心の輝きこそが理想の未来を実現する ―チャトランガ篇(10)―

住職に聴く!

和田寺の住職は、タオ指圧/気心道の創始者、音楽家など、様々な顔を持つ遠藤喨及(りょうきゅう)さんです。
喨及さんにインタビューして、さまざまな質問に答えてもらいます。
一体どんな言葉が返ってくるのでしょうか・・?

プロフィール

遠藤 喨及 東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。 1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。 また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。 遠藤喨及個人ブログページもご覧ください

陰陽五行とチャトランガ(旧名チャリティックス)

 

--住職、こんにちは。先月のインタビュー、ほんとうに面白かったです。

住職:ああ、どうもどうも!

--私が特に感激したのは、『奇跡のリンゴ』の木村秋則さんのところです。

住職:そうですか。

--住職が、「木村さんのリンゴの無農薬栽培は、人間の念や心というものは、
物理法則を超えてまでも不可能を可能にすることを人類に伝えるための、宇宙
大霊からのメッセージだ」とおっしゃったところです。

住職:へぇー。

--というか、住職がこう思われるに至った、ものごとの着目点に、私は
離れ業的な印象を持ちました。

住職:そうなんですか?

--もし全てのりんごの木に話しかけなかったとしたら、全部枯れていただろう、
というところです。

住職:はい。

--ふつう私たちがあの映画に着目するところとは、発想からして全く違う、、
と思ったのです。

住職:僕は単純に、もし木村さんが全部の木に話しかけなかったら、どうなって
いただろう? と思ったんですよ。僕は何でも、0(白紙)の状態にして考える
のが好きなんですね。そこからの思考の連鎖で、先の宇宙大霊のメッセージに
たどり着いたんです。

--ものごとを常に白紙の状態にして考えることが、住職の離れ業的な発想を
生み出す秘密なんでしょうね。(笑)
チャリティックスの名前にしたって、チャトランガに変更するって聞きました
けど、本当なんですか?

住職:実はチャリティックスは、自分でも完全にしっくり来ていたわけでは
なかったのです。ゲーム名を考えるときに、字画のことはうっかり見落として
いたんですね。やはり成功している会社は字画も良いし、高山豊希氏や製作
チームの皆さんとも相談した結果、まあこうなったという次第です。

--なるほど。

住職:チャトランガだったら、音の響きもしっくりと来て、字画的にも断然
良かったんですよねー。チャトランガはサンスクリット語で4つの要素という
意味なんです。それで、このゲームには4つの要素があるし、まあ、ちょうど
いいかな? 、と。

--4つの要素というと?  

住職:シンプルなところで言えば、1. 人生成功 、2. 平和的な子供心、3. 気のコミュ
ニケーション、4. 知的戦略、ですね。

 

陰陽五行って?

住職:ところで、チャトランガ(さっそくチャトランガと呼んでいる)の
特徴は、ルールが東洋哲学の根幹である「陰陽五行」を表していることなんです。

--そうなんですか?

住職:陰陽は、太陽の光が当たる「陽」と、その影になる「陰」から生まれた
言葉です。東洋では、自然のあらゆる存在を陰陽として観るんです。

--はい。

住職:自然界の中で表立った動きをする動物は「陽」で、自然全体を支える
植物は「陰」ですね。男と女や太陽と月などもそうですね。

--五行は?

住職:自然の構成要素を、火・水・木・金・土の五つと観るんです。これは
お互いに、やっつけられたり、生み出す関係だったりします。

--やっつけられるんですか?

住職:はい。相手をやっつける関係を「相克」と言います。また生み出す関係を
相生と言います。

 

五行の相克・相生の関係

five

<相克>

1)水は火に勝つ(水は火を消す)
2)火は金に勝つ(火で金は溶解する)
3)金は木に勝つ(金=刃物は木を切り倒す)
4)木は土に勝つ(木は水を吸う)
5)土は水に勝つ(土は水の流れを塞き止める)

 

--へぇー。面白いですねー。自然は循環することで成り立っている、という
ことなんですね。

 

人生を十全に生きることを学ぶ

住職:陰陽五行が面白いのは、これが単なる思想ではなく、実用的だということ
です。東洋医学も東洋占星術ともいうべき「四柱推命」も、五行に基づいて生ま
れたんです。
これは、今僕が深く関わっている「姓名学」においても同様で、五行は重要な
要素の1つなんです。

--ああ、そうなんですか!?

住職:はい。字画だけでなく、名前の陰陽の配列や五行との関係が、運勢的に
影響を与えるんです。

--へぇー!

住職:漢字文化圏は、一週間が、日(陽)月(陰)、火水木金の各曜日として
表現されていますよね。これ「陰陽五行」なんですよ。

--そういえばそうですね!

