住職に聴く!トランプ革命、ハルマゲドンの闘い(6)

ーー いよいよ就任式ですねぇ。

 

住職: 18日に放送されたテレビの

動画の言葉の解釈で、今日は、議論が

飛び交っていました。

 

ーー どんなものですか?

 

住職: ‘A :軍への平和的な権力移行

Peaceful transition to military power’

あるいは下記かです。

B: 軍の平和的な権力が移行

‘Peaceful transition of military power’

https://twitter.com/ANT159694954/status/1351246361744830488

一瞬、僕もAかな?と思って、

「ああ。やっぱりそうなったのか……。」

と思ったんです。

ですが、「もし、フェイクだったらシェア

できないな」と思って、

他の情報もサーチしました。

 

ーー どうでしたか?

 

住職: 新聞で軍の高官(総合参謀本部)

が、「軍に選挙結果を論議する役割は

ない」と話していましたから、否定的

ですね。

https://www.newsmax.com/us/military-peaceful-transition-of-power-mark-milley/2020/11/03/id/995133/

 

ーー トランプ革命は成功しなかったん

ですかね…….

 

住職: その他、トランプ陣営による、

緊急放送の準備WEBサイトが立ち上

がっていまして……。

 

ーー えっ、あのウワサの「すべての

テレビ・ラジオを10日間シャット

ダウンして、真実を知らせる」という

放送ですか? 

じゃあ、いよいよ始まるんですか!?

 

 

住職: 非常にうまくできているんですが、

どうもフェイクっぽいんですよ。

 

ーー そうですか……

 

住職: 僕も、これは、民衆にぬか喜び

させて、「ディープステートの金融支配

から自由になる夢は砕けだ。

希望を持って何をやっても、結局は

ダメなんだ…..」と無力感を抱かせるため

のものかな、と思いました。

 

ーー万が一、トランプがそのための役者だったとしたら、、、

 

住職::純粋に生命をかけてやっている、

トランプ陣営のリンウッド弁護士 やシドニーパウエル弁護士なども、

すっかり騙されていたことになりますね。

 

ーー ううぅ、、、。

 

住職: 僕もリンウッド とか、

シドニーパウエルのただずまいで、

肩入れを始めたところがありますが……。

 

ーー そうなんですか。

 

住職: あとは、何と言っても、

支持者の人々の気持ちですね。

人々はベトナム反戦、ウォールストリー

ト占拠運動を経て、今回のトランプ革命に

「今度こそ、世の中が変わる!」

と夢をかけていましたからね。

 

ーー ……

 

住職: 方では、大変、楽観的な動画や

記事もありました。

 

ーー そうですか!

 

住職: Natural  News というものです。

「ここ数日は、悲観的でした。

しかし今、私は、

リン・ウッドの情報源を知っています。

そして、彼の楽観的なものの見方が、

理にかなっていることだと分かりました。

ワシントンDCの軍事野営地は、実際には

収容施設でありまもなく軍事法廷を

主催する予定です。アメリカは憲法に基

づいて運営されます。」というものです

Brighteon.com/d3a3792e-8d5d-4990-868a-87566077c09c

 

ーー それは、すごい!

 

住職: ただ、氣という観点から言えば、

トランプの氣をあまり感じないんです

よね。

だから、もし、この民衆革命が成功する

にしても、軍に権力を移行させた上では

ないでしょうか?

それ意外には、もう手はないですしね。

 

ーー もし、そうならなかったら、

どうなるんでしょうか?

 

住職: 人々の自由への夢は、一度は、

断ち切られることになるでしょう。

だから、シドニー・パウエル弁護士が

「奇跡が必要です。皆さん、祈って下

さい」と投稿したのかもしれません。

 

ーー そうなって欲しくないですね。

 

住職: 人間が生きる上で最も大切なの

は、自由、平和、そして正義です。

この3つが奪われているパレスチナで、

僕らは活動しています。

人々にパレスチの真実を知らせ、

メデイアの嘘から目覚めてもらうために。

 

 

だから、もし仮にここで負けても、

パレスチナの状況が、世界に広がった

ということですから、次は、世界を相手に

活動していけば良いのです。

 

ーー そうなんですね。

 

住職: 動画の方には、ものすごく楽観的

なものがありました。

「実際には、軍が全てを掌握している。

だから、安心して、何もせずに見守って

いて欲しい」というものです。

また、「ワシントンDCの軍は、ディープ

ステートを包囲して逃さないようにする

ための部隊なのだ」と。

 

 

ーー トランプを送り出したのが、

本当に、軍人を中心としたチームだった

としたら、そうかも知れませんね。

 

住職: 本当に、50年以上かけて来た

計画だったとしたら、こんなにあっさり

引き下がる訳はないですしね。

 

ーー だとしたら、総合参謀本部が

ニュースで語ったことは、

どういうことなんでしょう?

 

住職: ディープステート側を油断させる

ための発言、ということになります。

 

ーー どちらなんでしょうね?

 

<真実はどちらだ?>

 

住職: 今、もう一度、テレビ動画を

再生して聞いたら、僕には、

‘Peaceful transition in military power’

とも聞こえました。

もう分からないです。

今は、もうあらゆる情報が飛び交って

いて、本当に混乱します。

トランプが指示した機密解除には、

「軍が握っているUFOやエイリアンに

関するもの」、「911に関するもの」

など、様々なものがある、とか……。

 

ーー えっ、そうなんですか?

 

住職: 「トランプが、UFOやエイリアン

の存在を告知しようとしたらエイリアンに

止められた、」とか。

そんな情報まで、ありましたよ。

 

ーー 住職は、どう思いますか?

 

住職: 僕の基本スタンスは、

「何ごとも決めつけない」です。

何でもありだから、どちらでもOKです。

 

ーー なるほど。

 

住職: 911についての機密解除は、

トランプの公約の一つです。

公約を守ることで有名な、トランプ

ですから、これはぜひ、実行してもらい

たいですね。

 

ーー 今やアメリカ人の4人か5人に一人

は、「911は、政府の自作自演だった」と

思っているそうですね。

 

住職: 5000人の専門家が

「公式発表は合理的でない」と署名している

以上、どちらであるにせよ、真相をはっきり

して欲しいですね。

 

ーー はい。

 

住職: ウイキリークス創始者の

アサンンジが、

「ウソから戦争は始まる。真実から平和が始まる」

と言っています。

トランプには、早く、アサンジと

スノーデンを恩赦して欲しいですね。

 

ーー はい。

 

住職: これだけの軍隊がいて、

何ごともなく終わる、ということは、

やはりどうしても考えにくいです。

歴史的展開の始まりか…….。

果てまた、世界の茶番なのか……?

 

ーー どちらかなのでしょう。

 

住職: 結果がどうなるにせよ、

あとは宇宙大霊にお任せして、

粛々と自分たちの使命を進めていけば、

それで良いと思います。

 

ーー リンウッド たちも、

「神に祈る」とよく言っていますものね。