心の輝きこそが理想の未来を実現する ―チャリティックス篇(2)―

住職に聴く!

和田寺の住職は、タオ指圧/気心道の創始者、音楽家など、様々な顔を持つ遠藤喨及(りょうきゅう)さんです。
喨及さんにインタビューして、さまざまな質問に答えてもらいます。
一体どんな言葉が返ってくるのでしょうか・・?

プロフィール

遠藤 喨及 東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。 1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。 また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。 遠藤喨及個人ブログページもご覧ください

 

遠藤喨及プロフィール

東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。

1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。

また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。
temple11
遠藤喨及、最新ブログ記事 http://endo-ryokyu.com/wp/


 

チャリティックス(Chari-TX)

住職が20代前半から開発して来たミリタリー戦略ゲーム。

先代の任天堂社長には、「ファミコンが出る前だったら、相当ヒットしただろう」
と言われ、将棋のプロ養成所にいた人をも「極めて奥が深いゲーム」とうならせている。

一方、バングラデッシュのいくつかの小学校では、校長先生自らの肝入りで、
課外授業として定期的にチャリティックスをやっていくことを決定したばかり。

現在、ゲームSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)として立ち上げるべく、
急ピッチで水面下でのシステム開発が進められている。


 

心の輝きこそが理想の未来を実現する(2)


-ゲーム・セラピーとしてのチャリティックス-

なぜチャリティックスで無意識が動くのか?

 

--前回のお話しの中に、「人生観が表現されるゲームならば、
それは人間を相手にした極限状況である、戦場をモチーフにした
ものでなければならない」とありました。

住職:はい。

--極限状況というのは、ごまかしが効かず、最も人間性が現れる
ときだからだ、と。

住職:そうですね。それに関することですが、ドイツ・オーストリア・
イタリア合作の、「ヒトラー~最後の12日間~」という映画がある
んですが、見られましたか?

--あの、第二次大戦末期にベルリンが陥落するまでの12日間を
描いた作品ですね。そういえば、あの映画には、戦場の極限状況が
良く描かれていましたねー。

住職:はい。ソ連軍が、もう目前に迫って来ている中で、絶望したナチ
の幹部たちがやけ酒を飲んでどんちゃん騒ぎしていましたし、一般市民
にまぎれて逃げ出す兵隊たちもいました。

--そうそう。

住職:僕が感動したのは、そんな中でも、最後まで責任をもって、
市民を守ろうと骨身を惜しまず働き続けていた、将校や兵士たちが
いたことです。

--やはりそういう極限状況の時は、人間性というか生き方というか、
その人なりの人生観が出るんでしょうねぇ、、、。

住職:その時にうまいこと逃げて助かった人もいます。また逆に、
最後まで市民を守ろうと努力した人もいる。しかしそのために、
ソ連軍の捕虜になり、戦後何年もシベリアに抑留されて帰れなかっ
た人もいると聞きます。

--はい。

住職:でも、自分の死を意識した時に後悔しないのは、どっちなん
だろう? やっぱり、最後まで責任を放棄せずに全うした後者の方
だろうな、とは思いますね。

--そうでしょうね、、、。チャリティックスは、そんな「戦場」と
いう極限状況が設定されたゲームなんですね。

住職:はい。

--尚かつ、「チャリティックスでは、司令官と兵士という1人2役を、
無意識の中で演じている」というお話しもまた、印象的でした。

住職:そうですか。

--今、私は、チャリティックスで勝ったり負けたりしながら、
いろんな人と繰り返し対戦しています。そして、相手の手から多くを
学び、また自分が立てた戦略を反省したりします。でも同時にそんな
中で、私は自分の無意識の深いところにある「何か」が、動いている
感じがするんです。

住職:へぇ~。

--それがどこから来るのかはわからなかったんです。でも、お話しを
聞いて、「司令官と兵士」という、ある意味において、相反する2つの
役割の間を、無意識が行き来するからかなぁ、と思いました。

