念仏ハイ!2016  感想文集1

タオサンガNEWS!

海外、国内のタオサンガのニュースをピックアップして紹介します。以前のワークショップ&修業体験、おもしろ紹介コーナーの記事も読んでいただけます。

 

念仏ハイ!とは・・・?

何日か、お寺にこもって思いっきり和田寺タオサンガのお念佛をしよう!

というものです。その中には、さまざまなワークによってお念佛のイメージを

気で感じたり、感想をシェアする時間、グループに分かれて交代で参加者のごはんを

つくったり、ベビーシッターをしたり、温泉に行ったりなどの、、

非日常感たっぷりの時間です。

2016年10月のはじめ、長野上諏訪の霊場 浄土宗阿弥陀寺にて行われました。

数日をお念佛に浸って過ごした人たちは、どんなことを感じたのでしょうか?

参加者たちの感想を数回に分けてご紹介いたします。


amidaji18

阿弥陀寺から望む諏訪湖。時間のうつろいで変化する色はお浄土のよう・・・


 

 

「今までにない、とても素晴らしい念仏体験!」
岩船陽子

本堂での最後の短いお念仏は、
浄土宗和田寺住職の喨及さんが導師をしてくださった。                  

こんな風に書くと、ちょっと嘘っぽいかもしれないけれど、
“一瞬、超スピードの銀河鉄道に乗って宇宙を上昇していて、
なんとか振り落とされないようにしよう”としている自分がいた。

最後の四礼はとてもきれいで、光が輝くような気がした。
“すばらしい芸術とは、神様とつながることなんだなー”と、
ふと思った。

阿弥陀寺から家に帰ってきたときも、
私の心は静かな興奮状態で、自分の体験について話をしようとすると
(何の涙か説明できないけど、感謝、感動、恥ずかしさがいりまじったような)涙が少し浮かぶ状態だった。

 

「念仏、人と一体になることのすごさ」 

明生

大人数で念仏を唱えている内に、全員が一体になったような瞬間が何度かあり、その時の感覚はものすごかったです。

 

「私は、やはりこの道に向かいたいんだ」

本島陽子

ときに雑念や睡魔に教われながらも、

必死に、メソッドに沿って念仏を行いました。必死に必死に、、、。

合宿が終わったあと、参加する前まであった、もやもやが晴れていました。

 

「百千万劫生まれ変わってもなかなかないチャンス」

中河妙水

もしお念佛に出会っていなければ、、私は自分の人生の暗い予感を払拭できないまま闇に飲み込まれていたのではないか?

そうなっていないのは、お念佛のお陰ではないか?

そう強く感じるようになりました。

 

「夢のような4日間」

大森未久

時間の感覚や身体感覚がいつもと違い、ハ イ!になっていたと思います。

夢のような4日間でした。

 

「諸精霊が救済された、という実感」

横内優枝

国も言葉も宗教も違う人たちが、阿弥陀寺に集まり、皆ひとつになってお念佛出来た事。そこに参加させて頂けた事。貴重な体験をさせて頂けた事に感謝します。

 

「この心を伝えていきたい」 

後藤光妙

山を下りてからが本当の修行になるのだと感じた。

「自分は何のために修行をしているのか?」

それをもっと深く、自分の心に問いたい。

如来様を真正面にいただき、自己愛でも自己満足でもなく、自己承認でも自己欺瞞でもなく、自分の心と向きあいたい。

如来様の願い、サンガの願いとひとつになって、この心を伝えていきたい。

 

阿弥陀寺の本堂。


amidaji17


 

Comments are closed.