自分の仕事も暮らし方も「何ひとつ人の役に立っていない」と感じて気持ちが塞ぎます。どうしたらいいのでしょうか?

New!

なんでも質問箱

和田寺のなんでも質問箱に寄せられた「人生相談」
ここに、あなたと同じ悩みがあるかもしれません
目からうろこの回答があるかもしれません

プロフィール

遠藤 喨及 東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。 1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。 また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。 遠藤喨及個人ブログページもご覧ください

 

◎絵を描く仕事をしています。ボランティア活動もしていますが、

ときどき、自分の仕事も暮らし方も「何ひとつ人の役に立っていない」
と感じて気持ちが塞ぎます。

ほかの人を「役に立つか立たないか」で判断などしないのに、
自分を受け入れるのは難しいのです。

どうしたらいいのでしょうか?



「何ひとつ人の役に立っていない」というより、

「自分に存在価値がない」ように感じるのではないですか?

仏さまや神さまと家族みたいな感覚になると、それは消えます。

ぜひ親しくなって下さい。


◎亡くなった人のために祈りたいと思うのですが、

 生きている人であれば幸福や健康を祈ることができますが
 
亡くなった人に対しては何をどう祈ったらいいのかわからないのです。


 冥福を祈るという言葉がありますよね。

 冥界(霊界)における幸福をお祈りするということです。

 光ある世界に往き、安らぎと喜びに満たされますように、と。 





「なんでも質問箱」では

悩み事、人生相談、住職への質問など、 募集しております。 

下記アドレスまでお送りください。

 sangha_creater@yahoo.co.jp 

 

View all posts in this series
Comments are closed.