住職に聞く! 第三回 大乗仏教の理想とは?

住職に聴く!

和田寺の住職は、タオ指圧/気心道の創始者、音楽家など、様々な顔を持つ遠藤喨及(りょうきゅう)さんです。
喨及さんにインタビューして、さまざまな質問に答えてもらいます。
一体どんな言葉が返ってくるのでしょうか・・?

プロフィール

遠藤 喨及 東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。 1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。 また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。 遠藤喨及個人ブログページもご覧ください

阿弥陀如来


和田寺の住職は、タオ指圧/気心道の創始者、音楽家など、様々な顔を持つ

喨及(りょうきゅう)さんです。

喨及さんにインタビューして、さまざまな質問に答えてもらいます。

一体どんな言葉が返ってくるのでしょうか・・?

 

 



遠藤喨及住職

住職 遠藤 喨及(えんどう りょうきゅう)

プロフィール

18歳の頃、音楽演奏中の神秘体験をきっかけに、念仏三昧の行を始める。 1991年、中央仏教学院専修課程(通信)卒業後の三年後、浄土宗にて伝宗伝戒を 受ける。またこの頃より、世界各地でタオ指圧や念仏ワークショップを行ない、その足跡 が、世界八か国の念仏サンガとなる。2007年、和田寺の住職に就任。音楽家としては、五枚のCDをミディレコードより発表。テレビ、ラジオでオンエアーされている。また、「気心道」(だいわ文庫)など、数冊の著書がある。


 
 
 


第三回

――このような形で、一般の人に修行の場を提供している
お寺というのは、実際、珍しいのではないでしょうか?

 

住職 そうかも知れませんね。でも、修行だけでしたら、
数は、そう多くはないかも知れませんが、あると思います。
たとえば、禅寺などでも、一般の人向けに、写経会や
座禅会を行なっているところがあります。
禅宗の円覚寺のような大きなお寺でも、何日間かの
接心という、修行の機会も提供していたと思いますよ。

また、最近は比叡山でも、一日だけの回峰行体験を提供
したりするそうですね。(*千日回峰行とは、千日間に
亘り、山々を駆け巡り、最後の9日間は、飲まず、食わず、
眠らないという過酷な修行)
その他、山伏の修行に滝行に行くとか、そういったことも
行なわれているようですよ。

 

―― 念仏修行ではどうでしょう?

 

住職 念仏三昧の伝統というのは、遥か二千年の昔から、
大乗仏教の基本の行としてあるんです。

それは、インド、中国、日本と伝わって来たものですけど、
今現在、そのように念仏を中心とした修行が行なえるのは、
光明会など、もうわずかな所しか残っていないようです。

そのわずかなことを、もう一度ぜひ復活させたいというのと、
大乗仏教の理想を、再び実現させたいという願いがあります。

 

――その大乗仏教の理想とは、どういうことなんですか?

 

住職 それまでの仏教というのは、出家主義だったわけですね。
つまり、お坊さんになった人だけが悟りを開く事が出来る
ということです。

それで、一般の人はどうかといえば、お坊さんにお布施
をして、その功徳によって来世には天上界に生まれる、
あるいは地位あるお金持ちの家に生まれる、そういう
ものが、一般の人にとっての仏教だったのです。
もっとも、このスタンスは、現在でも、タイ、ミャンマー
などに伝わった上座仏教では、変わっていないと思います。

しかし大乗仏教は、出家主義でなく、利他主義です。
つまり、他の人々の為に修行するかどうかが問題なので
あって、本来、坊さんかどうかは無関係です。

このため、初期の大乗仏教では、利他の修行をする人た
ちのことを、みな菩薩と呼んだのです。
そこでは、何人であろうと平等です。
男性であろうと女性であろうと、志の高さ如何によって
リーダーにもなり、その理想で大乗仏教は進んでいった
んです。
もともとは、仏教そのものに、カースト制度の否定があり、
平等主義なんです。しかし、大乗仏教になると、出家在
家の別なく、さらに、当時差別の対象だった女性リーダー
までがいたのです。

このように、志と修行いかんによって、誰でもが悟りを
開くことが出来るというのは、大乗仏教の理想です。

 

―― 利他の修行をすることが、悟りにつながる、とい
うことですか?

 

住職 道元禅師(曹洞宗の開祖)に、次のような言葉が
あります。
それは、“自分が悟り(救い)を得るよりも先に、他者
の悟り(救い)を願い、これを実践せよ”(自未得度、
先度他)というものです。

そして、この心をおこせば、たとえ七歳の女の子であっ
たとしても、生きとし生けるものの導師である、と。

すなわち、年齢も関係ない。地位も立場も関係ない。
男女の別もない。
利他こそが、もっとも価値ある、尊いものだ、ということですね。
これは、道元禅師の「修証義」の一節なんですが、
僕は何回読んでも感激します。

また聖書にも、キリストが説く“善きサマリア人の教え”
がありますね。

 

――それは、どのようなものですか?

 

住職 「ある旅人がおいはぎに遭って怪我をし、身ぐるみ
はがれて路上に倒れている。
そこへ祭司(ユダヤ教のお坊さん)が通りかかる。しかし、
無視して通り過ぎてしまう。

やがて、サマリア人が通りかかる。そして、すぐに介抱
して宿屋に運び、代わりにお金も払って行く。」というものです。

そこで、キリストは大衆に聞くのです。
「皆さん、一体どちららが神に近いでしょうか?
このサマリア人でしょうか?
それとも、いつもしたり顔で神の名を語って説教している
祭司(坊さん)でしょうか?」と。

 

――うーん、なるほど。

 

住職 「利他が、悟りにどう関係するのか?」というご
質問ですが、逆に、「利他なくして、何の悟りですか?」
と聞きたいぐらいです。

そもそも悟りとは、宇宙大霊との合一です。
そこに自他という相対はありません。

ということは、悟りに向かえば向かうほど、他者の苦し
みや喜びが、自らの苦しみや喜びにならないはずがない。

 

――利他は、悟りと切っても切れない関係にあったんですね・・・。

 

住職 人がもし口に悟りを語るならば、実際に、”他に
喜びをもたらし、また、苦しみを減らしていく”という
人生が、そこに展開されていなければならないはずです。
そのための人生でなくして、何が悟りか、と思いますね。

逆に言えば、そのような生き方をしていればいるほど、自
ずと悟り、あるいは神との合一に近づいているはずです。

そして、そこをはっきりと説いている、道元禅師や
キリストの言葉が、僕にはとてもありがたく感じます。

 

―続く―

View all posts in this series
Comments are closed.