念仏とは、とどのつまり、何なのでしょうか?

なんでも質問箱

和田寺のなんでも質問箱に寄せられた「人生相談」
ここに、あなたと同じ悩みがあるかもしれません
目からうろこの回答があるかもしれません

プロフィール

遠藤 喨及 東京に生まれ、少年期をニューヨークで過ごす。浄土宗和田寺住職、タオ指圧/気心道創始者、ミュージシャン、平和活動家、ゲーム発明家など、さまざまな顔を持つ、タオサンガ・インターナショナル代表。 1990年頃より、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなどの世界各地で、タオ指圧、気心道、また念仏ワークショップ等を行い始める。 また、それらの足跡によって、世界各地のタオサンガが生まれ、現在、各センターは、仏教の修行道場、タオ指圧*気心道などの各教室、海外援助を行っている。 遠藤喨及個人ブログページもご覧ください

住職の人生相談コーナー

                               

・・・なんでも質問箱に寄せられた「人生相談」

ここに、あなたと同じ悩みがあるかもしれません

目からうろこの回答があるかもしれません・・・

                              

 

***********************

 

 

 

◎我がでていることに気づき、それを抑える、1人でもできる方法は

ありますか?

念仏を唱えながら懺悔します。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◯女房とケンカした時に限って、なぜかタイプの女性と何人もすれ違う

のですよ。これは罠ですか?

すべての男性には、アニマ(内なる女性)がいて、そのイメージを

投影して恋愛感情を抱いたりします。アニマが成長することにしたがっ

て惹かれる対象が変わるのですが、この場合はそんなのとは違うよう

ですね。

単に奥さんとうまくいかなくなったから、アニマを投影する対象を

ヨソに見るという、ことですね。そういう罠的なアレンジメントが

人生で、ままあることは、心理学の本に出てきたりしますね。

成功した男性が奥さんとうまくいかなくなり、ちょうどうまいぐあいに

別の女性と出会うという。しかしそれは投影なので、状況が変われば、

あっさりと冷めるという話です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◯身過ぎ世過ぎではない「タオ療法」を修得するために、身過ぎ世過ぎの

仕事をしなければならない矛盾を、どう解消すればいいでしょうか?

やっている仕事が、身過ぎ世過ぎのためかどうかは、すべて気持次第では

ないでしょうか? 道元禅師も、渡船を漕いでいても、心次第でその仕事は

布施なのだ、と言われています。

                                   

やくざ稼業のようなものでない限りは、どんな仕事も世の中のために

存在しているのではないでしょうか?

もしご自分のお仕事を身過ぎ世過ぎのためにやっていれば、タオ療法

やろうと何をやろうと、それは身過ぎ世過ぎのためになるのではないで

しょうか? 

逆にどんな仕事をしていても、世の中のためにという気持で、修行として

やっていれば、身過ぎ世過ぎのためでないタオ療法にと転じることも

できるでしょうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◯念仏とは、とどのつまり、何なのでしょうか?

人間存在の悲しさを骨身に沁みて感じ、至上の幸福を求める人が、

藁をもつかむような気持になった時に、自然に目の前に現れる道の

ことを言います。

                                   

                                   

もしかしたら、あなたの目の前には、まだ現れていないのでしょうか? 

溺れかけて藁をつかんだ人が「これはとどのつまり何なんだ?」なんて

考えるかな?と、僕は思うからですが、、、。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◯お念仏をすると気持ちが楽になります。なぜ楽になるのでしょうか。

心身が楽になりますね。それまで救われていなかったご先祖などの

縁あるたましいが、救われて天上界に往くと、その反映で自分の心身

が楽になります。カルマが浄化されても楽になるし、無意識にポジティ

ブな種が増えても心身が楽になりますね。

securedownload5

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◯和田寺は修行道場だと思いますが、お葬式もできますか。

ご希望があれば、可能です。

 

 

View all posts in this series
Comments are closed.