第二十八回 天国と地獄が同居しながらも、お祭り騒ぎをしているようだった

住職に聴く!

和田寺の住職は、タオ指圧/気心道の創始者、音楽家など、様々な顔を持つ遠藤喨及(りょうきゅう)さんです。
喨及さんにインタビューして、さまざまな質問に答えてもらいます。
一体どんな言葉が返ってくるのでしょうか・・?

プロフィール

遠藤 喨及 東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。 1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。 また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。 遠藤喨及個人ブログページもご覧ください

20歳ころの遠藤喨及住職


遠藤喨及住職

 

遠藤喨及プロフィール
 

東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。
1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。
また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。

遠藤喨及、最新ブログ記事 http://endo-ryokyu.com/wp/


第二十八回

 

――最初のインド旅行の体験をお聞きしているわけですが、「タイム マシンで時代を飛び越えた世界にでも行ったような感じ」というお話も ありましたね。

                                   

住職:はい。たとえば、ブッダガヤからネパールに抜ける途中で泊っ たホテルなんか、レンガが朽ち果てていて、がれきの山でできていた んですよ。

                                   

――ホテルですよね?

                                   

住職:まあ、一応、、、。そういえば「ゲイランド」という名前の ホテルでした。アメリカだったら誤解しそうな名前ですね。

                                   

――ははは。

                                   

住職:とにかく“安けりゃ、どこでもいいや”って思って泊ったんです。

                                   

――安い、って?

                                   

住職:まあ、日本円で何百円かだったと思いますけど。

                                   

――なるほど、、、。

                                   

住職:で、ふと夜中に目が醒めたら、ネズミが足に乗っているんですよ。

                                   

――えっ!?

                                   

住職:で、慌てて飛び起きたら、チュウと逃げていくわけです。

                                   

――「チュウ」って!!、、。

                                   

住職:“うーん、こりゃ齧られたらまずいなー”と思いました。

                                   

――、、、ですよね。

                                   

住職:それで真っ暗闇の中でドアを 開けました。そして、持っているパン を、ベッドの近くからドアの外まで少しづつ置いて行ったんですよ。

                                   

――なるほどー。

                                   

住職:すると、「かさこそ」とネズミが1つずつ食べ始めて、だんだん ドアに向かうわけです。そうして外のパンを食べ始めたら、パッとドアを 閉めて、、。

                                   

――作戦成功ですね。

                                   

住職:ところが、ネズミに乗られていた足が、なぜか、翌日から重く なってしまいました。

バスに延々揺られてネパールについても、一週間ぐらいは足を引きずって 歩いていましたね。うぅ、こりゃネズ公の毒だな、と思いました。 その時、“なんか、日本昔みたいな話だなー”となぜか思いましたね。

                                   

――サバイバルですね。

                                   

住職:その他、僕は大麻を買わないのに、いつも声をかけて来て、 なぜか親しくなった大麻売りの兄ちゃんがいました。

                                   

――何て、声をかけて来るんですか?

                                   

住職:「ハローこれは!」って日本語で大声で僕に叫ぶんですよ。 ただ、それだけ。

                                   

――はあ、、。「これは!」、ですか。

                                   

住職:大麻を見せるんで。

                                   

――なるほど。

                                   

住職:彼が“家に来いよ”と言うので行ったら、何と、泥をかためた家に 住んでいたんです。

                                   

――泥をかためた家、、。

                                   

住職:泥でできているから、電気、水道など、家の中にインフラは何も ないんです。土間以外の家具ももちろん一切ない。日本の漫画で言えば、 カムイ伝(白土三平)に出て来た、非人の家のような風景だと思いましたね。 (http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A0%E3%82%A4%E4%BC%9D

                                   

――なんとなくイメージできます、はい。

                                   

住職:それで、本人は大麻売りなんかやってブラブラしているのに、 奥さんは路上で土方やって働いているんですね。まあ、家がある だけ良いのでしょうけど。

                                   

――なるほど、、。

                                   

住職:カルカッタにはバスもありましたけど、バスは戦争難民が乗って いるみたいに、ぎゅうぎゅう詰めで、乗ったら動けなくて大変でした。

                                   

――そんなに、ですか。

                                   

住職:はい、屋根の上にまで人がたくさん乗っていました。

                                   

――あははは!

