チルチルとミチルは、旅に出ずして幸せに気付くことが可能だったと思われますか?

なんでも質問箱

和田寺のなんでも質問箱に寄せられた「人生相談」
ここに、あなたと同じ悩みがあるかもしれません
目からうろこの回答があるかもしれません

プロフィール

遠藤 喨及 東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。 1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。 また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。 遠藤喨及個人ブログページもご覧ください

 

 

◎小学1年生の息子がトイレの戸を開けっぱなしにしたり、

スリッパが散らばっていたり、電気をつけっぱなしにすること

に対して、注意しているうちに怒ってしまい、泣かせてしまいます。

またやってしまった(怒ってしまった)と毎回後悔するのですが、

繰り返してしまいます。どうしたらよいでしょうか?





僕の見立てでは、息子さんは天才です。

天才として開花するか、それとも子供の内に芽が摘まれて

しまうかは、お母さんがどう関わるかにもよると思います。




アインシュタインなどは、完全に息子さんタイプだったと思います。

でもアインシュタインのお母さんは、「現実を忘れるぐらいあんたは

天才なんだ!」とかえって褒めていたぐらいだと思います。(ユダヤ

人のお母さんは概してそうですので)




息子さんをこのままの状態で天才として開花させるのか?

それとも、息子さんに電気代をセーブさせたりスリッパをきちんと

させて、才能の芽を摘むのか?

お母さんとしては、どちらが良いですか? 




神様は、天才は日常のことなんか多少できなくても仕方ない

よね、と思っています。




それに子供って、親が愛して褒めていたら、間違いく良い子に

育ちますよ。






◎ナポレオンは3時間、タレントの武井壮は45分だそうですが、

人間の適正な睡眠時間はどのくらいでしょうか?





人間一般の適正なんてあるはずない、と思いません? 

人それぞれなんだから、さ。




 

 

◎もと大家さんとお金の問題で揉めています。

多額ではありませんが、返すつもりは毛頭ない様ですし、

悪い噂も耳にします。司法に訴えても、戦ったほうがいいのか、

諦めたほうがいいのか迷っています。





「敷金を返してくれない」というよくある話ですね。

サイトにもいろいろ掲載されているようです。

http://hibinote.net/3802.html




「揉めている」ということはすでに交渉したということなので

しょうかね? 交渉でラチが開かないようなら、簡易裁判所の

調停か、簡易裁判ですね。http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_04_01/




区役所などでやっている無料法律相談などで、調停のやり方を

教えてもらうと良いでしょう。




このままでは他の方も被害に合うことになるので、頑張って敷金を

取り戻してください。





 

 

◎童話「青い鳥」は身近な幸せに気付かず、遠くに答えを探して

いるうちに幸せを逃がしてしまうというストーリーですが、主人公の

チルチルとミチルは、旅に出ずして幸せに気付くことが可能だった

と思われますか?

多くの人が、頭ではわかっていながら実際には失ってみないと

本当にわからないということが往々にしてあると思います。

後になって、自分はなんてバカだったのだろう、と・・・

身近な幸せの真の価値を実感しながら生きるために、どうしたら

よいのでしょうか?





昔話で旅が出て来たら、それは心の旅のことですよ。

自分や家族だけの狭い世界などに住まず、日常を壊すような

心の旅に出ましょう。

日常に埋没していては、身近な幸せなどに気づくことはありま

せんから。






 

 

◎「目をつぶると、こわいものが見えるから、目をつぶらないっ!」

そう言ってお昼寝を拒否る娘への対応を教えてください。T_T 





不思議でならないです。

僕は“なぜお母さんは、「この子には、一体どんなものが見えている

んだろう?」って興味を持たないんだろうか?”って思うからです。




子供に何が見えているのかは、お昼寝をするかどうかより、よほど

重要なことではないでしょうか? 




そりゃ家事もあるでしょう。

日々、お忙しいことでしょう。

ちょっとでもお昼寝してくれたら、その時間だけでも他のことができる

のに、と思うことでしょう。

それに、育児書にだって「お昼寝は大事だからさせなさい」と書いて

あるかも知れません。




でも、子供の心の世界に大人がどうつき合うかは、その子の将来に

影響するのです。




子供は皆、この世に生きる怖さを感じています。

それが言語化できないので、目を瞑るとそれが幻影という形を取って

見えてしまうのかも知れません。







でも、そんな子供の心の世界に、大人が一緒に入って行ったら、

子供は安心するので、この世に生きる怖さがなくなるのです。




そこで僕なら、まず興味津々でインタビューしますね。

「どんなものが見えるの?」とか、「どういう風に怖いの?」とか。




あるいは、お子さんは、僕ら大人なんかには見えない、別次元の

存在を見てるのかも知れないですよ。




だったら、そんなすごい子の話を聞けるなんて、滅多にない

チャンスですしね。




きっと僕だったら、「その話聴かせて~」とせがみ、絵なんか

描いてもらったりします。他のことなんかそっちのけで。




そして「見えるもの」にまつわる物語を聞かせてもらいます。

もしかしたらお子さんも、そうして欲しいのではないかな、と思います。




「子供はあの世とこの世を行ったり来たりしている存在」(河合隼雄

の著書より引用)なので、子供が実体験しているあの世の話を、

周囲の大人が聴いてあげることで、子供はだんだんこの世に着地

していくのだと思います。 




お昼寝しなくても、良い子に育てば良いんじゃないですか?





View all posts in this series
Comments are closed.