住職に聴く! アースキャラバン篇(10)

住職に聴く!

和田寺の住職は、タオ指圧/気心道の創始者、音楽家など、様々な顔を持つ遠藤喨及(りょうきゅう)さんです。
喨及さんにインタビューして、さまざまな質問に答えてもらいます。
一体どんな言葉が返ってくるのでしょうか・・?

プロフィール

遠藤 喨及 東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。 1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。 また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。 遠藤喨及個人ブログページもご覧ください

 

2015-11-17-12.24.53-450x337
へブロン(パレスチナの街)への車窓から

 

 

第十回

 

--住職はつい先日、ヨーロッパ・中東から帰国されたばかり

ですが、お話をうかがうのを楽しみにしていました。

 

住職:あっ、どーも。^ ^)/

 

--住職のブログなどから、ウィーンからパレスチナまで行かれ

ていることは読ませていただいていましたが、ウィーンやテルアビ

ブでは、念仏ワークショップもされたのですね。やはり、今回の旅

の目的は来年のアースキャラバンの準備ということもあったので

すか?  http://endo-ryokyu.com/blog/?p=10662

 

住職:前からヨーロッパの生徒さんたちには、ワークショップを

やって欲しいと言われていたんです。でも、アースキャラバン

2015の準備で、僕は全然時間が取れなかったんです。

 

--でしょうね。

 

住職:この夏に、アースキャラバンで中東にいたときです。

中東和平活動家であるニッキーさんが、パレスチナの独立

記念日の11月15日頃に、再び中東に行くと言われたんです。

それなら僕もヨーロッパ経由で中東に行き、来年のアース

キャラバンの準備をしようかな、と。

 

--11月15日は、パレスチナの独立記念日なんですか?

 

住職:もちろん今のパレスチナはイスラエルの占領下にあり

ますから、これは国連決議によるものだとは思いますけど。

 

--ヨーロッパや中東での念仏ワークショップなんて、一体

どういう感じなんでしょうか? 日本人の私には想像もつかな

いんですが。

 

住職:念仏なんて聞けば、古くさく抹香臭いイメージしかない

ですものね。僕だって、内容を全然知らなければ、「げっ!?

ねんぶつぅ、だとう!?」とひっくり返ったと思います。

 

--ははは! 内容を説明して頂けますか?

 

住職:口で言うのはすっごく難しいし、誤解を招きそうなんで

すけどね。「気の幸福力」(法蔵館)で多少説明していますが、

例えば、仰向けに寝ている人に対して、、、ああ、もうダメだぁ!

口で説明したら、とても陳腐で怪しげなものになってしまいます、、、。

 

--日本でもされているんですか?

 

2015-11-06-19.36.47-450x337
ウィーンの念仏ワークショップ

 

住職:今回は、東京、ウィーン、テルアビブという順番でやりました。

 

--場所によって、違いはあるんでしょうね。

 

住職:東京でやった時は、初めて参加する人たち相手にわかっ

て頂こうとして、かなり必死でやったんです。でも、思ったほどの

手応えが感じられず、ちょっとしょんぼりしてしまいました。

 

--そうですか、、、。

 

住職:ウィーンでやったら、それが一転して、すかーっとみんな

わかったんです。皆さん、幸福になる道、物差しを自分自身で

確立することができる、ということを理解できた。さらに、悟りと

はどのようなものであるかを如実に体感できたんです。

 

--そんなことが可能なんですか?

 

住職:はい。これが世紀の大発見!(笑) でも言葉に出せば

陳腐なんで、これ以上の説明できませんけどね、、、。

 

--テルアビブではどうだったんですか?

 

住職:僕は湾岸戦争の頃から、9回ほど、毎年に亘ってテルアビブで

タオ指圧のワークショップをしていたんです。それで去年から再開

したんですが、中東のワークショップは、反発や疑いの眼差しばか

り向けられて、悪夢のように大変だ、というイメージを持っていたん

ですね。

 

--そうだったんですか。

 

住職:ところが今回のワークショップは、参加者にまったく反発も

疑いもなく、すっきりとみんなわかったんですね。それどころか、

参加者のほとんどから、これからも修行を続けたい、という声が

上がって、これまでとは逆の意味で、「げっ!?」となりました。

 

2015-11-14-15.50.12-337x450
イスラエルでのワークショップ

 

 

 

--ははは。

 

住職:というわけで、ヨーロッパも中東も東京よりはよほどやり易

かったですね。

 

--東京は精神的に遅れているんでしょうか?

