日本の子どもたちの 眼を輝かせるために何ができるのでしょうか?

なんでも質問箱

和田寺のなんでも質問箱に寄せられた「人生相談」
ここに、あなたと同じ悩みがあるかもしれません
目からうろこの回答があるかもしれません

プロフィール

遠藤 喨及 東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。 1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。 また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。 遠藤喨及個人ブログページもご覧ください

◎今この瞬間を生きるということが、頭ではわかっているのですが、
  気がつくと過去や未来を考えています。今この瞬間を生きるということに
  常にフォーカスしていくにはどうしたら良いでしょうか?
 

 
 「どうしたら?」なんて聞かれてもですねー。それで、「何々を想いなさい」
  なんて、もっともらしい答えを書いたとしてもですねー。その“何々を想って
  いる30秒の時間”があったら、、、、。その30秒で人生を創るための、
  世界を変えるための行動をしたらどうですか?
  30秒間行動のない奴は、30秒の人生をつぶしているんだ! 自らの行動で
  創らない人生に、意味なんかないぞ。


◎“他人は自分の鏡” と言いますが、そこに嫌なことを見てしまった場合、
 どうしたらよいのでしょう? 余裕がない証拠? 疲れているから?
 動じないでいると、そのうちに打ち解ける、とは思いますが、喨及さんの
 お考えはいかがでしょう?



 そんなとき、僕の場合は、「うぅ、、、イヤな奴」と思いますが、そんな風に
 想う自分のことも面白いです。その人のモノマネして笑ったりして、まゆさん
 (奥さん)に叱られますが、結構それなりに楽しみますよ。僕が苦手な人?
 ふふふ、何となくエラそうな人ですね。これ、答えになっているのかな?
 なっていなかったらごめんなさい。


                                   
                                   
◎この人間界が大きく乱れると、天上界や浄土世界にも影響があるので
しょうか。たとえば天上界のバランスが崩れたりとか。
                                    



法華経に、「衆生劫火に焼かれようとも、わが国土は安穏にして、天人常に
充満す」という言葉があります。(すいません。今眠いので、法華経のどの
部分かまでは調べられません、、、。)
                                    
劫火というのは、この世が終わる時代に生じる、世界を焼き尽くす火のことです。
これは、「たとえ人々が世界の終わりに火で焼かれていようも、お浄土は平和と
安らぎに満ちていて、常に天人たちが充満している」とまあ、そういう意味です。
                                    
ようするに、人間界が乱れようと、焼かれようと、天上界や浄土界は常に平和に
満ちていて、何ら影響はないということです。
                                    
それはそうですよね。上位世界が下位世界の影響を受けるなんて、ね、、、。
あったらおかしいでしょ。
                                   


                                   
                                   
◎祖母が生きていた時に、ひどいことをしてそれが未だに忘れられません。
私は痴呆になった祖母に暴力を振るいました。お念仏、懺悔をし続ければ
私の罪は救われるでしょうか。



                                   
救われます。念仏を唱え、お祖母さまの回向して差し上げて下さい。
ずっと続けていくつもりで。
                                   


 

                                   
◎亡くなった人に2時間だけこの世で会って会話することができるので
あれば、住職は誰に会いたいですか。私は遠い人であれば親鸞上人、
近いところで祖父です。
                                   



僕が18才から25才ぐらいまでいた、とある念仏門の指導者だった人
ですね。(弁栄上人の直弟子の弟さんです)
                                   
僕が入門した時点ではすでに故人でしたが、ずいぶんと破天荒な方だった
ようです。
以下は、皆さんからよく聞きいた話です。
                                   
「将棋とかいろんなゲームが大好き。
ゲーム版を見ると顔色がパッと輝くぐらいだった。
堅苦しいのが大嫌い。
過去むちゃくちゃやっていたときの話なんか平気でする。
気さくな人で、誰とでもすぐ仲良くなった。
念仏に来る人を、ニコーッと心から迎えていた。
                                    
2時間の念仏会が毎日あったけど、金曜日だけ休み。
(それはプロレス観戦のためで、うなりながらテレビにかじりついて応援していた)
                                    
それでいて、霊験霊感はあらたか。
不思議なことがたくさんあった。
過去世や来世のことを教えてくれた。
お浄土や地獄など、霊界の様子も教えてくれた。
科学ではまだわかっていない宇宙の謎を、具体的に話して聞かせてくれた。
                                    
温かく人をふあーっと包むような雰囲気。
本当に嬉しそうな顔で笑っていた。
                                    
道場は、念仏するだけでなく、人がゲームをしたりお酒を飲んだりもしていた。
そんな賑やかなことが大好きな人だった。」
                                    
僕がタオサンガはそんな道場でいて欲しいなって願うのは、心の中に、そんな
妙聖師のイメージが、今でも息づいているからではないかと思います、、、。
                                    
2時間会ったら、将棋したりチャトランガ教えてあげたりして、一緒に遊びたい、、、。
                                    

 

◎ケニア、タンザニアを訪問する機会があり、その時に感じたことがあります。
それは、マサイの子どもたちの眼が輝いていることでした。日本の子どもたちの
眼を輝かせるために何ができるのでしょうか?




それはもちろん、チャトランガを流行らせることですよ、ははは ^ ^)/

http://taosangha.com/jushoku-commentaries/charitx_interview1/




View all posts in this series
Comments are closed.