:どんなことするんですか?

A:これは、「念仏High!」というイベントです。1日12時間、ぶっ通しの音楽念仏を数日間にかけて 行うんです。

Q:えっ!? 1日12時間も、全然休まないんですか?

A:休みは自由に取れるんです。飲食も好きな時に取って良いんですよ。

Q:それにしても、ハンパじゃないですね。

A:それがねえ。これもけっこう、やってみると、”あっ!”と言う間なんですね。

Q:ほんとですかあ?

A:というのは、入ってしまうと、“これぞ、ナチュラル・ハイ!”というぐらい、
心が桃源郷にトリップするんですよ。

Q:ふーん、桃源郷ですか、、、。

A:まあ、光に出会うとか、お浄土を感じるとか、日常を超えた、いろいろな神秘体験をするんですね。(参加者の感想はこちら

Q:へぇー。

A:これは元々、皆さんがハッピーな神秘体験をされるように、と願って始めた企画なんです。で、やってみたら、ほんとにみんな、人生変わるような体験をしたんですよ。

Q:へぇー、、、。

A:まあそんな体験の積み重ねから、私たちは、「人は、念仏三昧に親しむことによって、安らぎや喜び、また豊かさに満ちた人生を送ることができるのだ」と、思うようになったのです。

Q:とり合えずやってみるなら、どんなところから始めたら良いですか?

A:まずは無料ワークショップへの参加をお勧めしますね。<こちら
念仏ギャザリングも、希望すれば、どなたでも参加可能ですよ。
土曜日(18:00~19:00) 水曜日 夜 (時間は、各タオサンガセンターへお問い合わせ下さい)