住職に聞く! 第十回 生まれてはじめて安らかに眠れた

住職に聴く!

和田寺の住職は、タオ指圧/気心道の創始者、音楽家など、様々な顔を持つ遠藤喨及(りょうきゅう)さんです。
喨及さんにインタビューして、さまざまな質問に答えてもらいます。
一体どんな言葉が返ってくるのでしょうか・・?

プロフィール

遠藤 喨及 東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。 1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。 また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。 遠藤喨及個人ブログページもご覧ください


和田寺の住職は、タオ指圧/気心道の創始者、音楽家など、様々な顔を持つ

喨及(りょうきゅう)さんです。

喨及さんにインタビューして、さまざまな質問に答えてもらいます。

一体どんな言葉が返ってくるのでしょうか・・?

 


遠藤喨及住職

住職 遠藤 喨及(えんどう りょうきゅう)

プロフィール

18歳の頃、音楽演奏中の神秘体験をきっかけに、念仏三昧の行を始める。 1991年、中央仏教学院専修課程(通信)卒業後の三年後、浄土宗にて伝宗伝戒を 受ける。またこの頃より、世界各地でタオ指圧や念仏ワークショップを行ない、その足跡 が、世界八か国の念仏サンガとなる。2007年、和田寺の住職に就任。音楽家としては、五枚のCDをミディレコードより発表。テレビ、ラジオでオンエアーされている。また、「気心道」(だいわ文庫)など、数冊の著書がある。


 

 


                              

第十回

――じゃあ念仏会には、「何かわからないけど、気持ちがいい」と
いう実感で、いつの間にか行き始めたのですね。

 

住職:そうですね。まあ、身も蓋もない言い方ですが、ただそれだけ
です。

 

――それで、切実に求めていた精神の安らぎは、得られたんですか?

 

住職:それがねえ。まったく期待していなかったんですが、参加す
る毎に、どんどん身も心も軽くなっていくのが、実感でわかるんです。

 

――へぇー、不思議ですねぇ。

 

住職:今まで、身体に覆いかぶさっていたような重苦しさが、どん
どん取れていくんですね。毎回、念仏会の帰りには、“ああ、楽に
なった?!”と、心底、ホッと息をついていました。

 

――求めていたものに出会ったということなのですね。

 

住職:毎週、三回か四回通って、三ヶ月も経った頃には、すっかり
楽になって、生まれてはじめて、“安らかに眠るというのは、こう
いうことを言うのか、、、”と、思いました。ものごころついてから、
自分が安らかに眠ったことがなかった、とその時、気づいたんですね。

 

――大きな変化でしたね。

 

住職:それで、リーダーのおばあちゃんに、“ずーっと重苦しかった
けど、何だか、とても楽になりましたよ”って言ったら、“そりゃ、
あなたには救われない霊が、山のようにたくさん!集まっていました
からねぇ。それらがみな救われて行ったから楽になったんですよ。”
なんて言われてしまいまして。

 

―― ええ!? そうなんですか!そんなことがあるんですね?。

 

住職:こちらにしたって、“そんな妙なこと、あるもんなんですか?”
と、半信半疑です。
でも、自分があれほど切実に求めていた安らぎを得ることができた
のは事実。“たしかに楽になったしなあ、、、”と、まあ実感が邪魔
して、さすがに生意気なガキも、うまいぐあいに反論できないわけです。

 

――なるほど。

 

住職:その上、“こんなにたくさんの救霊が来ていたのは、あなたに
くっついていたら、いつか救ってもらえると思っていたからですよ。
それは、あなたが、それだけ気高い霊的人格を持っているからなん
です”と、たたみこまれてしまいました。

 

――へぇー。

 

住職:最初は、言っている意味がよくわからなかったんですが、ど
うやらエラく誉められているらしい。それで、ますます反論しにくく
なってしまいました。

 

――なるほど、誉められると反論しにくくなりますものね。

 

住職:自分は世の中に適応できず、高校を二つも中退した。臨時雇い
のバンドマンをやる程度で、まともな仕事もしていない。
ましてや、少し前まで破滅的な生活を送っていた。
自分は社会の落伍者で、ダメな人間である、と信じて疑わなかったんです。
太宰治の小説に、「人格破たん者」という言葉が出てくるんですが、
自分は、そうではないか、と思っていました。

 

――なるほど、自己イメージと違ったんですね。

 

住職:まあ、その辺はいまも、大して変わらないんですが。
それはともかく、日常生活を送ることで重苦しくなっても、念仏会
に参加すると、すっきりとするんですよ。

 

――原因はともかく、念仏会に出ると、重苦しくなっていた気がすっ
きりと取れて、楽になるんですね。

 

住職:逆に言えば、念仏に行かなければ、どうにも重苦しくなって
くるわけです。自分としては“何だか念仏会中毒になったみたいで、
イヤだな?”と思いました。

 

――どうしてですか?

 

住職:周囲を見渡しても、他の友人たちは、そんなことはないんで
すから。で、“何で自分だけが?”と思うわけですよ。人と違う自分
というものに、苦しんできたのですから。

 

――なるほど。

 

住職:かといって、同じ信仰を持つ“普通の人”たちが集まるところ
だからか、何だか、妙に居心地が悪いんです。
もしかしたら、人に認められることのなかった自分が、やたら誉めら
れることも、原因の一つだったかも知れませんが。

 

――“人と違うのもイヤだし、普通もイヤだ”と。まさに、揺れる
十九歳の心ですね。

 

住職:そうです。そうです。
それで念仏会には、なるべく行かないようにしようとするんです。
でも二、三日したら、どうしても足が向いてしまうんですよ。
重苦しくなっていても、参加すると、爽快になって身も心も軽くな
るもんだから。
それで、週に何度も念仏に行くということを続けていました。

 

――行くと、楽になるのに、どうしてまた念仏会に参加しないよう
にしたんですか?

 

住職:だって、そんな信仰めいたものに、はまり込みたくないじゃないですか。

 

――なるほど、ねぇ。

 

住職:でも、それからですね。自分の本格的な葛藤が始まったのは、、、。
いろいろと、深刻に煩悶するようになっていったのです。

 

―続く―


 

View all posts in this series
Comments are closed.