第三十一回 ブッダガヤの凄まじい暑さと、怪しい白人僧侶

住職に聴く!

和田寺の住職は、タオ指圧/気心道の創始者、音楽家など、様々な顔を持つ遠藤喨及(りょうきゅう)さんです。
喨及さんにインタビューして、さまざまな質問に答えてもらいます。
一体どんな言葉が返ってくるのでしょうか・・?

プロフィール

遠藤 喨及 東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。 1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。 また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。 遠藤喨及個人ブログページもご覧ください

 


 


遠藤喨及住職

 

遠藤喨及プロフィール

東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。
1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。
また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。

遠藤喨及、最新ブログ記事 http://endo-ryokyu.com/wp/


 

第三十一回

 

 

――とうとうお釈迦様が悟りを開かれた菩提樹のある村、ブッダガヤ

までたどり着いた、、というところまで聞きました。

“ここでのある出来事が、後になってとんでもないことになった”

とおっしゃっていましたが、その辺りの話をうかがっていいですか?

 

住職:ビックリしたのは、すさまじいまでの暑さでした。

涼しかったカトマンズから南下して、インドのパトナまで着いたんです。

そうしたら、暑さはもう想像を絶するほどでした。

 

――時期は、いつ頃だったんですか?

 

住職:インドの夏に当たる4月下旬です。何度ぐらいかというと、

直射で50度以上でした。何と、 体温より空気の方が暑いんです、、、。

僕は夏生まれなので、いくら暑くても大丈夫だと思っていたの

ですけど、、、。でも、食べる物も宿も最低辺のものばかりだったし、

下痢だってよくしていた。当時はミネラルウォーターも売っていないし、

体力も弱って、けっこう参りましたね。

 

――冷房完備のホテルに泊って、良いレストランで食べようという

発想はなかったんですか?

 

住職:もともと日本を野宿しながらヒッチハイクで旅していた人間

だから、そんなこと考えもつかないですよ。片道航空券で日本を出て、

陸路でヨーロッパまで抜ける予定だったし、お金だって十数万円しか

ありませんし。

 

――なるほど、、それもそうですね。

 

住職:暑さでへとへとになりながら、何日かかけて、バスでようやく

ブッダガヤという村に、夜遅く着いたのです。

 

――ブッダガヤは、お釈迦さまが悟りを開いた菩提樹のある村ですね。

 

住職:着いてバスを降りたら、2人の人間に会ったんです。

一人は仏教僧侶らしき白人。もう一人は、スカートみたいなインドの

民族服(ルンギ)を着ている日本人青年でした。

 

――へぇー。

 

住職:最初に話しかけてきたのが、白人僧侶でした。

僕が、“泊るところを探しているんだけど、、、”と言ったら、

“じゃあ、僕が泊っているビルマ寺に案内してあげる” というので、

ついて行くことにしました。

 

――日本人の方とは?

 

住職:“じゃあ、またその辺で会いましょう”と、お互い声を

かけあって別れたんです。

 

――なるほど。

 

住職:実を言うと、その日本人青年とは、後にベナレスの宿で

再会しました。同じ宿で、2週間ほど一緒に過ごすことになった、

通称“ボッちゃん”です。

 

――そういえば、住職から聞いたことありますね、その人の名前。

 

住職:当時彼は、オーストリアのワーキングホリデーでお金を稼いだ後、

シンガポールから北上して、タイからバングラデッシュ経由でインドに

来ていたんです。

 

――へぇー。

 

住職:3年前、僕がパレスチナで活動したときのレポートを

彼が読んで、NPOアースキャラバンに協力してくれることになったんです。

パレスチナの非暴力抵抗運動のTシャツ制作の資金を寄付して

くれました。

 

――ああ、それで聞いたことあったんですね。

「ボッちゃん」という名前、、、。

30年前、ブッダガヤに降り立ったときに出会った人が、NPOアースキャラバンの

パレスチナ・Tシャツに寄付してくださるとはねぇ、、、。

何か運命的なものを感じますね。

 

住職:インドって、そういう偶然がよく起こる土地みたいなんですよ。

例えば、行く先々で、なぜか必ず再会するドイツ人がいて、

あまりにも偶然会うんで、最後は少しだけ一緒に旅したり、、、。

 

――すごいですね。

 

住職:カルカッタに行ったら、日本を出発する直前、高円寺の路上で

知り合った人が同じ宿に泊っていたこともあります。かと思うと、

何年も会っていなかった人と、インドでバッタリはち合わせしたことも

あります。

 

――へぇー!?

 

住職:逆に、インドで知り合った人と、日本に帰ってから道で偶然

バッタリ会うなんていうのも、2回ぐらいあります。

 

――じゃあ、あまり驚かないですね。

 

住職:まあ、そのたびに驚くことは驚くんですが、また起こったか!

という感じですね。

 

――ふふふ。

 

住職:で、白人僧侶に連れられて、ビルマ寺の宿坊に行ったんです。

でも、部屋に入ったら、夜にも関わらず、あまりの部屋の熱さに

後ずさりして、思わず部屋から出てしまいました。

 

――どうしてですか?