住職:これほど私たちの日常の中に浸透している陰陽五行です。漢字文化圏に
住む人の無意識に与えている影響の大きさには、計り知れないものがあると
思います。

--そうでしょうねぇ、、、。

住職:先ほどお話ししたように、陰陽五行では、“自然のすべては循環し、
決定的な原因と結果はない。”ということです。

--はい。

住職:仏教でいえば、「すべては他を原因として起こり、一切は空である」に
なります。

--はい。

住職:これは、旧約聖書の神さま観や自然観とは大きな違いです。なにせ
旧約では、「神さまがすべてを創った。神さまが一番強い。」です。ついでに
言うと旧約聖書の神さまは、「人を殺すのも想いのまま」なんです。

--それは恐い。(笑)

住職:五行は、“絶対的に強い存在というものはない”という、自然相互の
関係性を示しています。そして、この五行の関係を簡略化して創ったゲームが、
ジャンケンなんです。

--ああ、なるほど!それで、“ハサミは紙に勝ち、紙は石に勝ち、石は
ハサミに勝つ。” という循環になっているんですね。

住職:元来、西洋にジャンケンはなかったんです。それから、チャトランガの
ルールもまた、簡略された五行を土台としてできています。だからジャンケン
のように、「戦車は歩兵に勝ち、歩兵は砲兵に勝つ」。そして「砲兵は戦車に
勝つ。」という、相克関係がルールの基本なんです。

rule5-2

--なるほど!。このルールは、住職が東洋医学の実践者だからこそ生まれた
ものなんでしょうねぇ。

住職:五行ですから、チャトランガに絶対的に強いコマは存在しません。という
ことは、1つのコマでは決して勝てないゲームなんです。個々のコマを、いかに
1つの有機的な全体としてまとめるかを学ぶゲームなんです。

--これは人生と同じですね。

住職:はい。人間って例えば、経済とか、遊びとか、スキルとか、何か1つの
要素だけで生きて行くものではありませんよね。本来は、自分のあらゆる要素を
有機的な全体としてまとめて、人生を十全に生きるべきですよね。

--本当にその通りですね。チャトランガをプレイすること自体も、人生を
十全に生きることの1つですね。ゲームをプレイすることで、自分の無意識に
ある潜在力を開発できたらいいな、と思います。

住職:各種類のコマの数には違いがありますが、その数の多少が、不思議な
ことに、経済の原則と同じ法則なんですね。

--というと?

住職:“希少なものにはより価値がある”、という経済と同じ原則なんです。

--へぇー! 不思議なもんですね。

 

映画「寅さん」と同じトリックスター

住職:チャトランガには、現在刊行しているベーシック版の他にも、航空機が
加わるアドバンス版と、戦艦や空母などの海軍のコマが加わるファイナル版が
あります。

--何だか、壮大になりそうですね。

住職:プレイすると、「まるで映画を1本観たような気分になる」って、
皆さん言われますね。

--ドラマを体験するんですね。トランプのジョーカーみたいに、トリック・
スターみたいなコマはどれなんですか?

住職:チャトランガのトリック・スターは、爆撃機と潜水艦なんです。

--そうなんですか!

住職:トランプのジョーカーみたいに万能ではないにしても、空を飛ぶ爆撃機
と海に潜る潜水艦は、普通のコマにはない働きがありますから。

--なるほど。言わば、五行の相克という自然の枠組に収まり切らないコマ
なんですね。

住職:世の中も、何でも規則通りにする人はつまらないでしょう。また、判で
押したように、決まったことしかしない人ばかりがいたんでは、息苦しくなり
ます。日常に収まりきらないような人がいてこそ、世の中面白くなるんです。

--映画の寅さんも、世の中の日常的な営みに決してなじめない、トリック・
スター(寅さん)がいるからこそ、面白いんですものね。

住職:プレイヤーが面白さを感じるのは、五行の有機的な働きと、トリック・
スターの存在なんです。

--へぇ~、そうなんですか?

住職:通常のコマは、日常的には、有機的にお互いの弱さを支え合います。
これがさらに、トリックスターの登場によって、その日常が脅かされるんです。

--それなりに幸せな生活を送っていた叔父さん叔母さんの安定した日常に、
突然、不安定を持ち込む寅さんが登場するようなものですね。

住職:この自然の日常と非日常が織り成すドラマを、盤上で表現するのがチャト
ランガです。繰り返しになりますが、プレイヤーの無意識が、最も面白さを感じ
るのは、まさにこの点だと思います。

--聞いていて、何だかワクワクします!

住職:だから僕にとっては、盤上でドラマが創れたかどうかの方が、勝ち負け
なんかよりも、よほど重要なんです。ドラマチックな試合ができたら、あとは
もう、どうでも良い!

