住職に聴く!トランプ革命、ハルマゲドンの闘い(最終回)

(1)主眼は.人類の覚醒

 

ーー 1月20日の就任式は何事もなく

終わりました。

バイデン政権ができちゃいましたね。

住職の読みは外れた、ということで

しょうか?

 

住職: ある点では当たり、

ある点では外れました。(笑)

当日は、さすがに僕もがっくり脱力しま

したよ。

ところがどっこい! 驚きの展開だったん

です。(笑) 

 

ーー そうなんですか?

 

住職: 今は、裏で起こっていることや、

これからの筋書きの基本みたいなものが、

大体見えてきました。

それで、もうこのシリーズを終えようと

思っています。

 

ーー  どんな筋書なんですか?

 

住職: これからお話しすることは、

メディアを信じていたら、まったく理解

できません。

荒唐無稽な妄想にしか聞こえないと思い

ます。

 

ーー どんな話か……聞きたいです!

 

住職: 最初は僕も、トランプ陣営の

主目的が、二期目の大統領の再選だと

思っていたんです。

しかしそうではなかった。

むしろ、世界を支配して来た悪の権力構造

崩壊させることだったんですね。

 

ーー ディープステートと呼ばれている

闇の権力ですね。

 

住職: 「この世界には、ディープステ

トによる支配が存在する」

この認識があるかないかは、

重要なポイントです。

「そのような存在はない」とすると、

今起こっていることの意味は、

まるでわけがわからない。

その場合、脳をフリーズさせて、

考えないようにするしかなくなるんです。

 

ーー 多くの人がそうやって脳を思考停止

させて、メデイアを鵜呑みにしているの

ですね。

 

住職: 最近、大手IT企業は、様々な

言論弾圧を行っています。

8800万人のフォロワーがいたトランプ

のアカウントも、永久停止になりました。

 

ーー  ビジネスにとって大きなマイナス

なはずだから、何か変ですね。

 

住職:  複数の大手IT企業が、そろって

まったく同じ動きをしています。

これらの繋がりは、背後に存在する影の

権力者を想定しないと、理解できないと

思います。

 

ーー たしかに、辻褄が合いませんね。

 

 

住職: そもそも、大手IT企業が大統領の

アカウントを自由に削除できるのです。

これだけでも、どちらにより権力があるか

は、分かりそうなものですけどね。

 

ーー それもそうですね。

背後には、巨大な権力で支配している

ディープステートの存在があるのですね。

 

住職: ディープステートについては

この話の主旨ではないので割愛しますが、

トランプ革命の主眼は、再選ではなかった。

それ以上の目的は、ディープステートの

崩壊。

しかしそれ以上の目的もあったんです。

その点について、僕の認識が浅かった、

気づいたんです。

 

ーー えっ、まだあったんですか?

 

住職: …..人類の覚醒です。

 

ーー というと?

 

住職: 人類が何世代にも亘って、裏の

権力者たちに支配されて来たことに気づく

ことです。

人類は、彼らの操作によって人間性が破壊

され、霊性が貶められて来たこと。

これらの事実に気づかせること。

ここに主眼が置かれていることに気づいた

のです。

 

 

ーー あまりに壮大な話で…….驚きしかないです……

 

(2)脳を強制終了する人

 

住職: ヨークシャーの市会議員の

サイモンパークによれば、バイデンの

大統領就任式の朝は、2000人の軍の

兵隊が、バイデンを含めたディープス

テートの手下たちの大量逮捕に備えて、

地下で待機していたそうです。

 

ーー ほんとうなんですか?

 

住職: サイモンパークスは、トランプの

側近であるフリン将軍の友人です。

また、ディープステート破壊チームの

中枢メンバーから情報を得ている、

とのことです。

 

ーー へぇー!!

 

住職: 予定では、就任式の日は、

大量逮捕後に緊急放送することになって

いた。

しかしそれは、延期されたそうです。

 

ーー そこまで準備して、なぜ延期に?

