住職に聞く! 第六回 宇宙大霊たる如来は、どこに在(ましま)すのか?

住職に聴く!

和田寺の住職は、タオ指圧/気心道の創始者、音楽家など、様々な顔を持つ遠藤喨及(りょうきゅう)さんです。
喨及さんにインタビューして、さまざまな質問に答えてもらいます。
一体どんな言葉が返ってくるのでしょうか・・?

プロフィール

遠藤 喨及 東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。 1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。 また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。 遠藤喨及個人ブログページもご覧ください

たいさんぼく
和田寺の住職は、タオ指圧/気心道の創始者、音楽家など、様々な顔を持つ

喨及(りょうきゅう)さんです。

喨及さんにインタビューして、さまざまな質問に答えてもらいます。

一体どんな言葉が返ってくるのでしょうか・・?


遠藤喨及住職

住職 遠藤 喨及(えんどう りょうきゅう)

プロフィール

18歳の頃、音楽演奏中の神秘体験をきっかけに、念仏三昧の行を始める。 1991年、中央仏教学院専修課程(通信)卒業後の三年後、浄土宗にて伝宗伝戒を 受ける。またこの頃より、世界各地でタオ指圧や念仏ワークショップを行ない、その足跡 が、世界八か国の念仏サンガとなる。2007年、和田寺の住職に就任。音楽家としては、五枚のCDをミディレコードより発表。テレビ、ラジオでオンエアーされている。また、「気心道」(だいわ文庫)など、数冊の著書がある。


 

 


第六回
 

 

――神や仏を信じる信じない、信仰を持つ持たないも、個人に選択

の自由があると思って、私たちは生きています。

「自分を信じて」という言葉も、この頃では、ほんとうによく耳に

するようになりました。

これは、生活実感の中に、宇宙大霊(如来)との関係がないか、希薄

だからなのではないかと思うのですが、どう思われますか?

                                   

 

住職:一体、宇宙大霊たる如来は、どこに在(ましま)すのか?

それは、私たちの主観にでも、客観世界にでもありません。

言わば、主観と客観という、相対を超えた絶対の世界。

そこが如来の在(ましま)す処です。

それが実感されなくてはなりません。

 

――ということは、相対を超えなければ、如来の実在は実感できない

ということですね。

                                   

 

住職:現代人は、2つの点で、如来実在の実感から疎外されています。

ーつは、“主客を分離した、自然科学的なものの認識が正しい”

という思い込み。

もうーつは、損得勘定を人生の指針とした生き方です。

というのは、相対の基本は、自他、すなわち自分と他者などの外的世界

との関係です。

そして、自他が分離すればするほど、主観と客観は、対立的なもの

になります。

それで、大霊の存在が、感じにくくなるのです。

 

――でも、最初は、大霊の存在は実感できなくても、ご縁があれば、

仏教への信仰は与えられるものなのですね?

                                   

 

住職:佛への信仰を持つに至ることができる人は、過去世からの仏縁

の深い人であると、経典で説かれています。

考えてみて下さい。

たとえご縁があっても、心という因がなければ、信仰を持つには至

りませんよね。

因縁和合しないと、ものごとは成立しないのです。

 

――なるほど、縁あって誰かと出会っても、お互いに好きになると

いう心の因がなければ、結婚までは至らないようなものですね。

ところで、佛への信仰を持つことができる人というのは、すでに、

決められているのでしょうか?

                                   

 

住職:すでに、決められていることが宇宙にあるとしたら、これほ

どつまらないこともないと、個人的には思いますが・・・

さあ、どうでしょうか?

