Q:皆さん、どんな夢があってやっているんですか?
A:基本は、「世界をより良いものにしたい!」ですね。
Q:そうですか。
A:それから、「世界の人々の笑顔が見たい!」 もありますね。
Q:はい。
A:それで、 この理念のもとに、援助活動なんかを行っています。
Q:どんな活動ですか?
A:東北被災者の支援もあるし、バングラデッシュの少数民族仏教徒「ラカイン人」の支援等もしています。
Q:へぇー。
A:現地のコックスバザールには、タオサンガセンターも建設していますよ。

コミュニティ

Q:そうなんですか。
A:はい、世界のタオサンガで、いろいろな援助活動をしています。よかったらNPOアースキャラバンのウエブサイトをご覧下さいね。
Q:ところで、これはお寺のサイトなのに、中に「タオ療法」というコンテンツもありますね。
A:それは住職が、タオ指圧と気心道の創始者だからです。当初、タオサンガは、タオ指圧の門下生やその患者さんを中心として始まったんです。
Q:なるほど。ところで、サンガってどういう意味ですか?
A:仏教には三つの宝とされるものがあります。それが、仏/ブッダ、法/ダルマ、僧/サンガ)です。
法は、教えや真理です。また僧/サンガは、もともとは仏教修行者のコミュニティという意味でした。しかし大乗仏教から、これに”一切の生きとし生けるもの”という意味が加わりました。
Q:人が集まってコミュニティを創る必要はあるんですか? 仏と教えだけじゃだめなんですか?
A:仏や法だけがあっても教えは成り立ちません。そもそも人が不在では、文化として継承されることがないから、教えとしては成立しないんです。たとえば、キリスト教が入って来る以前のヨーロッパ土着の宗教の教えなんかが、もう跡形もないですよね。
Q:それもそうですね。
A:サンガがあって、はじめて人の中に生きた仏の教えが息づき、それが、私たちの人生の糧となるんです。
Q:では、タオとはどういう意味ですか?
A:タオは「道」という意味です。古代中国では、老子がタオを、「永遠の昔から存在する宇宙の母」というような表現をしています。
Q:じゃあ、タオは、道教のタオイズムのことですか?
A:いやー、それが、、、、。漢訳された仏教経典にも「道」という言葉はたくさん出てくるんですが、経典の「道」は、仏道という意味なんですね。
Q:では、タオサンガ道場のタオは?
A:それがなにせ弁栄上人は、キリスト教のエホバも、大日如来も、孔子の言う「天道」も、すべて阿弥陀如来と同一の宇宙大霊と説いていますからね。だからタオは、宇宙大霊であり、またそれと融合する道ということになります。もちろん、仏道という意味もありますけど。
Q:で、タオサンガの夢を語ると、どうなりますか?
A:まず、タオサンガの仲間は、人の心が利他心に富むことで、人生がより豊かに創造され、世界を楽しいところに変えることができるという夢と信念で、活動しています。
Q:どうも、そうみたいですね。
A:タオサンガには、様々な学びの機会があるんですよ。仏道修行、タオ指圧などの東洋医学の癒し、気心道という武道、心理カウンセリング的なコミュニケーションのトレーニング、さらには先に述べたような海外援助等もあるし。
Q:ずいぶん、バラエティに富んでいるなあ、と思いました。
A:それで、具体的な夢としては、サンガ・ビレッジ(タオサンガ村)の建設というのもありますね。
Q:それはどんな場所ですか?
A:広大な土地に、修業道場や有機農場、また宿泊施設等があるというものです。
サンガビレッジは、世界中の人々が短期でも長期でも滞在することができ、仏道修行を含めた、様々なタオサンガの学びや癒しの数々を体験できるところです。
Q:へぇー。
A:人々が、滞在しながら自分の人生を内省することができる場であり、いじめ被害に苦しむ子供たちが逃げ込める「ティーンエイジャー駆け込み寺」などの機能を持つことも、期待されます。

文殊菩薩さま

Q:それは良いですねー。
A:繰り返しでワルいけど、なにせ私たちの願いは、人々の人生が豊かで創造的になり、世界がより楽しいものに変わっていくことなんです。
Q:はい。
A:ようするに、人の心が、明るくポジティブなものに変わるという、夢と信念で活動しているんですよ。
Q:ひとことで言えば、タオサンガの目的は何ですか?
A:それは、
「人がエゴやカルマから自由になり、互いの幸福に責任を持ち、誰の人生もクリエイティブで輝くような、温かく楽しい世界を創造すること」です。
ワークショップには、ぜひ、以下のような方に参加して頂きたいと思っています。

  1. 世界の幸福に寄与する心のある人
  2. 人生の意味を探求する人
  3. 霊性を深める意志を持つ人

もくじにもどる