 

住職: アタッシュケースに入る核爆弾が

十数個あって、すでに軍は、その所在を

つかんで抑えていたそうです。

でも、1つだけ所在の分からない核爆弾が

あった。

そうしたら、就任式の直前に、ディープ

テート側から連絡が入り、「逮捕に動く

なら、スペインで核を爆発させる」と。

 

ーー ほんとですか? 

ちょっと、話がすごすぎます。

 

住職: バイデンの就任式は、録画と

ライブが入り混じった、完全なフェイク

でした。

就任式の12時間前に、スペインで動画が

観れたし、バイデンが執務しているとされ

ているホワイトハウスも、トランプ所有の

スタジオです。

それらの証拠動画などもたくさんある

ですが、いちいちその根拠をここで上げません。


<”自分は何をサインしているのか分からない”
(テレビでバイデンが漏らした独り言)>

 

ーー どうして根拠を示されないの

ですか?

 

住職: 結局、人は自分で調べて、

自分で考えない限り、覚醒しないからです。

それに、大手メデイア以外の情報を、

すべて「陰謀論!」として脳を強制終了

する人には、今は何を見せても難しいと

思います。

 

ーー 確かに、大手メディアを信じる人

には、受け入れがたい話でしょうね。

 

住職: メデイア教信者の特徴は、

事実との向き合いを避けることです。(笑)

 

例えば先日、CNN内部告発者のに関する

記事が掲載されました。

 

それは、「トランプが人間ではないよう

に報道しろ」と指示を出していた、

CEOジェフ・ザッカーの声を録音データ

についてです。

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2489496/

 

ーー すごい話ですね。

 


<米ニュース専門局CNNのジェフ・ザッカー社長>
*年末の退任が報じられた。裏で何か起こっているのか?
(写真は2018年2月)=ロイター>

 

住職: ところが、脳を強制終了して

いるような、洗脳の深い人にその記事を

見せても、無駄です。

 

ーー そうなんですか?

 

住職: 彼らは、録音された音声を聞いて

確認しないのです。

 

ーー ……。

 

住職: 「その記事を掲載したのは、

読売のような大手メデイアでない

(掲載されたのは、スポーツ日本)から

信憑性がない」と言い出します。

 

ーー へぇー!

 

住職: あるいは、”「記事を書いたジャ

ーナリストはネトウヨである」と書いた

大手メディアの記事があるからダメだ”

とか…..その他にも、様々な否定する理由

を、これまで聞いて来ました。

 

ーー 問題は、「録音された音声が

本当に、CNNのCEOジェフ・ザッカー声か?」

ではないか、と思いますが……。

 

住職: 常識的にはね。

記事を書いたジャーナリストは門田隆将氏

で、数多くの著書があります。

僕が読んだのはそのうちの2冊です。

 

彼は、右翼なのでしょうが、作品は

詳細な調査の上で書いていました。

 

ーー それにしても、著書も読まず、

”大手でない”とか、”批判記事がある”

というだけで否定するのは、あまり

合理的とはいえない気がします。

 

<門田隆将著書>

https://booklog.jp/author/%E9%96%80%E7%94%B0%E9%9A%86%E5%B0%86

 

住職: せめて、「録音された音声は、

本当にCNNのCEOジェフ・ザッカーの声

なのか?」と、反論してくれれば良いのですが、

そこは、完全にスルーされてしまいます。

 

ーー なぜ、録音された音声を聞いて事実

確認をしないのでしょうか?

 

住職: 自分が信じて来た世界観が壊れる

ことは、人間にとってストレスだからで

ないでしょうか?

それを否定するような情報は、様々な理由

付けて、脳に入れないようにするのかも

知れません。

 

ーー なるほど……。

で、実際にはどうなのですか? 

 

録音データは、本当にCNNのCEOジェフ・

ザッカーの声なのですか?

 

住職: 公開したのは、プロジェクト・

ベリタス(非特定非営利法人)です。

https://www.projectveritas.com/

 

彼らは面白いですよ! 

