住職に聞く! 第九回 初めての仏教との出会い

住職に聴く!

和田寺の住職は、タオ指圧/気心道の創始者、音楽家など、様々な顔を持つ遠藤喨及(りょうきゅう)さんです。
喨及さんにインタビューして、さまざまな質問に答えてもらいます。
一体どんな言葉が返ってくるのでしょうか・・?

プロフィール

遠藤 喨及 東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。 1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。 また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。 遠藤喨及個人ブログページもご覧ください

お念仏

和田寺の住職は、タオ指圧/気心道の創始者、音楽家など、様々な顔を持つ

喨及(りょうきゅう)さんです。

喨及さんにインタビューして、さまざまな質問に答えてもらいます。

一体どんな言葉が返ってくるのでしょうか・・?

 

 


 遠藤喨及住職

住職 遠藤 喨及(えんどう りょうきゅう)

プロフィール

18歳の頃、音楽演奏中の神秘体験をきっかけに、念仏三昧の行を始める。 1991年、中央仏教学院専修課程(通信)卒業後の三年後、浄土宗にて伝宗伝戒を 受ける。またこの頃より、世界各地でタオ指圧や念仏ワークショップを行ない、その足跡 が、世界八か国の念仏サンガとなる。2007年、和田寺の住職に就任。音楽家としては、五枚のCDをミディレコードより発表。テレビ、ラジオでオンエアーされている。また、「気心道」(だいわ文庫)など、数冊の著書がある。


第九回

――で、音楽演奏を通して神秘体験があって、その後、すぐに仏門へ
入られたのですか?

 

住職:とんでもない。そんなスムーズにはいかないですよー。別段、
その後、何が変わったというわけでもなかったんですが、切実に精神
の安らぎが欲しいと思うようになりましたね。

 

――へぇー。

 

住職:破滅的な季節が過ぎてからは、ひたすら、「安らぎは、一体
どうしたら得られるのか?」と、考えてました。人を見ては、“この
人はどれくらい安らぎを得ているんだろうか?”などと、よく思った
ものです。

 

――それで、どうされたんですか?

 

住職:その後、ふとなぜか、自然の中に身を任せたら安らかになれる
と気づいて、自然の中に入って瞑想したり、菜食主義になったり、
インド音楽を聴いたりしてました。

 

――すぐに仏教、というわけではなかっったんですね。

 

住職:はい、お寺なんてはるか遠い存在で、自分にとっては、ただ
の歴史的建造物に過ぎません。そこに何か精神的なものがあるなん
て、考えもしなかったです。

 

――それが、仏教に触れたのは?

 

住職:何かのきっかっけで、岩波文庫の「般若心経」の和訳を読ん
だんです。(文末に掲載)

 

これを読んだ時の驚きと言ったら、なかったですね。

 

――というのは?

 

住職:なにせ読むだけで、一瞬にして、自分が切実に求めていた
「安らぎ」を感じたんです。
それで、何度も何度もその和訳を読んだりしていました。

 

――唱えたりもしたんですか?

 

住職:いやー、唱え方がわからなかったんで、それはしなかったです。

 

――なるほど。

 

住職:京都によくヒッチハイクで行ってまして、たびたび居候し
ていた家があるんです。で、その家に「般若心経の話」(大山澄太)
という本があって、何となく読んでみたんです。
これは、初めて読んだ仏教の本でしたが、
“仏教は、こんなに自分の気持ちに合うのか”と、心底驚きました。

 

――ようやくそこで仏教に出会われたんですね。
で、修行の方は?

 

住職:修行というよりも、最初は、単なるお義理で行ったんです。

 

――というのは?

 

住職:中学の同級生で、中学卒業の春休みに、途中の京都まで、
一緒にヒッチハイクした友人がいたんです。彼は京都で引き返し、
僕は、鹿児島の内之浦のロケット研究所まで、
一人でさらに足を延ばしたんですが。

 

――なぜ、九州最南端のロケット研究所まで行かれたんですか?

