お金が ないと生活が不安です

なんでも質問箱

和田寺のなんでも質問箱に寄せられた「人生相談」
ここに、あなたと同じ悩みがあるかもしれません
目からうろこの回答があるかもしれません

プロフィール

遠藤 喨及 東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。 1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。 また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。 遠藤喨及個人ブログページもご覧ください

◎いつも時間を無駄にして後悔することが多いのですが、無駄な時間など
ないと開き直っているところもあります。もっと有効に使えるようになり
たいのですが、どうしたらそういう気持ちになれるのでしょうか。

 

死ぬ直前の自分が、今の自分の行動に対して何と言うか?
常にその目を持って生きているならば、何をしていても良いです。

 


◎現代は、ITの技術無しには社会が成り立たない時代で、家庭でも
パソコン無しでは困るような生活ですが、仏教とITと、何か繋がり
合う点はあるのでしょうか?

 

下記は、今後、「住職に聞く!」に出てくるやり取りです(予定7月号)。

・・・・・

住職:人々のコミュニケーション手段は、IT革命によって飛躍的に
向上しました。これは同時に、大乗仏教の哲理を無意識レベルで浸透
させる、という副次的な効果をもたらしたんです。

--へぇー! いったいそれはどういうものですか?

住職:今までのコミュニケーション手段は、個から個へ、あるいは
一方から一方にしかできませんでした。しかし例えば電子メールでは、
一人が何人に対しても同時に送信することができます。しかも相互に、
かつ同時に、複数が複数に対して、送受信し合うことができます。

--はい。

住職:これは従来の通信手段では、あり得なかったことです。また、
これはコンピューターでしか起こり得ないことです。物理的には
不可能なことです。

--今となっては、当たり前になってしまって、かつての状態を想
像することも難しいですが、、。

住職:実はこれは、「1つの存在が他のすべてを含む。また1つ1つが
相互に含み合っている」という、華厳経が説く、大乗仏教の基本的な
哲理を表しているんです。

 

--そうなんですか?

住職:はい。だから、日々このメール通信のやり取りを行っている人
たちの無意識には、大乗仏教の哲理が1部なりとも浸透しているんです。
今、日本でもまた世界でも仏教ブームが起きています。実はそれ、IT革命
がもたらしている、という面があるんです。

 


◯認知症の方と職場で接していると、同じ事を繰り返し訴えてきたり、
まったく会話がかみ合わない(こちらの言葉がまったく通じない)の
です。切心でいようとしても、すぐに私の思いが出てイラ立ってしまい
ます。どうすれば、相手を思いやる気持ちで踏みとどまれるでしょうか。

 

僕の母親は認知症ではないですが、指圧してあげてもトンチンカンな
ことを言います。それで僕も、前はけっこう切れそうになりました。
でも、ユーモアで乗り切っています。ははは! もうユーモアしかない
ですね。「こんなことで切れているオレって、なんてバカ!」みたいな。

 


◯世の中には、お金持ちでも不幸な人もいて、一方、貧乏でも幸せな人も
います。お金のあるなしは幸せの尺度にはならないとよく言われますが、
それでも現実問題、家族もいるのでお金がないと暮らしていけません。お金が
ないと生活が不安です。ご住職はお金についてどのようにお考えですか?
お金との付き合い方を教えていただけますでしょうか?

 

一般にお金には、不安や恐怖のイメージがついて回っていますね。与えること
も恐く、またもらうもことも、自分にはその価値はないのではないか? と不安
になったり、、、。そして結局は、使わずに溜め込む。すると、予想もしなかっ
た出費で出て行く、、、。結局、自分の幸せとは無関係、、、。このようなこと
のため、お金が好きでない人も多いのです。

お金のイメージは、家族カルマが染み付いています。だから、不安恐怖、ある
いは罪悪感など、自分が抱いているお金のイメージを変える必要があります。
「お金は、自他を幸せにするためにある」という風に解放するのです。

そうなれば、お金をもっと有効に使うことができます。お金が、自他を幸せに
するための道具になります。そして、循環が健康になる。お金は、より増えて
いくことになります。

しかし、そのためには、気と心の修練が必要なので、タオサンガの気と心の
体系に、そのような気と心の修練ワークが組み込まれています。

もし念仏修行に抵抗がないのでしたら、気と心の人生の秘密を学ぶ、「人生クリ
エーション・リトリート」に毎月参加されたら良いと思います。要は、お金の
神さまに好かれるような使い方や、頂き方をするようになられたら良いのです。

download28


◯幼少期から私を悩ませていた命題です。
自ら生命でありながらも、他動植物の命を殺めなければ生存していけ
ない、この善悪の絶対的な矛盾について、どのように考えたらよろしい
のでしょうか?

 

いつまでも考えていないで修行して下さい。念仏回向(えこう)に
よって、一切衆生のたましいが救われるように。その他に、まだ何かあり
ますか?

download29


◯現在、妻と二人で仕事を行なっております。妻は恋人であり、戦友で
あり、師であり、弟子であり、最大の友人であり・・・という関係です。

仕事の内容にはとても強いミッションを感じていて、やり甲斐もあり
ます。しかし、生活環境の変化や、私の意識の変化から、これまでの
友人達とはどうしても疎遠になっていきました。

魂からの対話というものを妻以外の相手ともできるようになることで、
自分の活動や生き方を一緒に磨き上げていく仲間を世界中に増やして
いきたいです。

そこで、遠藤先生に質問です。
どのようにすれば、インスピレーションを共有したり、ミッションを
共有する仲間を見つけられるのでしょうか? 世界中で活躍されている
遠藤先生の経験から教えて頂ければとてもありがたく思います。

 

共有という言葉が2回出てきますが、この共有という言葉は、「自分の
持っている良き何かを他に分かち合う」という意味での共有でしょうか?
あなたの共有という言葉には、「与える」という意味は入っていますか?
それとも、お互いに共通の話題を持つと言った程度でしょうか?

僕は基本的に人間は与えるために存在すると思っているので、与えると
いうことの中にしか、本来共有というのはないと考えます。そして与える
ことを共有することが、一番素晴らしい人生の醍醐味だと思っています。

それはさておき、ご質問に関することが、「自由人の脳」(A-WORKS / 高橋歩著)
という本に書いてあったので引用します。(僕も同感だったので)

「最高の仲間を作る一番の方法を一言で表すなら、『まず自分が、好きな
ことをやり続けていくこと』なんだと思うよ。-中略-
人選なんていうと大げさだけど、核となるメンバーだけは、最後までやるよと
言い切れる奴らでやりたい。
そこだけは信じられる奴が欲しい。逃げ道を持っている人と一緒にやって
いくのは、かんべん。-中略-
まぁ、一番は、俺自身が、『何かあったらいなくなってしまうかもしれない奴』
と一緒にやっていても、ともに成長していく喜びも感じられないし、なんか
ワクワクしないということかな。」

 

それにしても、「妻は恋人であり、戦友であり、師であり、弟子であり、
最大の友人であり・・・という関係です」なんて、さぞステキな奥さん
なんでしょうね! 一度お会いしてみたいぐらいです。

View all posts in this series
Comments are closed.