CNNのザッカーに電話して、録音データを

聞かせ、「これから毎日、数分ずつ公開

して行く」と宣戦布告までしています。

 

ーー すごい!! 

本人確認までしているんですね!

 

住職: これぞ、真のジャーナリズムですよ!

 


プロジェクト・ベリタスの主催者、ジェームス・オキーフ。
(大手メデイアからいくつか訴訟を起こされているが、全て勝訴している)

 

(3)作戦は、量子コンピューターで立案

 

ーー ところで現状はどうなっているの

でしょう? 

 

また、これからどうなっていくので

しょうか?

 

住職: 今は、軍が権力を掌握してい

ます。言わば軍政です。

 

これについては根拠を述べておきます。

3つあります。

 

まず、就任式の前日か当日かは忘れたの

ですが、「権力が平和的に軍へ移行しまし

た」と、テレビのインタビューで軍人が漏

したことです。

 

ーー へー。

 

住職: 次に、ワシントンDCの軍が増派

し、今や数万人の軍隊が配置してあること。

 

ーー 大規模ですね。

 

 

住職: アフガニスタンやイラクでも

5000人とかだから、十倍ではないで

しょうか? 

 

ーー まるで戒厳令が発動されたみたいですね。

 

住職: また、トランプの側近である

フリン将軍の弟が海軍のトップになった

こともあります。

 

表向き、トランプ陣営はすべて放逐され

ていることになっています。

 

だから通常、このような人事はあり得ま

せん。

 

ーー うーん、そうですね!

 


<フリン将軍の弟、「チャールズ・フリン中将」がアメリカ太平洋陸軍の司令官に>

 

住職: 他にももう少しあったけど、

ちょっと忘れました。

 

あ、そうだ。

今、バイデンが任命した国防省のトップが

軍の機能をしばらく停止すると言い出して

いることもあります。

 

ーー たしかに、

尋常なことではありませんね。

 

住職: 結局は、トランプ側が裏で

バイデンを操っています。

 

そして、わざとめちゃくちゃなことを

やらせているのです。

 

バイデンは、すでにテキサス州や石炭の

会社などを含む、4つぐらいのところから

訴訟を起こされています。

 

ーー トランプ側が演出している芝居

ということなのですか?

 

住職: 他には考えられません。

また、フロリダのトランプ執務室の写真が

投稿されていました。

 

そうしたら、何とトランプは、

モニター越しに軍と話していたんですよ。

 

それでわかると思いますが、ようするに、

軍はトランプの指示で動いるということです。

 

https://news-us.org/article-20210208-00231827734-usa

 

ーー もう、びっくりですねぇ!

 

住職: 結局、すべては計画通りに

進められていると思います。

 

ーー 就任式後の逮捕が延期されたことに

ついては、どう考えたら良いのですか?

 

住職: 延期もまた予定の1つだったんです。

 

ーー えー!? 

一体、どういうことですか?

 

住職: 主眼は人類の覚醒だからです。

 

しかも、パラレルワールド計画だから、

とても、分かりにくい話なんです。

 

ーー パラレルワールド???

 

住職: 今、2つの世界観が存在しています。

両者は真逆です。

 

1つは、ある程度、世界のカラクリに

気づいた「覚醒者たち」の世界観。

 

もう1つは、「大手メデイア教信者」です。

 

彼らは、ディープステートの宣伝機関で

ある大手メディアが、真実を報道している

と思い込んでいます。

 

ーー それが、

パラレルということなんですか?

 

住職: はい。

真逆の世界観にいる両方の人に対する

計画を進めているということです。

 

もっとも、Q計画(Q-PLAN)は、

それだけでなく、複数の方面に対して、

複字的に同時に進められています。

 

だから、意味不明に見える。

ややこしくて、理解することが難しいの

です。

 

ーー Qプラン? 

 

住職: 彼らは、量子コンピューターを

使って計画を練ったのです。

 

量子(QUANTAM)の頭文字Qから取って、

この計画をQプランと呼んでいるそうです。

 

ーー なるほど!