 

住職:石でできている部屋なので、昼間の太陽の熱であぶられて、

部屋がすっかり熱くなっていたんですよ。

 

――それは大変、、、。

 

住職:もう寝るどころではありません。

 

――それで、どうしたんですか??

 

住職:屋上で寝たんですよ。蚊の猛攻に悩まされて、ろくに

眠れなかったけど。

 

――うわ、それも大変ですね。

 

住職:結局、翌朝5時頃起き出して、その白人僧侶を誘って、

日本寺のお勤めに一緒に出たんです。僧侶の格好している彼が、

走っているトラックを停めると乗せてもらえるんで、便利でしたねー。

 

――なるほど。

 

住職:ただ、あとで考えるとヘンなんですが、彼は座禅もちゃんと

組めなかったんです。

 

――うーん、、、。

 

住職:お勤めが終わって村の食堂に入り、朝食を食べながら

話を聞いてみると、ニュージーランド人でした。

タイで坊さんになった、とのこと。今は、タイからお金が届くのを

待っている、とも言っていましたね。

 

――はい。

 

住職:なぜかやたらと僕についてくるんで、2日ほど、彼と一緒に、

ブッダガヤを回ったりしたんです。

 

――お釈迦さまが悟りを開かれた菩提樹を見て、いかがでしたか??

 

住職:仏教徒としては、やはり感激しましたね。シッタルダが

スジャータから乳粥の供養を受けた河もありましたし、、、(夏で

干上がっていたような気もするけど)。

 

――でしょうねぇ。

 

住職:坊さんの彼がやたらと奢ってくれるんで、何だか妙だなー、

とは思いました。

 

――妙というのは?

 

住職:だって、タイ系の坊さんなら、布施で生活している

わけでしょう?  その坊さんが人に奢るなんて変じゃないですか。

信者は、彼が人に奢るために布施したわけではないんだから。

貧しい人に施しをするなら、まだわかりますが。

 

――ああ、なるほど。

 

住職:それで 2、3日したら、“ついにお金がなくなった。

今度はあなたが奢ってくれないか”と言い出すんですね。

 

――とうとう、、。

 

住職:まあそれで、昼、夜とおごっていたんですが、

どうも怪しいなー、と思いましたよ。

 

―― 、、、ですね。

 

住職:まず、タイで坊さんになったというのに、タイの寺院ではなく

ビルマ寺に泊っている。

 

――そうか、ブッダガヤには、いろんな国の寺があるんですね。

 

住職:日本を含めた仏教国の寺はみんなありました。日本寺以外は

泊めてくれるんです。

 

――日本寺は泊めてくれないんですか?

 

住職:檀家さんたちのツアーだけみたいですね。日本式の風呂まであって、 すごい良いらしいけど。

 

――なるほど、やはり「日本」ですねー。

 

住職:でも、ボッちゃん情報によれば、本は貸してくれるらしいですよ。

 

―― 、、、あはは。

 

住職:坊さんなのに座禅も組めないというのは、理屈でわかる

彼の“ヘン”な所ですが、僕はむしろ理屈でなく直感的に、

こいつは怪しい。ニセ坊主だろう、と思ったんですよ。

そして、“このままでは、「タイから金が届くまで」と言いながら、

ブッダガヤにいる限りはずっと奢らされ続けることになるなー”と

思いました。

 

――そんな人いるものですかね?

 

住職: いるいる。当時のインドは、旅行者も、それに群がってくる

インド人にも、人間動物園みたいな人たちがいましたよ。

日本人で、他の旅行者にお金借りまくって返さないとか、

ただで毎日、日本人食堂でつけで食べて返さないとか。

それも、ニセ坊主と同じような、“日本からの送金を待っている”

という口上でしたね。

 

――なるほど、それでどうしたんですか?

 

住職:直感した翌日の夜明けには、密かに宿を出ました。まだ暗い内に、

ブッダガヤからガヤ駅行きのバスに乗ったんです。

そして、そのままベナレスまで列車で脱出。正直言って、

ブッダガヤには未練があったけど、いずれはまた来るつもりだから、

まあいいか、と。

 

――なるほど。でも単純に、あなたにはもう奢らないよ、とは

言えなかったんですか?

 

住職:彼は、こちらが仏教徒だって知っていますからね。

「おまえは仏教徒なんだから、坊さんに供養するのは当然だろ」

という、暗黙の文化的プレッシャーもあるわけですよ。それに、

人の頼みを断れないタイプだったんで、、、。

 

――その辺りを見抜いていたんじゃないですか?

 

住職:ははは、今でも人に見抜かれてばっかりですよ。

 

――あはは!

ところで、“ブッダガヤで大変なことになった”というお話は、

この事件のことですか?

 

住職:いえいえ、こんなのは取るに足らない、旅のエピソードの

ひとつに過ぎません。

 

――では何があったんですか?

 

住職:実は屋上で寝ていたとき、蚊の猛攻を受けて、どうやら

その時マラリアに感染したらしいんですよ。

 

――えーっ!そうだったんですかぁ!?

 

―続く―

 

View all posts in this series
Comments are closed.