                                   

住職:それで、移動の手段はもっぱら人力車でした。これは乗るのにも 値段交渉が必要でした 。

                                   

――値段が決まっていないんですね。

                                   

住職:はい。で、今になって考えてみると、なぜあんなムキになったん だろう?と思うんですが、10円20円の値段の折り合いがつかなかったり、 あとで値段をふっかけられてリキシャ・マン(車夫)と大ゲンカしたり。 それだけで、もう、へとへとになっていましたね。

                                   

――ふふふ。激烈、、。

                                   

住職:それでもインド人の面白いところは、大げんかして罵り合っても、 翌朝には「ハロー!」と満面の笑みをたたえていたりして、何だか 憎めないんですよ。

                                   

――ははは。

                                   

住職:カルカッタは街に人があふれていて、地を這うように押し合い へし合いで生きているという感じでしたね。 乞食の人と犬とが生存競争をかけた闘いをしているのは、見ていて つらかったです。また、美少女が微笑みながら、路上に廃棄してある 食べ物を拾って袋に入れているのも見ました。何か見ていてつらかったなー。

                                   

――みんな、生きのびることに必死なんですね。

                                   

住職:でも、なぜか一日中お祭りをやっているような感じもあるんです。

                                   

――へぇー、不思議ですね。

                                   

住職:恐らく当時、宗教とあれほど一体となっている国はなかったで しょう。今もないかも知れませんが。

例えば、 長距離バスの運転手は、神さまの写真を飾って、大音量で 宗教音楽みたいに聞こえるインドポップスをがんがん鳴らします。 それで自信満々に、超スピードで疾走しているんです。彼らにとっては、 神さまが非常にリアリティを持っていて、何だか、街全体でお祭り騒ぎを しているみたいな感じなんですよ。

                                   

――なるほど、ねえ。

                                   

住職:僕らヒッピー旅行者が、日頃目にするのは、貧しく最底辺に 生きる人間の生活苦です。 僕らが出会う乞食の中には、障害ある身体を見せつけて稼ごうとする 人がいます。また、赤ちゃんの内に手足を切られて乞食にさせられ ながらも、堂々としている人もいるのです。 そんな中でも、なぜかどこか祝祭的なムードで、街が成り立っているんです。

                                   

――日本や欧米の画ー的な風景とは違って、多次元マンダラみたいな 感じなんでしょうね。

                                   

住職:はい、ほんとうに不思議な感じでした。 ただハウラー駅に行ったときには、六道輪廻の地獄絵でも見ているような すさまじい感じがして、たじろぎましたね。

                                   

――どんな感じなんですか?

                                   

住職:手足のない人、目をつぶされた人などが山のようにやって来るん ですよ。

                                   

――それは、、大変ですね。

                                   

住職:はい、肝をつぶしました。しかも電車はいつ出発するかもわからない。 数時間遅れなどはざらで、12時間遅れで着くなども当たり前でした。 (当時は)3日待ったという話を聞いたことがあるぐらいです。

                                   

――すごいですね。

                                   

住職:2等自由席は、どうやっても中に入れないように見えました。 完全な寿司詰め状態です。

                                   

――そんなのに、どうやって乗り込むんですか?

                                   

住職:ラグビーみたいに、突撃するんですよ。

                                   

――それで乗れるんですね(笑)

                                   

住職:まあ、何とか。それに、電車に乗れるというだけ幸せでした。

                                   

――なるほど、、。

                                   

住職:なにしろ、駅に住む乞食群たちのまるで地獄絵図のような光景を 見なくて済むのですから。

                                   

――きっと想像以上なんでしょうね、、。

                                   

住職:もっとも着いたら、また山のようなリキシャマンたちに取り囲まれて 身動きできなくなるんですが。

                                   

――はあ、、、。

                                   

住職:そんな光景の一方では、まるで天国のように優雅な金持ちの生活を、 時おり目にするんです。

                                   

――天国と地獄が同じ街の中で同居しているのですね。

                                   

住職:インドにいると、“まるでぬるま湯のような金満日本”と、 “そういう日本に生まれた自分”を、見せつけられているといつも 感じていました。 「オマエは、一体何なんだ」と、自分の存在や生き方を、常に突き つけられながらの旅でした。 輪廻というものについても、本当にいろいろと考えさせられましたね。

―続く―

View all posts in this series
Comments are closed.