第二十七回 インドは何もかもが激烈だった

住職に聴く!

和田寺の住職は、タオ指圧/気心道の創始者、音楽家など、様々な顔を持つ遠藤喨及(りょうきゅう)さんです。
喨及さんにインタビューして、さまざまな質問に答えてもらいます。
一体どんな言葉が返ってくるのでしょうか・・?

プロフィール

遠藤 喨及 東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。 1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。 また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。 遠藤喨及個人ブログページもご覧ください

旅先の遠藤喨及住職


遠藤喨及住職

 

遠藤喨及プロフィール
 

東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。
1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。
また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。

遠藤喨及、最新ブログ記事 http://endo-ryokyu.com/wp/

                                   


                                   

第二十七回

――インドでは、バック パッカーの西洋人カップルとタクシーを シェアしてカルカッタの安宿街サダルストリートに到着した、と おっしゃっていましたね。

住職:はい。今は、かなり変わっているのでしょうが、あの頃の カルカッタは、すごかったですね。街をうろついていると、至る所で インド人に呼び止められて、話し込んだり、一緒に楽器を弾いたり していました。

――楽しそうですね。

住職:海外からのバックパッカーは、みんなそんな感じでインドを 楽しんでいましたね。旅人同士もお互い仲良かったし。

――自分の国の環境とはずいぶん違って感じられたでしょうね。

住職:同時に、乞食や物売りたちが、まるで雪崩のよう押し寄せても 来ました。時には、どこまでもついてこられたりして、大変でしたね。 物乞いする人を見るのは、僕としては胸は痛むし、乞食にはお金を 上げたらいいのか?ー体どうしたらいいのか? と、本当に悩みました。

――そうでしょうね。

住職:もっとも今だって、毎年バングラデッシュには行っているわけ です。ただ場所がコックスバザールという田舎町なんで、あまりそう いうことには出くわさないのです。でもこれが、帰りにダッカに寄っ たりしたら、似たような葛藤は今でもあるんです。乞食の人数は、 当時のカルカッタに比べたら、いないに等しいほど圧倒的に少ないん ですが。

――なるほど、、、。

住職:当時のバックパッカー貧乏旅行者は、乞食にお金を上げないのが 普通でした。上げている人もいたのかも知れないけど、僕は見たことが なかった。なにせ、いかに安く旅するかや、インドの商売人たちに、 いかにボラれないようにするか、というのも旅のサバイバル術でしたから。

――そうですか、、。

住職:僕は、圧倒的な数の物売りや乞食に迫って来られるたびに、 どう対応して良いのかわからず、立ち往生することもしばしばでした。

――日本にいたら、まずそんな状況にはならないですからね。戸惑う のも当然ですね。

住職:いつも行く食堂で待ち伏せされて、これ見よがしに赤ちゃんを 抱いた“にわか乞食”っぽいおばさんに、カモにされていたことも ありますよ。

――ははは。

住職:最近知ったんですが、物乞いのための赤ちゃんのレンタルまで あるそうですね。それはともかく、“お金を上げるよりは、、、”と 思って、乞食の少年を食堂に連れて行って食べさせたこともありました。 当時、カルカッタだけで、路上生活者は100万人と言われていたんです。

――カルカッタだけで100万人、、、。

住職:もちろん、家族で住んでいる路上生活者たちも多かったのです。 それで旅行者と見ると、中には、今にも飢え死にしそうだというような 卓越した演技力を見せる人もいます。

――何回もしているであろう演技を、見極めるのはむずかしいですね。

住職:一方では、実際に飢えかかっているような本物の乞食もたくさん いますが、こちらには区別がつかない。ただ、いずれにしても路上生活者 なので、貧しいことに変わりはなく、その対応にはいつも悩んでいました。

――なかなか割りきれるものではないでしょうね、、。

住職:たとえ“にわか”でも、「演技鑑賞料」と思ってお金出したりも していました。

――なるほど! ところで、インドに着いたとき、「まるで異次元空間に 迷い込んだみたいな感じがした」ともおっしゃっていましたね。

住職:穏やかで、まるで水墨画のような日本の寺院の風景に比べると、 ヒンズー寺院なんかはカラフルで、すべてを激烈に表現しているんですね。 それに加えて、僕ら旅行者に関わってくる人力車やバス、圧倒的な 量の物売りたち、また乞食群が、これまた激烈に生存をかけた闘いを、 こちらに挑んでくるんです。 そして街のスピーカーは、インド音楽を割れんばかりの音でがなり立て ているという状態です。

――なんだかすべてが濃い感じが します、、。

―続く―

View all posts in this series
Comments are closed.