第三十三回 ドラッグ中毒者に間違われたのは?

住職に聴く!

和田寺の住職は、タオ指圧/気心道の創始者、音楽家など、様々な顔を持つ遠藤喨及(りょうきゅう)さんです。
喨及さんにインタビューして、さまざまな質問に答えてもらいます。
一体どんな言葉が返ってくるのでしょうか・・?

プロフィール

遠藤 喨及 東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。 1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。 また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。 遠藤喨及個人ブログページもご覧ください

 

 


遠藤喨及住職

 

遠藤喨及プロフィール

東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。
1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。
また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。

遠藤喨及、最新ブログ記事 http://endo-ryokyu.com/wp/


 

 

第三十三回

――前回のお話、リキシャ(人力車)のインド人との攻防戦?面白かった

です。

 

住職:ははは、そうスか?

 

――攻防の末、やっと目的のゲストハウス(「久美子ハウス」)に

たどり着いたんですよね。

 

住職:はい、ウワサの味噌汁につられまして、、、。

 

――で、どうだったんですか?

 

住職:いやー、どうだったもなにも、、、。

まず、入り口のところで、英語で「ここ久美子ハウスですか?

部屋ありますか?」って言ったら、インド人のおじさんに日本語で

断られまして、、、。

 

――ええー!?(笑)それは、またどうしてでですか?

 

住職:「あなた、ドラッグやってるでしょ。ウチはドラッグやっている人

泊めないから」と言うんですよ。

 

――もしかして、ドラッグされていたんですか?

 

住職:いやー、むしろその逆です。僕にとっては修行の旅だったから。

インドに出発する直前に坊主頭にして、16歳ぐらいから吸っていた(軟派の

不良だったから)タバコも止めていったぐらいです。

 

――なるほど、、、。

 

住職:旅の経費節約のため、食べ物も安食堂の一点張りで、インドには

お酒もないし、、、。

 

――ないんですか?ビールを見たことがあるような、、。

 

住職:あってもビールなんかが、宿代ぐらい高くて。というか、それほどの

安宿に泊っているという言い方もできるんですが、とにかく念仏しながら、

極めてストイック(禁欲的)な旅をしていたんですよ。

 

――では、なぜそう誤解されたんでしょうか?

 

住職:僕も不思議に思って、「僕はドラッグなんかやらない人間なのに、

あなたがなぜそんなことを言うのかわからない。」と言ったら、

「あなたの腕には、いくつも注射の後がある」って言うんですよ。

 

―― 、、、?

 

住職:で、自分の腕を見てみて、思わず吹き出してしまいました。

 

――何だったんですか?

 

住職:食あたりでよく下痢していたから、自分で観るツボに、お灸を

バンバンしていたんですね。インドに艾(もぐさ)を持って来ていて。

お灸の小火傷で、白血球が増えるという効能もありますしね。

 

――へー、そうだったのですね。その頃からツボを、、。

 

住職:お灸でついた小火傷の痕を、サンチさん(久美子さんのご主人)に、

ドラッグ注射の痕だと誤解されたというわけです。

 

――誤解が解けてよかったですね、ほんとに。

 

住職:それで僕は、「自分は東洋医学を専門にやっている者です。

これはお灸という東洋療法の痕なんですよ。」と言ったんです。

すると、今度は一転して、「おお、あなたは先生ですか!」と言われ

まして。それで、宿に泊っている人みんなに、「この人は東洋医学の

先生です。みなさん、この人のことを先生と呼びましょう!」となっ

たんですよ。

 

――あはは。

 

住職:それで、僕の宿でのあだ名は「せんせい」と言うことになりました。

僕も、誤解が解けてホッとしたし、ひらがなの「せんせい」なら、まあ

いいやと、、、。

 

――皆さんに、それぞれあだ名がついていたのですか?