 

――縁があって念仏することと、信仰を持つことというのは、違う

ことなのですね。

                                   

 

住職:弁栄上人は次のようにおっしゃっています。

「男と女が結婚して子供が生まれるように、人が仏と結ばれて仏子

が生まれる。しかし、無事生まれることもあれば、信仰が流産する

こともある。」、と。

また、「念仏とは、卵の殻の中にいるひな鳥(人)と、親鳥(仏)

が、殻の同じ部分を突っつき合うということだ」。

さらに、「無事に殻(我)が割れたら、誕生する(目覚める)。

すなわち、ひよこ(仏子)が生まれたのが、信仰が生まれたという

ことだ」、と。

 

――なるほど。

                                   

 

住職:さらに私なりに付け足すと、次のようになります。

「信仰という子供が生まれ、その子が、無事に育つこともあれば、

志半ばにして夭折することもある。

また子供が、次の世代を育てるほど立派な大人に成長することもあ

れば、道を踏み外してしまうこともある。

しかしいずれの場合も、何世代にも亘る生まれ変わりを繰り返しな

がら、仏の世界に向かっていく存在であることに変わりはない。」

 

――自分が、念仏に出会ったことで、「私は信仰を持っている」と

いえるのか?と考えることがありました。これが、過去生からの因縁

と聞いたり、またそのような例え話を聞くと、何となく納得するとこ

ろがあります。

ただ、そこで「法を広める(弘通する)とは、どういうことなんだ

ろう・・」と、あらたな質問が自分の中に芽生えていますが・・。

                                   

 

住職:伝道しないキリストがいないように、法を広めないお釈迦様

もいないのではないでしょうか?

そもそも教えを広めたからキリストはキリストなんだし、またお釈迦

さまも同様です。

 

――伝えて下さったから教えがあるし、信仰を持つことも修行すること

もできるということですね。

                                   

 

住職:人が人に伝えることなしに、仏教などの精神文化が成立する

と思うこと自体が、そもそも間違いです。

これは、個が、“他を切り離した個として独立的に存在できる”と

思い込む、現代人の幻想とは、無縁でないように思います。

 

――なるほど、どのような文化も、伝え手を抜きにしては、存続し

得ないですからね。

伝統工芸だって、弟子を取って創り手を養成しなければ、消滅して

しまいますものね。

                                   

 

住職:神道のような民族宗教であれば、七五三などのように、日本

の風習や文化と密接に関わっているので、日本民族が存続する限り

絶えることはないでしょう。

また、ヒンズー教やユダヤ教もしかりです。

しかし、キリスト教や仏教は、ユダヤ教やヒンズー教の伝統を超えて

生まれたものです。だから、元々が、弘通抜きには、存在し得ない

ものと言えます。

もっとも、現在のように、キリスト教や仏教が、単なる風習と化し、

精神が死んでしまえば、もはや私たちの霊的欲求を満たすものでは

なくなります。そういう意味では、現代は仏教の危機というよりも、

精神文化そのものの危機ともいえます。

先に述べたように、私たち現代人は、自然科学の思い込みを信じ、

また、損得勘定や勝ち負けを人生の指針にしています。

このため、自他の分離が強く、幸福感が希薄なのです。また、大霊の

実感も希薄なのです。

このように、自他一如の生命感覚は、幸福感と結びついているだけ

ではありません。

大霊実在の実感もまた、そこから生まれます。

また、人を修行や信仰に導くのは、相対を超えた大霊が実在すると

いう”予感”に他ならないのです。

 

――人によって、その予感がはっきりしている人と、そうでない人

とがいるのですね。

芸術にしても、作品を素晴らしいと感じるだけの感性を必要としま

すものね。

それにしても、もし人類が、精神文化が完全に絶えた世界に住むこ

とになったとしたら、まさに魂の砂漠に生きるようなものでしょうね。

                                   

 

住職:現代は、物質文明は栄えているけれど、案外、それに近い状態

と言えるかも知れません。

 

――「私は何も信じない」と言う人がいますが、もしかしたら、心は

砂漠のような状態かも知れませんね。

                                   

 

住職:今まさに、私たちは、霊的飢餓の時代に生きています。

霊的飢餓状態だからこそ、栄養にならないものや、時には腐ったもの

にまで手を出してしまっているのです。

あるいは、化学調味料になれて、本物の味がわからなくなっていると

いうこともあるのです。

 

―続く―

 

View all posts in this series
Comments are closed.