法話ピックアップ2016年2月

法話ピックアップ

へぇー、仏教ってこんなにワクワクするものだったんだ!
もしあなたが、 今まで仏教について知らなかったとしても、そう感じるかも知れません。
ありきたりの仏教の話では満足しない人には特にお勧めです。
毎週土曜日の夜20時からユーストリームで配信している録画をひと月分ごとに紹介しています。

プロフィール

遠藤 喨及 東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。 1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。 また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。 遠藤喨及個人ブログページもご覧ください

一つの法話をピックアップして内容をご紹介します。
今回は2015年10月3日の法話、「幸福になる法」です。

人は、「内なる幸福感」の存在をイメージできないと、
外の物質的なものに頼って幸福感を得ようとします。
しかし、それでは決して真の幸福は得られない。

実は、決して無くならない幸福感が存在します。
それは、宇宙大霊に自分が愛されているという実感に基づいています。それが心の底から湧いてきて、
他の人にもその体感をおすそ分けすることができるのです。
これはいつまでも湧いてくる悦びであり、永遠に失われることのない幸福感です。

一体それは、どのようなものなんでしょうか? そして、どうしたらそれを得られるのでしょうか?                 さらに詳しい内容については、書き起こしをご覧ください! (動画もあります)

法話2016年2月

View all posts in this series
Comments are closed.