 

住職:実は中学生の頃、手製のロケットを造って、一人で実験して飛ばしていた
時期があったんです。近所の人に、危うく通報されそうになりながらですが。
まあそれで、ロケット工学に興味を持っていて、内之浦のロケット研究所は、
いわば僕の、あこがれの場所のーつだったんです。

 

――なるほど。

 

住職:それで、家出中の僕が、泊まるところがない時、夜中に彼の家
の屋根を登って行って、部屋の窓をコンコンと叩くんです。
彼は眠っていてもすぐに起きて、いつもイヤな顔をせずに泊めてくれていたんです。

 

――良い人ですねー。

 

住職:彼のお父さんが、弁栄上人の光明会から分派した念仏のグルー
プのメンバーだったんです。それで、“まあキミも、一度来てみないか?”と。

 

――そうですか。何があとでつながるか、人のご縁というものは、
わからないもんですねぇ。

 

住職:後で聞いたら、“一風変わった少年だ”と、興味を持っていて、
いつか連れて行こうと思っていたらしいです。
で、こっちは、一宿一飯の恩義もあるし、かつての家出少年を泊めてくれ
るような、奇特な人のお誘いを、無視して放っておくわけにも、いかない。

 

――そりゃ、そうですね。

 

住職:それで、前から誘われていたし、“まあ、一度は行きましょう”と、
いわばお義理で行ったんです。
でも考えたら、イヤなガキですよねぇ。(笑)

 

――ちょっと生意気だと思われたかもしれませんね。
そうすると、そこではじめて念仏を体験されたのですね?

 

住職:体験って言えるようなものでは、全くないですね。こっちは、
お義理での一回だけの参加のつもりですし。

 

――なるほど。

 

住職:五体投地なんて、“何でオレがあんな仏画に向かって、頭なん
か下げにゃならんのだよ”なんて感じで、ふんぞり返っているんですから。

 

――あれま、、。

 

住職:まっ、とにかく、2時間ほど座って、念仏やら般若心経を聴
いていただけ。(ますます、いやなガキだな。うぅっ)*←住職の独り言です

 

――それがまたなぜ、変わったんですか?

 

住職:別に、変わるつもりもなかったんですが、ちょっと年上のヒッ
ピーの友人がいたんです。彼は、教会に行って、牧師と話し込んだ
りするような人でした。
で、その彼が、そこの念仏道場のリーダーのおばあちゃんのところに、
たまに行って話をしていると言うんです。

 

――有名な道場だったんですか?

 

住職:いやー、別に有名な場所でも何でもないんですが、たまたま彼が
近所に住んでいたんです。それで、僕が“こんなとこあるよ”って教えたら、
何度か、話だけしに行ったみたいでした。

 

――それで?

 

住職:宗教家と話をするなんて、何となくちょっとカッコいい気がしたんですよ。
何だか、文化的に進んでいる感じがして。それで、“あっ、オレも”と、
訪ねて行ったんです。

 

――ふふっ

 

住職:今から思うと、その頃は、向こうみずでしたね。何でも、思
ったら、即行動です。今も大して変わらないかも知れませんが。
例えば、少し後になりますが、ヒッチハイクでの旅の途中に、広島の本屋で、
ある宗教者の書いた本を立ち読みしたんです。つい最後まで読んでしまい、
ぜひ、著者に会ってみたいと思いました。
それで、そのまま夜通しヒッチハイクして、広島から山口の田舎ま
で行ったんです。
夜中には、車なんかろくに通らないような田舎道でしたから、大変でし
たけど、やっと朝の5時頃着いた。それで8時になるまで、門の前で待って、
ようやく道場のドアを叩いたこともありました。

 

――どんな本ですか?

 

住職:タイトルが「人生に行き詰まりはない」です。人生に行き詰
まっている自分としたら、ぜひ、教えて欲しいと思ったんですよ。
結局、著者には会えずに、そのまま5分後には、九州に向かいましたが。

 

――なるほど。で、念仏道場のリーダーのおばあちゃんとは、その頃、
どんな話をしたんですか?

