質問箱 アーカイブ 不安が次から次へと出てきて心がくるしい時、どうしたら乗り越えられますか?

なんでも質問箱

和田寺のなんでも質問箱に寄せられた「人生相談」
ここに、あなたと同じ悩みがあるかもしれません
目からうろこの回答があるかもしれません

プロフィール

遠藤 喨及 東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。 1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。 また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。 遠藤喨及個人ブログページもご覧ください
◎母親の言った意見を自分の意見にして、母親のいう事が正しいと
思って生きてきました。
自分の意見がなく、どうしたらいいかわからないのです。

今でもお母様のいうことが正しいと思っているなら、
問題ないんじゃないですか?

それでも、お母様の言うことで正しくないと思うことがあったら、
自分が正しいと思うことをやれば良いのです.

(ただし、必ず反対されるだろうから、お母様には必ず内緒で)。
この“内緒でやる”というところがポイントですよ。



 

◎不安が次から次へと出てきて心がくるしい時、どうしたら乗り越え
 られますか。

不安の内容と、それが何を象徴しているかによるから、
もう少しお話しを聞いてみないと何とも言えないのですが、
たとえば僕自身も不安だらけでした。

16、17才の頃の僕は、家出していて、窓を開けるのも不安、
ということがありました。

僕の場合のそれは、きっと世間の思い込みから自分を自由にすること
への不安だったんでしょうね。

世間は不安を煽ることで成り立っていますから。

“オマエ、しっかり学校に行かないと、この先、生きていけんぞ”とかね。
そんなのは一例で、僕も子どもの頃から不安が星の数ほど次々にやっ
て来て、さんざん苦しみました。

原因不明の不安でない限り、不安を乗り越える方法の1つは、
それを実際にやってみることです
(高校辞めるのって、落ちこぼれる
みたいで不安だったけど、実際、辞めてみたら大したことなかったです)。

得体の知れない不安だったら、不安に「てめー、何が言いたいんだよ」
と聞いてみて下さい。

きっと、これはあなたにとっては、人生における
禅の「公案」(師匠が弟子に授ける「問い」)だと思うから。

ご質問が抽象的だったので、抽象的な答えしかできませんが、、。


「なんでも質問箱」では 
悩み事、人生相談、住職への質問など、募集しております。  
下記アドレスまでお送りください。 

sangha_creater@yahoo.co.jp 

View all posts in this series
Comments are closed.