住職に聞く!アースキャラバン篇 (5)

住職に聴く!

和田寺の住職は、タオ指圧/気心道の創始者、音楽家など、様々な顔を持つ遠藤喨及(りょうきゅう)さんです。
喨及さんにインタビューして、さまざまな質問に答えてもらいます。
一体どんな言葉が返ってくるのでしょうか・・?

プロフィール

遠藤 喨及 東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。 1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。 また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。 遠藤喨及個人ブログページもご覧ください

caravan59

 

 

 

 

caravan58caravan57

 

 

caravan56caravan55

caravan54

caravan53

 

 

caravan52

caravan51caravan50caravan49caravan48

 

 

caravan47

 

 

caravan46caravan45

 

 

 

 

 

 

caravan43caravan42

 

 

 

 

 

第五回

 

--「私たちが立ち向かっていくべきものは、人間の根源にある

不安恐怖です」と住職はおっしゃっていました。

 

住職:はい

 

--心の根源にあるこの不安恐怖を突かれると、人は人でなくなる。

とにかくこれは、ほんとうに人類のテーマだという気がします。

自分や自分の家族の身の保全第一というのは、肯定されるべきものと

して私たちは生きているのですから、、。

 

住職:まあそうですね。

 

--不完全などうしようもない自分、だからこそ少しでも世界のために

何かを引き受けなくてはならない、前回の住職のお話からそう感じました。

 

住職:そうですか!

 

--ところで、アースキャラバンによって、はじめて中東に原爆の火が

もたらされるそうですが、そうなったら、ほんとうに戦争のない世界の

実現へ向けて大きな一歩になりますね。この一歩は、とてつもなく大きい

と感じます。

 

住職:運べるかどうかは、まだクリアーしなければならないことも

あるのですが、それでもこれを担当して下さっている実行委員の皆さんの

力で一歩一歩実現に向けて進んでいます。

 

--アースキャラバンは、一つのイベントという枠では捉えきれないものが

あるのではないでしょうか?

 

住職:面白そうなことを思いついたら、何でもやってしまおうとしています

からね。

 

--実は私が、最も興味があるのは、「異宗教合同ソング」ですが、これは、

なぜ作ろうと思われたのですか?

 

住職:6年前に、ベツレヘム近郊での中東平和教育会議に参加して、氣の

ワークショップをやったんです。これは、自分がやるワークショップの時間

以外は、他の人の講義に参加するというものでした。

 

--へぇー

 

住職:僕はその時、アメリカの大学教授の「中東の宗教対立はどのように

生まれたか?」という講義に出たんです。

その講義で学んだことは、「歴史的にはユダヤ教徒とイスラム教徒は、礼拝

施設を共有していた。そして別々に礼拝時間を決めていた。両者はお互いを

尊重しながら、ご近所同士として仲良くやっていた。

それがイスラエル建国後には、イスラム教徒を立ち入り禁止するなどで、

両者の対立を煽るような処置をとり、人為的に対立構造が造り出されて

いった」ということでした。

 

--ああ、そうだったんですか!

 

住職:その講義は強く印象に残ったし、その後、パレスチナを旅している

内に、こりゃ歴史もウソを書いているし、世界に配信されているメディアも

ウソばかりついているなと、はっきりと身をもって思い知ったんです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

<東エルサレムの路上でのボランティア指圧。パレスチナ人の家族は、
イスラエル警察に不当に家を追い出され、路頭に迷っていく>

 

 

ryokyu_in_p3

<人権活動家として活動する女性ラビ(ユダヤ教指導者)のエマと
エルサレム郊外で。両端は、一緒に活動したタオサンガ・メンバー>

※ローレンス(左)とオリバー(右)

 

 

中東問題を、「大昔からある宗教対立の延長だ」というような捉え方をする

人がよくいますよね。

 

--はい。私もそう思っていました。

 

住職:でも、パレスチナの問題は、メディアがまことしやかに伝えるような

宗教対立ではなかったんです。これは土地を奪われ、自由を奪われ、生存権を

奪われた人間の自然の反応であり、人権を奪ったことによる当然の帰結なの

です。

 

--日本が朝鮮半島を支配していたときに、独立運動が起こった、という

ようなものと同じですね。

 

住職:でもメディアは、宗教対立であるというウソの情報を流すことによって、

実態がわからないようにしているんです。

 

--なぜなんでしょう?

 

住職:うーん、、、「大本営発表!」って知っていますか? 僕もリアルタイムで知って

いるわけではないんですが、これは日本の戦時中の戦況を知らせるラジオ番組です。

 

--へぇー。

 

住職:大本営発表では、日本軍が負けていても、米軍の損害を多く言いたて、

そして必ず最後に「わが軍の損害は極めて軽微なり」と報道していたんです。

原発事故の時、「ただちに健康に被害はありません」って報道していたでしょう?

あれを聞いたとき、僕は「あっこれ、大本営発表と同じだ。日本って変わって

いないんだな」と思いました。

 

--なるほど。

 

住職:報道のスポンサーは政府や株主ですからね。海外のメディアは、軍需

産業が株主だったりするんだから、対立を煽るようなフィクションをニュース

として報道してもおかしくはないですよね。

 

--はぁ、、、、。

 

住職:僕には、「宗教対立は、人間の本質ではなく、あくまでも人為的に造

り出され刷り込まれたものだ」だ思います。

人間同士の自然なあり方を表に出して、世界に見せたかったというのが、僕が異宗教合同

ソングを創った動機と言えば動機ですね。

 

caravan41

caravan40

 

caravan39

 

caravan38caravan37caravan35caravan36caravan34caravan33

 

 

 

 

 

caravan32caravan30

View all posts in this series
Comments are closed.