忘れられない恋愛があります

なんでも質問箱

和田寺のなんでも質問箱に寄せられた「人生相談」
ここに、あなたと同じ悩みがあるかもしれません
目からうろこの回答があるかもしれません

プロフィール

遠藤 喨及 東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。 1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。 また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。 遠藤喨及個人ブログページもご覧ください

住職の人生相談コーナー

                               

・・・なんでも質問箱に寄せられた「人生相談」

ここに、あなたと同じ悩みがあるかもしれません

目からうろこの回答があるかもしれません・・・

                              

 

***********************

 

◎忘れられない恋愛があり、そのために次に進めずとても困っています。
どうしたらいいでしょうか?

 

 

その後の物語の展開がなかったら、たしかに相手は美化されますね。
うーん、これはどうしたら良いんだろう? 過去のイメージが相手では、
現実の異性は誰も太刀打ちできないほど、美化されるだろうし、、、。

ならば、自分が好きな人よりもむしろ、「自分が幸せにして上げたいと
思う異性の“お友だち”が出てきたら、異性としておつき合いする」

というのは、どうでしょう?
お友だちとしておつき合いできる人は、良いパートナーになるでしょうから。

 


◎浄土に行ったら死んだ人にまた会えますか。

 

 

会えます。天上界以下だと、浄土の人(?)には会えませんが、逆は可です。

 

 


◎神様と仏様の違いはなんでしょうか?

 

 

同じ質問に以前お答えしています。

*9月号をご覧ください。

http://taosangha.com/question-box/question88_93/

 

 


◎こわい宗教と正しい宗教の違いを教えてください。

 

 

これは、悪い宗教と良い宗教という意味でしょうか?
だったら、宗教に良いも悪いもありません。悪い人と良い人がいるだけです。
しかし、もしご質問が、「こわい宗教と正しい宗教」と、言葉通りでしたら、、、、。
うーん。まず、「宗教」に対しては、ほとんどの人がこれを「信仰の団体」
というイメージで捉えていますよね。

僕は、宇宙大霊を「宗教」という枠で捉えようとする、人間のエゴの
の方が、むしろ“こわい”です。宗教を肯定しようと否定しようと。
人間が自分のエゴに気づかないとき、本人的にはそれは
“正しい”と思っているので、そこがこわいのです。
僕的には、宇宙大霊の道を「宗教」という枠で捉えている限り、これを
どう思っていようと、正しいと思えませんね。こわい、もの。

僕にとってこわくないこと。それは、宗教という枠で捉えずに、
宇宙大霊の道を歩むことです。
あなたも、宇宙大霊の実体を体感すれば、その道を「宗教」という枠では
捉えなくなりますよ。こわいのは宗教でなくて、人間です。
それに、大霊の道が「宗教」なんかの枠でくくれるはず。ないじゃないですかあ!


◎住職は、常日頃から大変に記憶力がおありになりますが、
それは才能ですか?それとも集中力ですか?

 

 

いや、他のことを忘れる能力です。方向音痴だし。

 

 


◎布施の行為と、利他の行為とは分けられるものなのですか?

 

 

布施とは、「如来の大愛を他に分かつ(法を広める)ための、すべての行為」

のことです。

利他は、他者にとって良かれとなる行為です。もっとも、利他の目的が、

法を広めるためとは限りません。布施は利他を含みますが、

利他が必ずしも布施を含むとは限りません。

たとえば、海外援助の活動は利他ですが、布施ではありません。

とはいえ、利他を含まない布施はありません。


 

 


◎喨及先生は、「ワークショップなどの中で、学びに来る人が、以前は全く
受け入れられなかった仏教的な(宗教的なあるいは精神世界的な)ものを
人々が以前よりずっと受け入れるようになった。以前は反感が強く、お念仏を
すすめることも無理だった」とおっしゃっていました。
私はこれを聞いて、「ついに人類も愛と阿弥陀様に目覚め始めたか」と理解し、
うれしくなりました。

ですが、ひとたび現実に目を戻すと、世界は悪くなる一方のようにしか見受け
られません。現政権の憲法改正(悪)案、秘密保護法案、福島の原発事故の
問題、やむにやまれぬ思いで天皇陛下に手紙を渡した山本議員へのマスコミの
非難などなど、、。いったい彼らはどこに向かっているつもりなのでしょうか?
日本に、世界に、平和は訪れるのでしょうか?

「気の世界」の変化は現実に先行すると言われます。でも、こんな現状をみると、
指導層の方々には阿弥陀様が訪れている気配はありません。
日本の指導層に阿弥陀様は微笑まないのでしょうか?

 

 

「社会全体のエゴは、権力を持っている者の行為として、顕著に顕われる」

のです。彼らのネガティブな行為は、「私たちを含む」社会全体の影です。

(注:無責任もネガティブな行為です)

                               

「私たちを含む」と書いたのは、国にしても東電にしても、またマスコミに

しても、実際には、末端で権力に命じられて働く者があってこそ成り立って

いるからです。

                                  

末端の彼らは、私たちと何ら変わることのない、権力を持たない一般の人です。

彼らは、“自分の生活のため”という大義名分のもとに、上の意向に沿って

動きます。

                                  

もし私たちが、彼らと同じように、人類全体よりも“自分の生活のため”や

“家族を養うため”を優先して生きているならば、彼らと同じ立場になったら、

間違いなく彼らと同じことをしていることでしょう。

                                   

ということは、ですよ、、、。権力を握ってネガティブな行為をしている連中は、

私たち人類全体の影(カルマ)を背負って、そのような行為を、「私たちの

代理として」行っているということです。

                                   

私たち人類の中で、「自分の個人や家族エゴよりも、利他に生きる人、人生に

損得よりも気貴さを求める人、、、。

そんな人だけが、たとえ自分と家族の生活を支える職を追われても、世界の

子どもたちや人々の健康を守るために、世界を変える行動をするのですよ。

                                   

そしてそのような複数の人々が現れることにより、ネガティブな行為をする

会社や政治家を立ち行かなくさせ、いつしか社会全体を替えていくのです。

                                   

タオサンガが自ら修行し、また修行を人に勧めるのは、そのような人が

増えて欲しいからです。弘通は、世界をより良く変えるためなのです。

                                   

権力者の行動は、私たちの影の反映です。だから、私たちは自らの影に直面し、

エゴを乗り越えて行かなくてはなりません。利他的に生きなくてはなりません。

                                   

人々が、仏教的なものを受け入れられるようになったということは、

利他に生きる心の種が、以前よりは増えて来たということです。

                                   

これがやがて修行を伴うようになり、さらに矮小なエゴを乗り越えた生き方に

なっていくことで、はじめて本当に、人類は世界をより良いものに変えて行くのです。

                                      

私たち1人1人の心が、生き方が世界を変える。

どうかあなたも、努力して下さいね。

 

 

 

View all posts in this series
Comments are closed.