--ふふ。

住職:実を言うと僕は、なぜ、チャトランガ・プレイヤーたちが、これが
陰陽五行のゲームであることに、気づかないのかずっと不思議だったんですよ。

--なるほど。

住職:先に述べたように、チャトランガは五行を象徴しているから、絶対的に
強いコマは存在しません。

--はい。

住職:そのような状況の中で、どうお互いの弱さを補完し合い、さらにトリッ
クスター的な人が持つ日常破壊的な直観力を生かして、成功という目標を達成
していくのか? これは本来ならば、誰にとっても普遍的なテーマのはずです。

--その通りですね。

住職:それに、東洋的自然観を表しているルールでできているゲームに、なぜ、
東洋医学に関わっている人が興味を示さないのか? 実を言うと、最近のよう
にチャトランガ・プレイヤーが増えるまで、僕は不思議でならなかったんですよ。

--チャトランガのプレイすることは、「いかに東洋的自然観、すなわち
陰陽五行に基づいた、有機的で充実した人生を創り上げるか?」のトレー
ニングですからね

住職:はい。そこにチャトランガの意味があると思います。「孫子の兵法」
という、陰陽五行的な戦争戦略の哲学を説いた、東洋古典の書がありますが、
あれをゲーム化したのものと言っても良いのです。

--へぇ~。あの書は、経営者などで、企業戦略に役立てている人がたくさん
いるらしいですね。

 

 

人生の成功を願って戦略的に生きる

住職:姓名学や四柱推命は、数理がイメージへと転換したものと言えます。
また、ピタゴラスや岡潔、また最先端の数学者たちなども、恐らくイメージと
して数理を捉えていると思いますね。(3)で述べたように、数理がイメージに
転換することの面白さが無意識に感じれたら、チャトランガの醍醐味が理解で
きるんです。

--でも普通、ゲームというものが、これほど人生に大きな意味を持つこと
には、なかなか気づかないのではないでしょうか?

住職:何でも商業主義になってしまっていて、ゲームを文化としてでなく、
商品として観てしまうことも関係あるかも知れません。

--ちょっと、残念ですね。

住職:でも本来ゲームは、音楽と同じように人の無意識に浸透する精神文化
です。また、知的戦略ゲームには、脳内で人生をシュミレーションする効果が
あります。

--子どもたちがチャトランガをはずさない(喜んでプレイする)のは、
これからどう生きていくかの人生戦略みたいなものを、無意識に考えている
からなんでしょうね。

住職:逆に、二十歳代の時はチャトランガが好きで凄くやっていた人が、
オトナになってやらなくなることがあります。もしかしたらこれは、人生に
あまり夢を持たなくなって、無意識に未来戦略を考えなくなる時期とシンクロ
しているのかもしれませんけど。

--人生の成功を願って戦略的に生きることと、戦略的なゲームを精神文化と
して楽しむことの両者には、何らかの共通する要素があるとは思いますね。

 

戦争をやめてゲームをしよう!

住職:「王者のゲーム」と呼ばれる西洋のチェスも、また中国将棋も上流階級
の知的なたしなみだったそうです。

--ところで将棋のコマは、チェスと違って白黒で表されていないですね。

住職:将棋には、“取った相手のコマを自分のコマとして使う”というルール
があるから、それは無理なんです。でもこれは、まさに、「昨日の敵は今日の
友」という、日本人的スピリチャリティをよく表わしていると思いますよ。

--西洋では違うんですか?

住職:古代では、敵は皆殺しか奴隷にするのが普通だったそうです。でも日本
の戦国時代では、敵と味方が入れ替わるなんていうのは日常茶飯事だった。
だから、取ったコマが使えない、というルールは、日本人的には違和感があっ
たんでしょうね。

--なるほど、「昨日の敵は今日の友」が単なるスローガンではなく、昔の
日本には普通にあったことなんですね。だから第二次大戦でも、終戦翌日には
「ビバ! アメリカ!」と、いとも簡単だったんですね。

住職:つい昨日まで戦争していてもね。でも西洋人にしてみたら、広島・長崎
に原爆落としたアメリカに、日本人がどうして憎しみを抱かないのかが、不思議
らしいですよ。

--そうなんですか。

住職:日本人にしてみたら、どうして海外の人は、いつまでも憎しみを持ち
続けるのかの方が、実感として理解しにくいんですけどね。

--はい。

住職:それは日本人の根底に、自然中心的な世界観があって、戦争を自然災害と
同じ次元で捉えるメンタリティがあるからだと思います。

--原爆被爆者の手記にも、「誰が悪いのでもない。戦争が悪いのだ」という
言葉があったりしますね。歴史教育とか、そういうものの影響もあるとは思い
ますが、憎しみや闘いを煽るよりは、よほど良いと思いますね。

住職:そういう意味でも、戦争の永久放棄を謳った世界唯一である「憲法
第九条」は、決して変えてはいけないですね。友人だろうとマスコミだろうと
政治家だろうと、闘いを煽るような人の話には、決して耳を傾けてはなりま
せんね。

--こういう時代だからこそ、ネガティブをポジティブへ、戦争を平和へと
反転させるチャトランガの使命は大きいですね。

住職:「ユーモアをもって、戦争をパロディにしよう! 戦争をやめてゲームを
しよう!」ですよ。

― 続く ―

View all posts in this series
Comments are closed.