第三十八回 道半ばにしてインドで死ぬのはイヤだ

住職に聴く!

和田寺の住職は、タオ指圧/気心道の創始者、音楽家など、様々な顔を持つ遠藤喨及(りょうきゅう)さんです。
喨及さんにインタビューして、さまざまな質問に答えてもらいます。
一体どんな言葉が返ってくるのでしょうか・・?

プロフィール

遠藤 喨及 東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。 1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。 また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。 遠藤喨及個人ブログページもご覧ください

 


遠藤喨及住職

 

遠藤喨及プロフィール

東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。

1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。

また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。

遠藤喨及、最新ブログ記事 http://endo-ryokyu.com/wp/


 

第三十八回

 

――第三十七回では、バナラシからデリーまで、ようやくたどり着いた
ところまで話を伺ってきました。それにしても、、体調が万全では
ない中でインドを旅するのはきつかったでしょうね、、。

 

住職:なるべく最低ラインの食事で過ごすことを自分に課していた
ことに加えて、直射で50度という、イ ンドで最も暑い時期の旅。
しかもあまり休まずに動いて来て3ヶ月ですから、「気づいたらかなり
消耗していた」というのは確かですね。

 

――そんな中でデリーに着いたんですね。

 

住職:はい。それで数日、うだるように暑い安宿でデリーにいたんですが、
それでも、思いついて、現地の観光バスなんかに乗ったりしていましたね。

 

――へぇー。

 

住職:田舎からやって来たインド人のお登りさんたちと一緒に、
ガンジーの記念碑とかの前で記念写真を撮り合ったりして、けっこう
楽しかったですね。

 

――それなりに気持の余裕はあったんですね。

 

住職:そりゃ 、体力は落ちていたものの、「旅はまだこれから。インドを
出てからが始まりだ」ぐらいに思っていましたからね。

 

――なるほど。

 

住職:それで、ボチボチ北に向かおうか、と考えていたころ、昼間、
部屋で、わけのわからない発作状態になりまして、、、。

 

――えっ? どんな状態なんですか?

 

住職:突然、急激に体温が40度以上にまで上昇したと思ったら、
歯の根も合わないぐらいに寒くて震えだしました。そして気を失った
ようになり、「わあわあ」と、何やら大声でうわごとを叫んでいる
自分がいるんです。

 

――はあ、、。それは、そうとう重症な気がしますね。

 

住職:そして2時間ぐらい続いた後は、ウソのようにピタッと止まり、
静寂に戻るんです。

 

――へえー、、。

 

住職:そうなると、「え! 今の何だったんだろう?」と思うんですが、
まるでわからない。しかし数時間経つと、また同じような状態になるん
です。それが、何度か繰り返されました。

 

――繰り返される、、、。

 

住職:あの暑いインドの安宿で、寝袋に入って布団を全部かけても、
寒くて震えているんです。そしてうわごとを大声で叫んでいる。その
後は、ピタッと止まるのに、また、、、。

 

――それは、恐怖だったでしょうね、、。ピタッと止まるところも
不気味です。

 

住職:もう そうなると、いつ発作が起きるかわからないので、外に
食べに行くのも恐くなります。そんな状態だったんで、とうとう困って、
宿に医者を呼んでもらったんです。その頃は、僕にもまだ、西洋医学を
信じているところがあったんでしょうね。

 

――よほど苦しかったんですね。

 

住職:医者にもよくわからない、という感じだった上、なんか高いなーと
思ったんで、バックパッカーのノリで医者に交渉したら、値引きに
応じてくれました(笑)。まあお互い、どっちもどっちですね。

 

――具合が悪くても値引き交渉とは、(笑)!

 

住職:それで、わけのわからない薬を新聞紙に大量に包んで置いていきま
したが、それも恐ろしくて、とても飲む気にはなれませんでした。

 

――それはそうですね、、。

 

住職:そして翌日もまた発作です。だから、医者を替えたんです。
しかし、同じようなものでした。

 

――そうですか、、。

 

住職:もしかしたらマラリアかなって思いました。
僕は、他の外国人バックパッカーから、キニーネというマラリア予防
薬(かつ治療薬)をもらっていたんです。それで、思い切って飲んで
みました。

 

――ええ、。それで、どうでしたか?