 

住職: 実際には、人類を覚醒させるだけ

でなく、ディープステートを地球から駆逐

するための戦いなどもある。

 

いくつものパラレルワールドに対する作戦

を、複字的に同時に進行させているのですね。

 

ーー それにしても凄い話です。

 

住職: 実は先日、僕も、やっその辺

のことが見えたところなんです。

 

というのは、トランプが五次元チェスの

プレイヤーだと聞いて、どんなものか調べ

てみたんです。

 

そうしたらこれは、過去・現在・未来に

またがったパラレルワールドを闘う、

超難解なゲームだったんです。

 

ーー 何とまあ…….。

 

住職: 先の真逆の世界観にいる両者です

が、Qプランでは、覚醒した人に対しては、

徹底して、期待を裏切っていくんです。

 

ーー どんな風にですか?

 

住職: 例えば、「就任式直後には、

大量逮捕が始まる」などの情報を流し、

実際にその準備までする。

 

ーー はい。

 

住職: しかも、核爆弾を爆発させる、

という脅しの連絡がディーステートから

入ることを想定した上でですよ。

 

そして、実際にそのような連絡が入って

「予定通り」予定を延期するのです。

 

ーー 手が混んでますね。

 

住職: ディープステートを油断させる

ためでもあるのですが、人間心理の動きも、

Qプランの重要な要素なんです。

 

ーー ……。

 

住職: サイモンパークスのように、

人々に情報を流している人たちもいます。

 

だから、チームから流す情報には、信憑性を

持たせないとなりません。

 

これもパラレルな作戦なんです。

 

ーー うーん……。

 

(3)最終的には、真実が勝ち、ウソは負ける

 

住職: ちょっと脱線しますが、

1871年以降、アメリカは国ではなく、

株式会社になっていました。

日本もそうなんですが、、、

 

ーー えーっ!?? 日本も、、?

 

住職: アメリカは1871年に、

経済破綻して、株式会社になったんですよ。

 

ただし、もっと最近だ、という、国際ジャー

ナリスト堤未果さんの説もありますが。

 

堤未果さんは、「貧困大国アメリカ」の著者

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=364123

 

ーー もう、びっくりですね。

 


<「アメリカは国ではない。株式会社だ」と書いてある>

 

住職: アメリカの株式会社化は、

ロンドン銀行が仲介し、資金を出したのは

バチカンだそうです。

 

バイデンをPresident (大統領)に就任さ

せたのは、1月20日以降、株式会社アメ

の代表者(President=社長)として

署名させ、資産を共和国アメリカに移譲

させるためでもあった、と。

 

ーー 、、、、

言葉もありません。

 

住職: 今、流れている情報は、

アメリカ株式会社は、すでにQチームが

倒産させたので、3月4日にアメリカ共和

ができる。

 

そしてトランプが共和国の大統領になる、

というものです。

 

 

ーー ヒェー! 

本当なんですかね?

 

住職: これについては、「もしかしたら、

本当に、予定しているのかも知れないけど、

表向きは起こらない」と僕は思っています。

 

予定しているかも知れない、と思う根拠は、

通常、一泊5、6万円の

ワシントンDCのホテルが、

3月3日、4日だけ、十数万円から

数十万円に設定されていることです。

 

これは、ワシントンDCで、何か重大な動き

があることを示していると思います。

 

ーー …….。

 

住職: ただ僕自身は、起きても起きなく

ても良い、どちらでも良いと思っています。

 

もし仮に、行われるにしても、マスコミに

載らないでしょうし。

 

ーー どうしてマスコミには載らないの

ですか?

 

住職: ここで先ほどの話に戻るのです。

 

ある程度、カラクリに気づいた人。

ここでは「覚醒者」と呼びますが、

彼らに対しては、これでもかというぐらい

期待を裏切るのが戦略の1部なんです。

 

そして、あえて疑問を持たせて、

考えさせるのです。

 

ーー 一体、何のためにですか?

