仏様の声を聞かれたことはありますか? 

なんでも質問箱

和田寺のなんでも質問箱に寄せられた「人生相談」
ここに、あなたと同じ悩みがあるかもしれません
目からうろこの回答があるかもしれません

プロフィール

遠藤 喨及 東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。 1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。 また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。 遠藤喨及個人ブログページもご覧ください

 

◎仏様の声を聞かれたことはありますか? もし聞かれたことがあるのでしたら女性に
近いのか男性に近いのか教えてください。


面白い質問ですねー! 

外からというより、自分の中から聴こえる声なんで、男女の違い的な感じはなかったです。

あえて言えば、両性具有的で、かつそれを超えているような、、、。


 

◎愚痴を言う人の近くにいると気分が重くなるのですが、やはり「運気」は下がるでしょうか?


気分が重くなるときって、とても運気が上がっている、とは言えないでしょうね。


 

 

 

◎遠藤ご住職の著書『気の幸福力・気心道とタオ指圧』を拝読いたしました。
その中で、「人間には肉体の他に、目に見えない肉体の他に、気のからだ、
霊のからだ、仏性からだ、法体という目に見えないからだがあります。
これら四つの目に見えないからだを総称して、“五体”と呼んでいます。
五体のすべては、誰もが、気で体感できるようになります。」と記されて
ありました。びっくりしましたが、私もいつか体験してみたいと思っています。
ところで、肉体の死後、目に見えない四つの目に見えない体はどうなるので
しょうか?



popo_yid-img600x450-1445066037unlqny30050


タオサンガでちょっと修行したら、そんなのすぐに体験できますけど、、、。
(まあ縁がありましたら、その内どうぞ)
ところで仏教では、肉体の死後に現在の自分と同じような意識が持続するとは
考えていないのです。死後、「識」は継続しますが、識というのは、無意識
レベルなので、別ものと思った方がいいです。赤ちゃんのとき、子どもの
とき、大人になってからの世界観の3つが同じではない、というより、それ以上の違いです。


fractal-1076861_960_720



 

 

◎私は既婚(性別女)です。
最近、男性、女性を問わず、魅力的な人との出会いが増えて、みなさんとの
交流を心から楽しんでいるのですが、その中で、特定の男性に心が向いてし
まう、こだわってしまう、好きだなと思ってしまうことがあります。五戒文
にも、姦淫してはならない、とありますし、たとえ心の中のことでも、いけ
ないかな、と思う一方で、そのこだわりがあるのを認めつつ、心を広い世界
へ向けていく努力をすれば大丈夫かなと思ったりします。時折、そのこだわ
りに気を取られて、心が乱れ、失敗をする(大きく我に傾いた行動をとる)
こともあるので、その気持ちをどうやって整えたらよいか、アドバイスを
お願いいたします。



おお! 青春していますねー!
そもそも恋愛感情は、内なる異性を他に投影することで起こるものです。
(いわゆる「ワタシの好きなタイプ」というのは、自分の内なる異性にイメージが近い人を
言います)だから、ドキドキしたりするのですが、自分のイメージを投影した
相手は、実際の内なる異性とは同じではあり得ず、必ず大きくズレているのです。
残念ながら、、、。

それが宇宙の法則なんですね、なぜかというと、人間は自分と真逆の性格の
相手に惹かれるようになっています。(まったく真逆だとダメなので、同じ
部分もある)まあそんな人間関係的ダイナミズムが発生するのは、「お付き合い」
ようになってからですが。

自分のイメージの投影だということがわかっていれば、ドキドキするぐらい
いいんじゃないですか? だって、青春だもの。

ご主人にドキドキするようになる方法もありますよ。ご主人を誉めまくって、
「旦那は最高だ!」と「自分を」洗脳することです。
結果、1人の教祖と1人の信者がいる2人のカルト教団ができて、めでたし
めでたしになりますよ。

主人が教祖になるのかだって? 違いますよ。教祖はあなたですよ。

ご主人は骨抜きになって、何でもあなたの言うことを聞いてくれるようになります。
これをカルト信者と言わずして何と言いましょうか?


background-1227545_960_720



 

 

 

◎仕事ができる人とできない人というのを比較することは、私はいいとは
思わないですが、できる限りのことを一生懸命する人と、できるのにワザと
やらないうえに、特に上司には仕事をしているように見せる2つのタイプの
人が同じ職場にいます。
その影響で一生懸命仕事をしている人の仕事が増えて負担になり辞める相談を
受けました。仏教の観点から、後者のようなズルい人も受け入れなければ
ならないのでしょうか。ズルいと思う私がおかしいのでしょうか。



どうして「仏教の観点から、ズルい人を受け入れなければならない」とか、
「自分の思うことを否定しなければならない」と思うのでしょうか?

仏教って、そんな不自然な教えなんですかね?
問題は、辞める相談をあなたにした人が、「できるのにワザとやらない
ようにしている(と思われる)人に対して、はっきりと文句が言えない」
ことにあるのではないですか? ならば、その人もあなたも気が弱い
みたいだから、同じように感じている人を集めて(他にいなければ2人で)、
「テメー好い加減にしろよ。でないと2人で上司に言いつけっぞ」と、
極めて冷静にお上品にお伝えするか、それもできなきゃ上司にぶちまけるか、、、。


cat-334383_960_720



ただし、そういう人に限って上司の受けが良かったりするんですよねー、きっと。
いずれにしても、その人がズルい人に立ち向かうお手伝いをする、ことぐらい
しかできないですねー。でも、辞める相談をした人って、仕事自体の大変さよりも、
その人がイヤだという感情的ストレスの方が大きいのではないでしょうか?



cat-1233034_960_720




 

 

View all posts in this series
Comments are closed.