住職に聴く! タオサンガ篇(8)

住職に聴く!

和田寺の住職は、タオ指圧/気心道の創始者、音楽家など、様々な顔を持つ遠藤喨及(りょうきゅう)さんです。
喨及さんにインタビューして、さまざまな質問に答えてもらいます。
一体どんな言葉が返ってくるのでしょうか・・?

プロフィール

遠藤 喨及 東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。 1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。 また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。 遠藤喨及個人ブログページもご覧ください

 

 

workshop_tyuto2
テルアビブでの仏教ワークショップ

 

 

 

-- 前回のインタビューでは、住職がお念仏を始めたころに

師として出会われたご僧侶の方が、元神風特攻隊のパイロット

だった。そしてその方の法話は、弁栄教学を土台としたものだっ

た、とうかがいました。

 

住職: はい。

 

-- 教学と聞いただけで、「難しそう!」と思ってしまい

ますが、、、。(笑)

 

住職: 弁栄上人の光明大系は、たしかに難しいですね。最初に

聞いた時は、僕は高校中退後の18歳後半だったし、聖書は読

んでいたけど、仏教をテーマにした本なんて二、三冊しか読んだ

ことがなかった、と思います。

 

-- それでも二、三冊は読まれていたんですね。

 

住職: 般若心経の訳とか、数年前に亡くなった紀野一義さん

の本などは少し読んでいました。二十歳になってからは、僕の

憧れの放浪の詩人たちには、仏教がらみの人が多いというのも

ありました。

 

-- どんな人たちですか?

 

住職: 西行法師とか、山頭火とか、放哉とかね。それに一遍上人

なんて、僕にとってはスーパースターでしたね。

 

-- へぇー。

 

住職: それにある意味、弁栄上人こそは、放浪の聖ですよ。

一所不在、家を持たずに全国を伝道して巡っていたのですから。

 

-- そうなんですね。

 

住職: 弁栄上人の伝記を読んだら面白かった。でも、

教義が説かれている光明大系は、経典レベルで、とても理解

できない。

 

-- ああ、そうですか。

 

住職: その方は、1時間の法話中、ずーっとその難解な内容を

説いて下さるのです。でも僕は、必ず眠ってしまっていました。

「起きていよう!」と頑張るのですが、なぜか必ず寝てしまって

いました。

 

-- ははは。

 

住職: 結局、何回法話を聞いても、途中で必ず眠ってしまう。

で、ある時、それはちょうど成人式の日だったんですが、その方の

お寺で4日間の別時念仏(合宿して集中的に修行すること)が

あったんです。

 

-- へぇー。

 

住職: 僕は、東京からヒッチハイクして、茨木市のお寺に

行って参加したんです。

 

-- ああ、そうだったんですか。面白い! 成人式の替わりという

わけですね。

 

住職: 母親が「あんたは成人式すら出ない」と言って、嘆いていま

したよ。あはは。

 

-- あれあれ。

 

住職: で、最初1日、2日は法話に出ていたんですが、やはり

どうしても眠ってしまう。

 

-- ああ、、、。

 

住職: 途中からは開き直って、“どうせ眠ってしまうんだから、

法話に出ても仕方ない”。と、そこに来てた人の子どもと遊んで

いました。

 

-- ようするにさぼっていたんですね。何か言われなかった

ですか?

 

住職: 終了日、最後の念仏が終わった後に、廊下でお上人と

すれちがったんですよ。

 

-- はい。

 

住職: そしたら、すれ違う直前、お上人が僕の前で立ち止まっ

たんです。僕は、“あっ、こりゃ、法話さぼってたこと何か言われるな”と

思いました。

 

-- でしょうね。

 

住職: そしたら、ね。“遠藤くん、よく来てくれたね。ありがとう、

ありがとう”と言って、突然、僕の手を握って、大きく振って握手を

始めるんですよ。それを、もう何度も何度も激しく続けたんです。

 

-- えーっ!?

 

住職: 法話以外では、完全無口、という人だったから、僕はもう

ビックリしちゃって、、、。握手の嵐からようやく解放された後は、

驚きの余韻で、しばらくはボーッとしてたぐらいです。

 

-- へぇー。

 

住職: ただ、僕にしてみたら、これでさぼるお墨付きを得たような

もんです。それからは、法話はさぼって念仏だけ出る、というスタイル

を取っていました。授業をさぼるのは、高校以来お手のものですしね。

 

-- ははは。

 

住職: で、数ヶ月ぐらいたってからだと思いますが、ある時、何気なく

法話にまた出てみたんですよ。そしてら、突然、面白くなっていたん

ですよ。もう、語られる言葉の全ての意味があまりにも深く、本当に面白く

てね。僕は、うなるような気持でノートを取りながら聴くようになったんです。

 

-- へぇー、それはまた劇的な変化ですね。

一体、どういうわけなんでしょう?

 

住職: 念仏だけはしていたから、修行が深まるにしたがって、

わかるようになったのかも知れません、、、。実は、ね。その頃の

メモの一部が、まだ残っているんです。

 

-- あっ、そうなんですか?

 

住職: そういえば、法話の書き起こしもあったかも知れません。それは

僕がしたのではなく、他の方が書き起こされたものですが、、、。

 

まだあるかは不明ですが、法話メモは、家にあるのを探して

みます。おそらく次回に、その一部をご紹介できると思います。

 

-- それは楽しみです!

 

workshop_tyuto
テルアビブでの仏教ワークショップ
View all posts in this series
Comments are closed.