きれいな女性を見るとなぜか見てしまいます

なんでも質問箱

和田寺のなんでも質問箱に寄せられた「人生相談」
ここに、あなたと同じ悩みがあるかもしれません
目からうろこの回答があるかもしれません

プロフィール

遠藤 喨及 東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。 1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。 また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。 遠藤喨及個人ブログページもご覧ください

住職の人生相談コーナー

・・・なんでも質問箱に寄せられた「人生相談」
ここに、あなたと同じ悩みがあるかもしれません
目からうろこの回答があるかもしれません・・・

***********************

◎きれいな女性を見るとなぜか見てしまいます。これは浮気心でしょうか。

ここだけの話、実は僕もそうなんですよー。
どうしたら良いか誰か教えて下さい。バレる前に(もうバレてるかも)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎バチが当たるといいますが、やっぱりこれは神様が当てますか?

当てません。因縁因果の理法がそういう表現になったために起きた誤解です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎絵を描く仕事をしています。ボランティア活動もしていますが、ときどき、自分の仕事も暮らし方も「何ひとつ人の役に立っていない」と感じて気持ちが塞ぎます。ほかの人を「役に立つか立たないか」で判断などしないのに、自分を受け入れるのは難しいのです。
どうしたらいいのでしょうか?

「何ひとつ人の役に立っていない」というより、「自分に存在価値がない」ように感じるのではないですか?
仏さまや神さまと家族みたいな感覚になると、それは消えます。
ぜひ親しくなって下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎ある仏教学者が書いている脳科学を説いた本を読んだのですが、おしゃかさまは霊の存在を否定していると書いてありました。
私は霊の存在は当たり前のようにあると思いますが、おしゃかさまはそのように本当に思っていたのか知りたいです。

お釈迦さまは、霊の存在を否定されたのではありません。
そういう質問には答えなかっただけです。
バラモン教との違いを出す必要もあったし、修行に役に立つわけでもなかったので。残念ながら、その著者の解釈は間違っていますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎亡くなった人のために祈りたいと思うのですが、生きている人であれば幸福や健康を祈ることができますが、亡くなった人に対しては何をどう祈ったらいいのかわからないのです。

冥福を祈るという言葉がありますよね。冥界(霊界)における幸福をお祈りするということです。光ある世界に往き、安らぎと喜びに満たされますように、と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎南無阿弥陀仏と唱えるのと南無妙法蓮華経と唱えるのと、いったい何が違うのでしょうか?

A:南無阿弥陀仏=「仏さまという霊体に帰依する」

B:南無妙法蓮華経=「その存在を説いたお経(法華経/如来寿量品)に帰依する」

Aは、ダイレクト(直接)で、Bはワンクッション置いている。
そんな違いですね。

響きそのものは、Aは優しく、Bは力強い。
ワンクッション置いている分だけ、力強くなる必要があります。

法華経には現世利益を説いている部分もあるだけに、響きに力強さが出るのかも知れません。京都でも昔、商人にBが広まり、それが今や、毎夏恒例の大文字焼きになりました。
僕も、かつて断食しながら十数時間、山で道に迷ったとき、力強い南無妙法蓮華経を唱えていたことがありますよ。

むかしから、社会改革者が好むのが題目ですが、芸術家が好むのは繊細で音楽的な念仏だと思います。だから、能や歌舞伎など日本文化の底流にあるのが念仏なんです。また、死んで往くときは、いまさら商売でもないでしょうから、自分の存在をまるごとそのまま全部、
無条件で抱き取って下さる存在=阿弥陀さまにダイレクトにつながることができる、念仏でしょうね。
それは、“お迎えが来る”ということばが、阿弥陀さまが迎えにきて下さる「来迎思想」から生まれたものからも理解できると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎子供の頃からキリスト教の信者で、お祈りもしています。
でもこの頃は、仏教の教えにも強く惹かれるものを感じています。
私のような状況でお念佛をするというのは、いかがなものでしょうか?

たとえ、教会がいやがったとしても、キリスト様は喜ばれるでしょう。

View all posts in this series
Comments are closed.