 

住職:はい。ウシ、坊ちゃん、絵の人(ガイドブックの絵に似ている

ため)、サドゥーなど、、、。

当時の久美子ハウスは、まだできたばかり。宿泊者は十人もいない

ぐらいで、少なかったんです。その内の何人かとは、日本に帰ってからも

会ったし、ウシと坊ちゃんとは、今でもつき合いがありますよ。

 

――いまだにあるんですか?いいですね。

 

住職:ウシはChari-TXゲーム大好きだし、坊ちゃんには NPOアースキャラバンに

協力してもらっています。

 

――へぇー!あ、坊ちゃんは、ブッダガヤ(第三十一回住職に聞く!)で

出会った日本人青年ですね。

 

住職:またあの頃は、インドなんて、社会からドロップアウトした

ような人間しか行かなかったんです。一見、普通っぽい人でも、会社

やめたとか、離婚したとかそんな動機で来ていましたね。

 

――何か、やむにやまれぬものを抱えた人が行く国だったのでしょうね、、。

単なる観光で行くところでもなさそうですし。

 

住職:四国の歩き遍路みたいなものかな。何ヶ月も旅しているというのが

インドの普通の旅でしたからね。ガイドブックもようやくできばかりで、

持っている人もあまりいなかったし、、、。

 

――それで旅人同士の連帯感というのも強かったんですね。

 

住職:旅人同士は、みんな仲良かったですね。久美子ハウスでもそう

でした。

またその時は、インドでも極暑の5月です。暑さのために毎晩死人が

出るほどですから、よほどの変わり者でないと、インドにはいなかっ

たと思いますよ。だから、変わり者同士の連帯感みたいなのも加わって

いましたね。

 

――ところで、念願のお味噌汁をいただくことができたんですか?

実は私、一ヶ月間、気になっていたんですよ(笑)

 

住職:いやー、それが味噌おじやとかはたまに出るんですよ。

 

――おお!

 

住職:もちろん、その瞬間は「やったー!」と、躍り上がって喜んだり

するんです。

 

――それはそうでしょうね。そのウワサに惹かれて行かれたんだし。

それに、インスタント・ラーメンを食べたら、この世にこんな美味しい

ものがあったのか?と思われたぐらいですものね。

 

住職:それが、食べた瞬間に「?」となるんですよ。

 

――また、どうして?

 

住職:というのは、味噌おじやの味付けに、砂糖が入っていたり

するんですよ。他にもインドの香辛料っぽいものとか、、、。

 

――なぜ、なんですかぁ?

 

住職:なにせ料理しているのが、下働きのインド人のおばちゃん

なので、そういうことになったのだと思います。

 

――というと、砂糖が入っている甘い味噌おじやなんですか?するともう、

完全に別物ですね。

 

住職:はい、だからそれを食べた時は、なんとも言えない複雑な気持に

なりましたね。日本の味を期待していただけに、、、。せっかく、

味噌が入っているのに、、、、と。それでも一言も文句いわずに、皆、

黙って食べていましたねー。

 

――どうして、誰も何も言わなかったんですか?

 

住職:考えてみたら、「砂糖を入れないようにして下さい」と言えば

良かったんでしょうけどね。

でも、インド人のおばちゃんとは言葉が通じないし、その時は、味付けに

何かを要求するという思いが、誰一人まったく頭をよぎらなかったんですよ、

多分。少なくとも僕はそうでした。

 

――へぇー、、、。

 

住職:今考えるとね、やっぱり皆それまでの旅で見て来ているでしょ。

食うや食わずで生きている多勢のインド人乞食たちを。

だから、食べ物の味に文句言うなんて、そんな贅沢なことはできないな、

なんて無意識に思ったんではないでしょうか?

 

―――― 、、、。

 

 

―住職の旅の話はまだ続きます―

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

制作・発行 浄土宗和田寺によるフリーペーパーができました!

フリーペーパー「寺がーる」創刊号(web版) フリーペーパー「寺がーる」第二号(web版) ここからダウンロードできます。どうぞご覧ください!!

※Firefoxだとうまくダウンロードできません、IEでは大丈夫です。申し訳ありません、よろしくお願い致します。

View all posts in this series
Comments are closed.