 

住職:それが、あんまり覚えていないんですよ。だから、特に何か
深い話をしたというわけでもなさそうです。
でも、何度か行ってお茶菓子をごちそうになっている内に、
ある時、帰り際に“今から念仏会あるし、参加していきませんか?”と。

 

――そこでは、毎週念仏会があったんですか?

 

住職:週に4日。一回2時間の念仏会をやっていましたね。
それで、自分も少しは瞑想みたいなこともやっていたから、とにかく
2時間、座ってみたんです。最初の時のように、反発まじりのお義理でなく、
純粋な興味から。

 

――で、その時の感想は?

 

住職:気持ちいい! 終わった後は、風呂から出た後のように、爽快
な気分でした。
それで、おばあちゃん(と言っても、道場では“先生”と呼ばれて
いましたが)とのおしゃべりは卒業して、直接念仏会の方に出るよ
うになったんです。

 

――なるほど、そのようにして、念仏を始められたんですか。

 

住職:「何かわからないけど、気持ちがいい」という、ただそれだ
けの理由で、いつの間にか行くようになったんです。

 

―続く―

 

般若心経(和訳)

全知者である覚った人に礼したてまつる。

求道者にして聖なる観音は、深遠な知慧の完成を実践していたときに、
存在するものには五つの構成要素があると見きわめた。

しかも、かれは、これらの構成要素が、その本性からいうと、実体のないもの
であると見抜いたのであった。

シャーリプトラよ、
この世においては、物質的現象には実体がないのであり、実体がな
いからこそ、物質的現象で(あり得るので)ある。

実体がないといっても、それは物質的現象を離れてはいない。また、
物質的現象は、実体がないことを離れて物質的現象であるのではない。

(このようにして、)およそ物質的現象というものは、すべて、実
体がないことである。およそ実体がないということは、物質的現象
なのである。

これと同じように、感覚も、表象も、意志も、知識も、すべて実体
がないのである。

シャーリプトラよ。
この世においては、すべての存在するものには実体がないという特
性がある。

生じたということもなく、滅したということもなく、汚れたもので
もなく、汚れを離れたものでもなく、減るということもなく、増す
ということもない。

それゆえに、シャーリプトラよ、
実体がないという立場においては、物質的現象もなく、感覚もなく、
表象もなく、意志もなく、知識もない。

眼もなく、耳もなく、鼻もなく、舌もなく、身体もなく、心もなく、
かたちもなく、声もなく、香りもなく、味もなく、
触れられる対象もなく、心の対象もない。

眼の領域から意識の領域にいたるまで、ことごとくないのである。

(さとりもなければ、)迷いもなく、(さとりがなくなることもなけれ
ば、)迷いがなくなることもない。

こうして、ついに、老いも死もなく、
老いと死がなくなることもないというにいたるのである。

苦しみも、苦しみの原因も、
苦しみを制することも、苦しみを制する道もない。
知ることもなく、得るところもない。

それ故に、得るということがないから、諸の求道者の知慧の完成に安んじて、
人は、心を覆われることなく住している。

心を覆うものがないから、恐れがなく、顛倒した心を遠く離れて、
永遠の平安に入っているのである。

過去・現在・未来の三世にいます目ざめた人々は、すべて、知慧の完成に安んじて、
この上ない正しい目ざめを覚り得られた。

それゆえに人は知るべきである。
知慧の完成の大いなる真言は、
大いなるさとりの真言、無上の真言、無比の真言は、
すべての苦しみを鎮めるものであり、偽りがないから真実である、と。

その真言は、知慧の完成において次のように説かれた。
ガテー  ガテー  パーラガテー  パーラサンガテー  ボーディ
スヴァーハー
(往ける者よ、往ける者よ、彼岸に往ける者よ、彼岸に全く往ける
者よ、さとりよ、幸あれ。)

ここに、知慧の完成の心が終わる。

般若心経・金剛般若経 (岩波文庫)より

View all posts in this series
Comments are closed.