 

住職:しかし、今度は全身的な痙攣が何度か起こりました。たしかに
キニーネの副作用として全身痙攣があるというのは知っていました。
でも、「うあー、やばいな」と思って、飲むのを止めました。

 

――うわあ、、それは不安になりますね。

 

住職:僕は、どんどん絶望的な気持になっていきました。もう自分は
ダメかも知れないな、とも思い始めました。

 

――日本に帰ろうとは思わなかったんですか?

 

住職:片道切符で来ていたし、念のために調べてみたら日本に帰るだけの
お金はなかったんです。

 

――それはまた、、、。

 

住職:いよいよ困って、良い医者はいないか? と思い切って、街に
探しに行ったんです。そうしたら、地元の人が「庶民の味方の名医だ」
という人の地図を書いてくれました。僕は、また発作が起きて歩けなく
ならない内に、と思ってそこに行ったんです。

 

―― ええ、、。

 

住職:そこは粗末な診療所で、庶民の味方という雰囲気が、外見からも
感じ取ることができました。地元のインド人たちに混じって待合い室で
待ちました。

 

――庶民たちですね。

 

住職:僕はもう、かなり絶望的な気分になっていました。そして診察を
受けて自分の症状を伝えたら 、その人が「これはマラリアかも知れない
な」と言うんです。

 

――やはり、、、。マラリアで人が死んだりしますよね。

 

住職:そういえば、バングラデシュのラジョーさんの友人だった、
日本人カメラマンが亡くなったのもマラリアでした。

 

――そうなんですか?お気の毒に、、。現代でもマラリアは 怖い感染症
なんですね。

 

住職:それを聞いて、「ああこりゃだめかな?」と思いました。そして、
医者に何やらピンク色の液体を注射で打たれました。今までの僕だっ
たら、注射なんて拒否していただろうけど、もうかなり絶望していた
んで、半ばヤケみたいに諦めて、打たれてしまったんです。注射を
打たれながら、ああもうこれで自分は死ぬんだな、とか思っていました。

 

――無理もないと思います。

 

住職:でもホントに庶民の味方で、診察費はびっくりするほど安かっ
た。それに人間的にも高潔な感じで、とても優しかったです。

 

――そのような状態の中ですから、少しは安心されたでしょうね。

 

住職:はい、原因がわかったのでホッとしました。しかし、発作は
収まらないし、絶望的な気分は収まりませんでした。僕は、宿に帰って
ひとり考えてしまいました。
自分はもうダメかも知れない。いやダメだろう。もうこれ以上、進む
こともできない上、日本に帰ること もできない、そう思い知りました。

 

――そう、考えざるをえなかったんですね。

 

住職:でも、調べたとき、日本に帰るだけのお金はないけれど、フランス
までの飛行機のチケットの分だけはあったんです。

 

――ええ、、。

 

住職:もっとも切符を買ったら、残るのは150ドルぐらいでした。

 

――その体調の中、フランスに行こうと、、?

 

住職:パリにはフランス人の友人がいて、そこに当面は居候することに
なっていたんです。しかし本人から、自分は生きる意味を失った、
みたいな手紙が来て以来、音信不通になっていました。だから、行っても
会えない可能性は十分にありました。

 

――ええ、、。

 

住職:それでも、道半ばにしてインドで死ぬのはイヤだ。せめてヨー
ロッパまで辿りついて、パリの路上で死ぬ方がマシだと思いました。

 

――パリの路上で、、。

 

住職:それで僕は、意を決してパリ行きの切符を買いました。支払う
時には、もうお金をちゃんと数えられないぐらい、頭が働かないぐらい
の状態でした。

 

――その状態での行動ですから、本当に大変だったでしょうね、、。

 

住職:心配だったのは、「搭乗前にマラリア発作が起きないか」でした。
乗せてくれなくなったら困るなあ、と思いました。「まあ乗ってしま
えば、降ろしはしないだろう」というのが唯一の頼みの綱でした。

 

――ええ、、、。

 

住職:飛行機に乗るまでは生きていたいと思って、安宿で眠れぬままに、
今までの人生を振り返って過ごしていました。

 

――ひとりで恐くなかったですか?

 

住職:マラリア発作も、それから死ぬことも恐かったです。
念仏者として立派に死んで行こうとは思いましたが、恐くて心が
くじけそうになっていました。もっと人々のために尽くしてから
死にたい、と心底思いました。それは本当に思いました。人々が
癒されたり修行できるようなビレッジを創りたかった、と思いました。

 

―続く―

View all posts in this series
Comments are closed.