第三十七回 灼熱の大地を進む ~バナラシからデリーまで~

住職に聴く!

和田寺の住職は、タオ指圧/気心道の創始者、音楽家など、様々な顔を持つ遠藤喨及(りょうきゅう)さんです。
喨及さんにインタビューして、さまざまな質問に答えてもらいます。
一体どんな言葉が返ってくるのでしょうか・・?

プロフィール

遠藤 喨及 東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。 1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。 また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。 遠藤喨及個人ブログページもご覧ください

 

 

 


遠藤喨及住職

 

遠藤喨及プロフィール

東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。

1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。

また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。

遠藤喨及、最新ブログ記事 http://endo-ryokyu.com/wp/


 

第三十七回

 

――第三十五回で、久美子ハウスのサンチさんに止められながらも、宿の
仲間に見送られバナラシ駅に向かったそうですが?

 

住職:はい。夕方になって宿を出発しました。もっとも、夕方になった
ところで、灼熱の大地が涼しくな る気配はまったくありませんでしたが。

 

――そうとうな暑さなんですね、、。

 

住職:でも、居心地の良さに埋没してしまうのがイヤだったし、
そんな自分を振り切るように、リキシャに乗って、街に飛び出したんです。

 

――そうですか、、。

 

住職:そしてバナラシの駅に向かったんですが、もちろん駅の周囲は、
人、人、人の洪水です。相変わらず、乞食、物売り、その他のわけの
わからない人たちに囲まれます。そうして押し合いへし合いしながら、
ムッとする暑い構内の切符売り場で、長蛇の列に並びました。

 

――いやー、本当にすごいですね。想像しただけでもその状況に負け
そうな気がします。

 

住職:実は僕も、ようやくデリー行きの切符を手にした時は、疲労と暑さと
人当たりで、すでにへたりこみそうな気分でした。もしかしたら、
この時、すでに何らかの身体的な予兆があったのかも知れませんけど。

 

――ああ、なるほど、、。

 

住職:駅で適当に食堂を探し、激辛のあまり、口が痛くなるような
カレーを食べた後、ホームに座り込 んで電車を待ちました。そして
何時間か後にやっと電車が来たのを発見しました。でも、入り口が
開くと、まるで朝のラッシュアワー時の山の手線のような状態でした。

 

――うわ~。

 

住職:リュックを背負って突進して身体をねじ込み、何とか出発しました。
10数時間は忍耐する覚悟で、床に座り込みました。

 

――過酷、、。

 

住職:ところが深夜近くになって、電車が故障したとかで、わけの
わからない駅でストップ。さらにプラットホームで電車を待つことに
なりました。

 

――気が休まりませんね。

 

住職:当時のインドの旅では、こんなハプニングは当たり前のこと
でしたね。だから、やれやれ、と思っただけで、特に驚きもしません
でした。

 

――そうですか、、。

 

住職:やがて、1、2時間後に来た電車に乗り込んだら、すいていたので
横になることができ、助かりました。

 

――よかったですね!

 

住職:でも、この頃から、何だか身体が熱っぽい状態になって来てしまい
まして。

 

――そうでしたか、、、。

 

住職:今から考えると、マラリアの予兆だったのかも知れませんし、
あるいは脱水症状だったのかも 知れません。あまり水を飲まなかったから。

 

――そうなんですか?

 

住職:その頃って、脱水状態にならないようにたくさん水を飲むべきだ、
とかの考えが、あまり一般には普及していなかったんですね。それに、
当時のインドには、ミネラルウォーターもなかったと思います。

 

――そういえば、水分補給のことを言うようになったのは、わりと
最近ですもんね、、。

 

住職:で、ぐたー、っとしていたら、やたら変な青年が話しかけて
きたんですよ。おまえ日本人か、ならペンパルになってくれ、とか
言ってきて。

 

――インド人ですか? 調子悪そうにしているのに「ペンパル」とは、、(笑)。

 

住職:こっちは具合悪いし、「オレいつ日本に帰るかわからないから」
とか言って、適当に話だけつき合っていたんですが、最後は、「ちょっと
調子悪いんで」と言って、横になって休みました。

 

――それでも途中まで付き合うところが、住職ですね、、。

 

住職:いやまあ、、、で、彼が降りる時、僕に紙を渡して言ったんです。

 

――「お大事に」とかのメッセージでも書いてあったんですか? 

 

住職:何だろう?と思って開けてみたら、ナンと
「日本人のペンパルを探してくれ。オレの趣味はダンスだ!」でした。

 

――あはは。あくまで自分本位。

 

住職:最後に、住所と自分の名前が書いてあって、いやー、もうあれは、
ギャフン!でしたね。

 

――あはは。それにしても「ギャフン」って、久しぶりに聞きました(笑)。

 

住職:あっ、古かったか。で、さらにまた電車が止まりまして、、、。

 

――え、またですか?具合が悪いのに、おつらかったでしょうね。

 

住職:そこで降ろされ、再び待ってと、もう訳が分からない。

 

――ええ、、。

 

住職:「もう、何でもいいや」と、とにかく次に来た別の電車に、
エイや! で、目をつぶって乗りました。

 

――えー!

 

住職:、、、が、これがインドの金持ちが乗る特等列車だったんです。
冷房がガンガン効いている高級列車。

 

――へーっ!!

 

住職:やがて車掌が来て、金払え、というんですが、僕は「そっちの
故障で止まったんだからそっちの責任だろー」とか言いはりまして、、、。

 

――調子悪いときでも、バックパッカーやっていたんですね。

 

住職:まあ僕にしてみたら、デリー以降も、陸路での旅を続けるつもり
だったので、当たり前といえば当たり前なんですが、、、。根性で、
がんばり通したら、インド人車掌がとうとう根負けして、僕に座席を
くれました。

 

――よかった!

 

住職:デリーに着いたらもう昼近く。バナラシを出てから、20時間
ぐらいがたっていました。

 

――そうとうに消耗したでしょうね、、。

 

住職:とにかく宿をみつけなきゃと思い、フラフ ラしながら、うろうろ
探しまわって安宿を取りました。

 

――やっと、、。

 

住職:もちろん、クーラーなどなく、またバナラシで泊っていた、
ガンジス川からそよ風が流れるような部屋でもありません。まあ
極端に言えば、24時間ミストサウナにいるような、ただ忍耐だけを
要求するような宿でした。

 

――すごそう、、。

 

住職:それでも、その後は、デリーからアムリツアーに北上し、国境
を超えてパキスタンのラホールに向かうつもりでしたから、僕にして
みたら、別に当たり前という感じでした。

 

――、、、。

 

住職:何せ、生死を超えるような過酷な旅を自分に課すつもりで、
日本を出たのですから。

 

――はい、、。

 

住職:パキスタンの後にはイランの砂漠地帯をバスで行くのが予定
でした。だから、こんな程度のことでへこたれているわけには行か
なかったのです。

 

―続く―

 

View all posts in this series
Comments are closed.