 

住職:ヨーロッパや中東の人にとっては、指圧も念仏も異文化です。

だから参加するというだけでハードルが高いのです。そしてワーク

ショップは、その高い敷居をまたいで来た人たちが参加した、という

ことなのかも知れません。

 

2015-11-14-17.16.27-450x337
イスラエルの生徒さんたちと

 

--はい。

 

住職:日本人にとって念仏も指圧も古くからあるものです。その

せいか言葉自体に、すでに手垢にまみれたイメージがありますよね。

日本では、さらにオウム事件などもあって、修行という言葉に対して、

無意識に拒否する肌感覚もあるような気もします。

 

--残念な気もしますが。

 

住職:いやー、でも人間は、ただ働いて食べて世の中に適合して

いるだけでは、虚しく人生を終えるだけです。多くの日本人はその

虚しさに気づかないように生きていますけど、いずれは目覚める

人たちが出て来ると思いますよ。

 

--ただ、気づいてもその受け皿がないですものね。あるいは、

“精神修行の場”という受け皿のフリをしたカルトにつかまってしまう。

 

住職:カルトにつかまらないようにするには、霊的な嗅覚を持って

いることが必要です。さらに、「誰かどこかに、神のような特別な人

がいる」という幻想を否定する、仏教的知識や智慧も必要ですね。

 

--どんな知識や智慧なんですか?

 

住職:仏教が説くのは諸法無我です。だから、「独立した個という

存在はない」という哲学が基本です。独立した個がなければ、神の

如き特別な教祖などいるはずもありません。

 

--なぜ教祖主義に陥る人が多いのでしょう?

 

住職:人は、自分に何かを教えてくれる人に対して、子供の頃に

抱いていた父親像や母親像を投影するのですね。

 

--なるほど。

 

住職:子供の頃の父親イメージ・母親イメージは、まるで神さまの

ように絶対的ですからね。悪い人は、それを利用して教祖ヅラして、

人を支配、コントロールします。だから、「自分は神のような特別な

存在だ」とする人や、「自分は悟った」とする人などに対しては、すぐ

に警戒アラームを鳴らした方が良いと思います。

 

--それでもカルトに取り込まれる人は、後を断たないですね。

 

住職:それはやっぱり恋愛詐欺に引っかかるみたいなものですからね。

 

--うーん、、、、。ところでパレスチナの話に戻りますが、来年の

アースキャラバン中東について、現地でミーティングされたように

伺っていますが、、、、。

 

住職:新たに中東担当のマガリ(イスラエル人)、オマール(パレス

チナ人)などとのミーティングの結果、数え上げたら切りがないぐら

い盛りだくさんの内容になりました。

とりあえずベツレヘムについてだけお話しします。

 

--ベツレヘムというと、イエス・キリストが生まれたと言われて

いるところですね。

 

住職:はい、ここの街を上げてのフェスティバルに、アースキャラバン

がさらに大きく関与することになりまして、、、。

 

 

2015-11-16-13.06.49-450x337
ベツレヘム・フェス実行委員会メンバーと

 

 

--具体的には、どんな形ですか?

 

住職:ベツレヘムの彼らは、キリスト教徒なんですが、超日本文化

ファンなんですよ。それで、ぜひ大きな日本コーナーを設けたい、と。

そして、かっぱ巻などの寿司やお茶、着物コーナーやサムライ・グッ

ズや太鼓、日本の古典芸能なんかをぜひ紹介して欲しい、と。

 

--へぇー!

 

住職:8月6日の広島原爆の日には、日本大使やいろんな国の

大使を呼び、異宗教合同で慰霊祭をやろう! とベツレヘムフェス

実行委員会とのミーティングは、超大盛り上がりでした。

 

 

2015-11-15-14.20.58-450x337
エルサレムで

 

インタビュー後記

 

ぜひ、このブログを読んでほしい、、と思います。

http://endo-ryokyu.com/blog/?p=10654

住職の人柄の自由さの秘密を、垣間見ることができるのではないかと思います。

「考えてみたら、そりゃそうだよな。世間からはずれ、他のことはどうでも良い。

神ほとけの道に進もう、なんていうのは、どこか壊れていないとできないもんね。」

住職と接する中で感じる自由さは、この中から生まれるんですねー。

住職から受ける肯定感は、半端なものではありません。

「いいんだよ、君は君らしくそのままであればいいんだよ」という虫歯になりそうな

砂糖菓子みたいな甘さがまったくないのです。

容赦のない本物の肯定感。

だからこそ、接する人は自由を感じるし、正直になれるのだと思います。

深刻な心の破綻の中にいる、という住職。

いつか、そういう話も聞いてみたいです。

View all posts in this series
Comments are closed.