住職:たしかに司令官と兵士の役割は、真逆と言えますね。司令官の
勝利は、自分が死地に赴かせた、兵士の犠牲を抜きにしてはないわけで、、、。

--はい。一方、兵士は司令官の命令で前線に送られ、生か死か
という極限状況に身をもって直面している。チャリティックス・プレイヤー
の無意識は、この相反する2つの役割を、行ったり来たりするんですね。

住職:その他、無意識が動く理由として考えられるのは、チャリティッ
クスに、箱庭療法的な要素があるからかも知れません。というのは、
箱庭療法でも、戦場がモチーフになっている作品がよくあるんです。

--その「箱庭療法」というのは、どんなものなんですか?

住職:簡単に言うと、砂を入れた箱に、ミニチュアの家や森や妖精や
怪獣などの様々なもので飾って、作品というかセットを創るという
心理療法の手法です。(そしてその後、セラピストに話す)

 

 

--誰が始めたんですか?

住職:ドラ・カルフという、スイス人のユング派心理学者です。

--チャリティックスのどういうところが箱庭療法的なんですか?

住職:チャリティックスで陣形を組んだり、作戦に基づいてコマを
進めたりするのは、プレイヤーが戦場のジオラマを作っているような
ものと言えます。

--ああ、そうですね。

住職:それと同時に、プレイヤーはコマの動きによって、自分の無意識を
表現しているようなところもあるんですね。

--だからカナダ在住の茂木さんなんかは、チャリティックスをプレイ
しているカップルのコマの動きを観て、二人の関係性までわかって
しまうんですね。
※茂木さんインタビュー・アドレス:http://chari-tx.com/kishi5.html#kishi18

住職:将棋でも「感想戦」と言って、プロ棋士は、対局後にかなりの時間を
使ってお互いの手を検討し合います。でも、チャリティックスだと、割と
初心者のころから、お互いいろいろな話が出たりしますね。

--それって、箱庭を作ったあとに、セラピストに話したりするみたいな
感じではないでしょうか。

住職:日本で最初に箱庭療法をはじめたのは、ユング派心理学者の
故河合隼雄さんなんですが、その河合さんは、子ども相手のプレイセラピー
で、将棋をすることもあったそうです。

--へぇー。

住職:それで本に書いてあるんですが、「それまで抑圧されていた
攻撃性を子どもが表現できるようになると、将棋の手も積極的になっ
たりする」というんです。

--そうですか! チャリティックスをすると自分の本質が現れるから、
やりたくない」という人もいるんですが、、、。

住職:「本質が現れる」というよりは、無意識が意識化されるという
意味だと思いますが。

--ああ、なるほど。

住職:ただ、人間の本質は仏性ですから、仏性が現れる過程において
は、あらゆる無意識は意識化されていくんです。

--はい。

住職:だから、無意識の意識化は、ある意味、仏教修行の目的なんですね。
もちろんこれは、タオ指圧を学ぶこともそうなんですが。

--自分の本質に向かう道ということなんですね。

住職:その他、臨床心理カウンセリングや、タオ指圧を受けていく
ことでも、無意識が意識化されていくという過程は、必ず通ります。

--ああ、そうなんですか。

住職:はい。だからそのプロセスにおいては、抑圧された負の感情や
心の傷に直面せざるを得ないときが来るんです。でも、それには苦しみが
伴います。大変な道を通っているわけですから。で、このため人に
よっては、志半ばにして仏教やタオ指圧の修行に挫折したりします。
また同じ理由で、心理療法カウンセリングを途中で辞めてしまうこと
なんかも、よくあることです。

--そうですか、、、。

住職:無意識を意識化することは、負の感情や心の傷に向き合うと
いうことですが、本当はこれ、人間にとっては大切なことなんです。

--わかります。

住職:例えば先の故河合隼雄さんの『中年クライシス』(朝日文庫)と
いう本にも、「人間は誰しも心の中に傷を持っている。もっともその傷を
あまり意識しないで生きている人もいる。そのような人は一般的に言って、
他人の心に傷を負わせる(ほとんど見無意識に)ことが多いようである。」
という下りがあります。