 

住職: 言ってみれば、禅の公案のような

ものですね。

 

期待を裏切られて疑う人は、まだ洗脳から

は完全に覚めていないということです。

 

どんなに期待を裏切られても、世界の本質

や事実は変えようがありません。

 

そこを見抜いた人だけが、本物の覚醒者なのです。

 

ーー なるほどねぇ……。

 

住職: また、覚醒者の役割は、メディア

による洗脳が軽い人の目覚めを促すことです。

 

自分たちの役割に気づかせるのです。

 

ーー 洗脳されている人たちに対しては?

 

住職: これでもか、というぐらい、

今起こっていることが芝居(フェイク)

であることを示す証拠を、山ほど出し続

けます。

 

同時に、メデイアに騙されて来たことを

理解させるために、それらの証拠は、

あえてメディアには出しません。

 

ーー どんな証拠ですか?

 

住職: 良い例が、不正選挙ですね。

あの多すぎるほどの山盛りの証拠…..。

 

また、不正に対する裁判所の無機能ぶり。

これらも計画の範囲内です。

 

全部が、わかっていて、あえてやらせて

来たことなんです。

 

ーー あれま!

 

住職: 8000万というアメリカ史上

最大の得票数という真っ赤な嘘で就任後

したバイデンに、先ほどお話しした、

めちゃくちゃな政治をさせて国民を怒ら

せることもそうです。

 

ーー そうなんですね……

 

住職: 全ては、「今までの権威が、

ウソで塗り固められて来た」ことをわか

らせるためです。

 

ーー 話が凄すぎて、

頭がクラクラします。

 

住職: 同時に、「これでもか」

というぐらい極端な嘘を、マスコミに

言わせ続けます。

 

ーー それで、両者の世界認識の格差が、

どんどん広がっているんですね。

 

住職: これを極限まで進めて行ったら

どうなると思いますか?

 

ーー えー!? 

どうなるんですか……?

 

住職: 最終的には、真実が勝ち、

ウソは負けるんですよ。

 

ーー ……! (絶句)

 

住職: それが宇宙の法則です。

トランプ陣営のリンウッド弁護士 の言葉で

言えば、そこには神の意志が現れる、という

ことです。「すべてのウソは暴かれる」と。

 

ーー もう言葉もありません……。

 

住職: 目覚める人々は、日々増えてい

きます。

 

メディア教信者は、ある日、自分たちが

少数派になっていることに気づくことで

しょう。

 

やがて、100匹の猿現象で、全員が覚醒

する日がきます。

 

ーー そうなんですね!

 


「光に従いなさい」(Qのメッセージには、示唆に富んだ暗示的なものが多い。

 

住職: Qプランは、人間の無意識の動き

まで含めた作戦です。

 

量子コンピューターに基づいて練られた

戦略なのでしょうが、パラレルワールドに

対する戦略は、惚れ惚れするような芸術性

満ちています。

 

お見事! というより他はありません。

 

インタビュー後記

先月の1月13日から20日にかけて、

このインタビューでは

『トランプ革命、ハルマゲドンの闘い

(1)~(7)』を掲載しました。

 

もう、住職の話が止まらない!

圧倒的な迫力に堂目しました。

 

そして、このシリーズ最終回(ですか?)。

堂目を通りこして、思わず目を閉じ耳を閉じ、

口も閉じそうになりました。

 

これでは見ざる言わざる聞かざるになって

しまうので、住職の話をとにかくちゃんと

聴こうと思いました。

 

自分の理解できないことがあっても、

心を閉じてはいけない、と思いました。

期待を裏切られても信じる、、。

簡単じゃありません!!

 

真実の追求のために、一切の損得勘定を

度外視する、、

そういうことを住職はおっしゃっている

のでしょうか?

 

涙がでそうです。

 

でも、やっぱり、そういうことなんだと

深いところで納得しているのを感じます。

 

そして、希望に満たされているのを感じて

ます。