BE FREE!上映会報告

タオサンガNEWS!

海外、国内のタオサンガのニュースをピックアップして紹介します。以前のワークショップ&修業体験、おもしろ紹介コーナーの記事も読んでいただけます。

ここ実ハウスのおかあさん

 

アースキャラバンとは、和田寺の住職遠藤喨及さんが呼びかけ人になって
2015年から始まった巡礼の旅のこと、、。

戦争などで傷ついた土地、今もなお傷つき続けている土地を原爆の残り火を運びながら、、
日本を縦断するピースサイクリング。

また、土地土地でピースコンサートやチャリティ・イベント、平和の祈りなどをしながら
日本各地、世界各地を巡った。

そんな2015年ア―スキャラバンの軌跡を追ったドキュメンタリー映画が、
『BE FREE!原爆の残り火をパレスチナへ』。

6月25日、その上映会が東京要町のここ実シェアハウスで開催された。

——————————————————

鈴木監督より(facebookの投稿より転載)

同じ映画を見たのに、皆さん全然感想が違うのが、
なんとも不思議で面白かったです。

ある方は、教え子の差別意識の芽生えに涙し、

ある方は、裁かないことについて語り、

ある方は、自分を支配する見えない壁に気づき、

え?同じ映画の感想だよね?というぐらいバラバラ。

ああ、そんな見方もあるのかと、一々感心してしまい、
それぞれ腑に落ちてきて、ぐっと自分の中の世界が広がりました。

 

 

みんな意見が違う。

だから世界は面白いんだよな、と改めて思いました。

(自分がもし王様で、自分が「白」と言ったら、
周りも「それは白ですね」という世界は、相当ツマラナイんじゃないかな。
あれ?どっかの国の総理大臣、それを求めてる?)

 

映画にも出演していただいた被爆者の田中 煕巳さんも駆けつけてくださいました。

(田中さんは、13歳のとき長崎原爆に遭い、親戚を5人も亡くされてます。
トータル20年も被団協の事務局長を務められ、国連でスピーチされたりと、
世界の核兵器廃絶運動を引っ張って来られました)

お元気そうで、うれしかったです!

Comments are closed.