--うーん、やはり大切ですね。

住職:心の傷は、攻撃性というか、内なる暴力的なものとして変換する
ものです。だから同著の別の章に、「内なる暴力的なものを意識化する
ことが必要なのだ。<中略>ワイルドなところをもたない中年は、まっ
たく魅力を失ってしまう」とも述べられています。

--なるほど。無意識を意識化することは苦しいことだけれど、人は
それによって精神的に成長し、またより魅力的になるということなん
ですね。

住職:およそ苦しみのない成長はないですからね、、、。先に、
「ワイルドなところをもたない中年は、まったく魅力を失ってしまう」と
ありましたが、本当は、自分が“見たくない”と思う本質=内なる暴力的な
もの(ワイルドな心の部分)と向き合うことにこそ、宝が隠されているん
ですね。

--そうなると、やはり私なんかは、チャリティックスに苦手を感じる人にこそ、
プレイして欲しくなりますね(笑)。

住職:河合さんが呼んだ“内なる暴力的なもの”は、どの人間の無意識
にも必ず存在しています。これが意識化されない場合は、シニカルな態度や
冷たい目、あるいは攻撃的な言葉など、別の形でこれを人に表わしてしまい
ます。

--だから人間は、古来から、対戦という形を取るスポーツや冒険、
また武道や将棋などの文化を創り上げることで、内なる暴力的なものを、
人間をより魅力的にする“ワイルド性”として昇華しようとしてきたの
ですね。

住職:話は変わりますが、チャリティックスは箱庭療法のように、
盤上にプレイヤーの無意識(内なる暴力的なものも含めて)が表現
されています。だから、共感を持ってこれを観ている人がいれば、
セラピーとして成立するんです。

--ああそうなんですね!

住職:このことを、おぼろげながらにも認識したのは、ずっと以前、
沖縄の精神病院で指圧を教えていた頃です。僕とその病院を結びつけ
てくれた心理士の友人がいたんですが、彼がチャリティックスが好きで、
よく一緒にプレイしていたんです。

--へぇー。

住職:面白いことに、彼は勝っても負けても、一戦終わるたびに
「あぁ、カタルシス(浄化作用)があった、、、」と言っていたんです。
※カタルシス/抑圧された感情を表現することで、すっきりする、という
意味の心理学用語。

charitx8jpg
勝っても負けても笑顔!

 

--今で言う「癒された~」という感じなんでしょうね。
それはやはり、臨床心理士とタオ指圧治療家の2人が、お互いに
共感し合いながら対戦していたから起こったことなんでしょうね。
いや、実に面白いです!  

住職:その時にやっていたのは、陸軍だけのベーシック版でなく、
陸海空の三軍が入ったファイナル版のチャリティックスなんですけどね。
それで、すっきり感も一層大きかったのかも知れませんけど。

--どんな相手と対戦するかにもよるんでしょうが、プレイヤーが
お互いの手に共感し合いながらプレイすれば、チャリティックスは
相互セラピーとして成立し得るということなんですね!

住職:小学生ぐらいの子どもは、チャリティックスの持つ、箱庭療法的
あるいはプレイセラピー的な要素を、無意識に感じ取っているのでは
ないかと思います。

--だからなんですね。ほとんどの小学生が、チャリティックスに
飛びつくのは、、、。
彼らは、絶対!と言っていいくらい、チャリティックスをはずさない
ですものね。

住職:いやー、最初は驚きましたけどね。

--ウィーンのプレイヤーで女医のアリスさんは、インタビューで、
「チャリティックスは演劇セラピーである」なんて言っていましたね。
※アリスさん棋士インタビュー:http://chari-tx.com/kishi5.html#kishi13

住職:彼女にとってチャリティックスは、ゲームセラピーという位置づけ
なんですね。

―続く―

 

charitx5jpg

―続く―

View all posts in this series
Comments are closed.